ブログトップへ

歌手オーディションに落ちるのが怖い!恐怖を感じなくなるコツとは?

歌手になるための近道といえば、歌手オーディションを受け合格を掴み取ることです。歌手を目指している方からすれば、目指すべき場所でもありますね。

しかし、「落選してしまうのが怖い…」といった気持ちが先行してしまい、なかなか応募に勇気を出せない人も少なくはないでしょう。

今回の記事では、歌手オーディションに応募するのが怖いと感じている方に向けて、どうすれば恐怖を感じなくなるのか?そのポイントをコツをご紹介していきます。

1.オーディションが怖い人は誰よりも練習しよう!

「歌手オーディションに応募することが怖い…」まず、なぜこういった感情が生まれてしまうのでしょうか?それは、オーディションに落ちてしまうといった気持ちが強いからです。

落ちてしまうというマイナスのイメージが浮かんでしまうと無駄に緊張してしまいますし、オーディション本番においても自分の最大限の力を発揮することができないでしょう。

そういった理由もあり結果的に落ちてしまいます。マイナスの感情が出てしまうというのは、自分に対して自信がない表れともいえるでしょう。

ですので、自分に対して揺るがないくらいの自信があれば、オーディションでも緊張はしないでしょうし、何よりもオーディションが怖いといった感情も生まれてきません。

自分に自信を持つためには、誰よりも練習をして努力を怠らないことが大切です。「自分はここまで練習してきたんだ」と思えるものがあれば、それが自信に繋がります。

努力をしっかりできる人というのは、自分のことをちゃんと信じてあげることができる人です。自分のことを本当に信じている人というのは、マイナスな感情は生まれてきません。

自分に自信を持つことができれば、オーディションを怖いと感じるのではなく、早くオーディションで自分という人間を審査員に見てもらいたいといった気持ちになれることでしょう。

そのためにも、誰よりも練習をして人一倍の努力を続けましょう。

2.オーディションが怖い人はライブ経験を積もう!

特に歌手オーディションの経験がなかったり、人前で歌ったり喋ったりすることが苦手なんて人は、歌手オーディションが怖いと感じてもおかしくはありません。

その原因としては、人前に立つ経験値が圧倒的に少ないといったことが挙げられます。そういった経験不足を払拭するために、ライブ経験を積むことをおすすめします。

誰かのライブを見に行くということではなく、自らがステージに立ってライブ活動を行うということですね。歌手を目指す上では、かなり価値の高い経験になるはずです。

ライブといっても、色々なやり方があり、まずライブハウスでライブを行う方法があります。これは、一般的なやり方ともいえます。

ただし、全くの無名でソロライブを行うとなると、お客さんも来ないですし、まずチケットが売れないと思うので、最初は対バンといった形でライブを行うと良いです。

対バンというのは、複数のアーティストでライブを廻すことです。ライブハウスなどで対バン相手を募集している場合もあるので、情報収集のためにチェックしてみると良いです。

ライブハウスで行うのがハードルが高いと感じる方は、路上ライブから始めることをおすすめします。これは、費用も全くかかることがありません。

しかも、現在音楽業界で活躍しているアーティストの中にも、路上ライブからスタートして成功している人が多いのは、誰もが知る事実です。

路上ライブに関しては、許可がいる場所、いらない場所とそれぞれのルールがあるので、そういったルールをしっかり守って積極的に行うようにしましょう。

ライブ活動というのは、経験を積めるだけではなく自分の歌を聞いた人がどういった気持ちになるのか?といった客観的な評価を知ることができるのも大きいです。

そういった点を参考にして、自分の改善点を知ることができますし、逆に自分の特徴や強みを知ることができます。歌手を目指す上で、非常に役に立つ情報も手に入れることができますね。

3.オーディションが怖い人はイメージトレーニングも大切!

スポーツ選手も試合前などに取り入れているイメージトレーニングは、歌手オーディションにおいても役に立ちます。本番を想定して、いかにイメージを膨らませられるかが鍵です。

オーディション本番はどういった雰囲気なのか?また、自分はどのようなパフォーマンスを発揮することができるのか?このイメージはリアルであればリアルなだけ良いです。

もちろん、良いイメージトレーニングをするのが良いのですが、オーディション本番に限っては様々な事態が想定されることでしょう。

思いがけない事態が起こってしまっても慌てないように、逆に悪いことが起こってしまったときのイメージトレーニングを行っておくことも効果的です。

できれば、オーディション本番の直前になってするのではなく、普段からイメージトレーニングを取り入れ、寝る前などに毎回行っておくことをおすすめします。

結果的に、そのイメージトレーニングが自分の自信にも繋がりますので、練習の一環だと考えて毎日行っていきましょう。

4.やるべきことをやったら後は開き直ること!

もう練習も満足いくほどやった、ライブ活動も積極的に行った、イメージトレーニングもばっちり、このような状態になれば、もう怖いことはありません。

最終的に開き直ってしまう方が良いです。「歌手オーディションは落ちて当たり前」「合格しないのが当たり前」こういった開き直りで、オーディションを受けると良いです。

この開き直りというのは、何もオーディションを諦めるわけではありません。ただ、今の自分に背伸びすることなく、できることだけを全力でやろうといった気持ちになることです。

「失敗したらどうしよう」「審査員に好印象を持たれなければ落ちてしまう」このようなことを考えていては、緊張もなくなりませんし、力を発揮できません。

気負ったり考えたりしても、良い方向へは進まないので「失敗してなんぼ!」といった気持ちで本番に臨んだ方が、まず間違いなく良いパフォーマンスを出せるものです。

例え歌手オーディションに落ちたからといって、あなたの人生が終わるわけではありません。むしろ、次のオーディションに目線を合わせれば良いだけです。

歌手オーディションは、応募したほとんどの人が落選するものです。成功する人というのは、そういった落選からいかに次に繋がることを学べるかです。

ですので、「歌手オーディションは落選してからが始まり」くらいの開き直りをもって、本番に臨めるようにしていきたいですね。

5.おすすめのオーディションを紹介!

オーディションが怖いといった気持ちを払拭することができたのであれば、いざ歌手オーディションに応募をしてみましょう。

ここでは最後に、おすすめの歌手オーディションをご紹介していきます。MUSIC PLANETのオーディションで「新人ボーカル発掘オーディション」です。

こちらのオーディションは現在口コミなどで話題に上がっていて、本格的な音楽活動を行っている人の中でも評判の高いオーディションになっているようです。

というのも、このオーディションでは合格した人たちに対してのサポートや特典というのが非常に豪華であり、まさに歌手を目指す人からすれば、最高のものが手に入るからです。

歌手になるためには、ただオーディションを受けるのではなく、受けるオーディションも選ばなくてはいけません。

本当に歌手になるといった覚悟ができた方は、ぜひMUSIC PLANETの歌手オーディションに挑戦してみましょう!