• TOP
  • BLOG TOP
  • オーディション
  • 歌手オーディションを初めて受ける人へのアドバイス!見落としがちなポイントもご紹介!

ブログトップへ

歌手オーディションを初めて受ける人へのアドバイス!見落としがちなポイントもご紹介!

歌手オーディションを初めて受けるとなると、信じられないくらいの緊張に襲われてしまうこともあります。そういった緊張を回避するために、万全の準備で臨みたいところですね。

今回の記事では、初めて歌手オーディションを受けるといった方に向けて、これだけは準備しておいた方が良いことやポイントをご紹介していきます。

ぜひ、合格のチャンスを掴み取れるように参考にしてみてください!

1.歌手オーディションを受ける人は専門家のレッスンを受けよう!

何の準備のせずに歌手オーディションを受ければ、高い確率で落選してしまうことでしょう。本気で合格を目指すのであれば、しっかりとした準備が必要になってきます。

具体的にどういった準備をしておくかというと、まず歌手として相応しい実力を備えておかなくてはいけません。つまり、歌唱力のことですね。

よく、「オーディションでは才能があれば歌が下手でも受かる」といった話を聞きますが、これは大きな勘違いです。歌手は、当然のことながら歌う職業です。

そんな歌手が歌が下手でも良いというのは、まずありえないことです。ですので、歌手オーディションを受けるにあたり、最低限のレベルがなければ厳しいということがいえます。

しかも、歌唱力というのは今日明日に必死に練習したからといって簡単に磨かれるものではなく、日々努力を繰り返していくことで身についていくものです。

ゴールというものもありませんから、すでに活躍している歌手の人たちであっても、今以上の向上を目指すために日々努力を続けているのです。

歌唱力を磨くためにすべきことは、ボイストレーニングです。これは、早めに始めるだけメリットがあり、歌手を目指している人であれば、例外なく行っています。

ポイントは、どのようにボイストレーニングを行うか?ということでしょう。中には、独学でボイストレーニングを行っている方も少なくはありません。

しかし、ボイストレーニングを本格的に行うのであれば、専門的なスクールなどに通いプロのトレーナーなどからの指導を受けた方が良いです。

そちらの方が、歌唱力の向上も効率的に上げていくことが可能ですし、何よりも基礎からしっかり学んで高度なテクニックなども習得できるのでおすすめです。

2.歌手オーディションを受ける人はルックスにも気を使おう!

歌手というのは聞かせる職業であると同時に、見られる職業でもあります。ですので、歌唱力だけではなくルックスにも気を使わなくてはいけません。

こういったことを書いてしまうと「結局顔が大事なのか」と思われてしまうかもしれませんが、必ずしも容姿端麗でなくてはいけないといったことはありません。

もちろん、容姿端麗に越したことはありませんし、誰よりも可愛く誰よりも格好良ければ言うことはありませんが、実際に活躍中の歌手を見てみましょう。

可愛いと思う方もいれば、あまり好みではないなと感じる人がいませんか?こういった好みというのは、人それぞれであり、全員に受けるような容姿が必要といったわけではないのです。

歌手にとって大事なのは、可愛いとか格好良いと思ってもらうというよりも、一人でも多くのファンを増やすということが重要になってきます。

ですので、歌手がルックスに気を使うというのは、現状の容姿に満足せずにメイクや髪形などの研究などをして、より自分を魅力的に見せるのはどうすれば良いのかを模索するといったことになります。

逆に追及するあまり、クセのが強すぎる個性が出てしまう方もいますが、クセが強すぎると受け入れられない可能性もあるので、好印象を意識したルックスを目指しましょう。

3.歌手オーディションを受ける人は自分の声に合った選曲を!

歌手オーディションでは、自分の歌を披露する場面がありますが、ここで覚えておいてほしいのは選曲に注意をするということです。

選曲を軽視している方もいますが、実は選曲次第で審査員に与える印象は大きく変わり合否に関わるといわれるくらい大切なものとなっているのです。

選曲する際に意識するのは、いかに自分に合った曲を選び自分の魅力をアピールするかです。自分に合った曲を選ぶのには、自分の声質であったり音域を理解するのは必要不可欠です。

歌手にとって、自分の歌声を客観視するというスキルは必要になってくるので、これを機会に自分の歌声と真正面から向き合ってみてはいかがでしょうか?

自分の歌声を客観的に聞けるようになるには、何度も繰り返し自分の歌声を聞きなおしていかなくてはいけません。初めは慣れないかもしれませんが、慣れてくるとしっかりと聞けるようになります。

もし、どうしても自分で判断できない場合に関しては、通っているスクールのトレーナーに相談して自分に合った曲を選んでもらう方法もおすすめできます。

4.歌手オーディションを受ける人は社会人としてのマナーも大切!

歌手になるためには、歌唱力が高く、ルックスも好印象というだけでなれるものではありません。社会人のマナーや人間性といった面も重要です。

特にオーディション会場での立ち振る舞いには注意が必要です。「しっかりとした挨拶ができているか?」「遅刻はせずに時間厳守できているか?」こういった当たり前のマナーも見られていると自覚しましょう。

このような基本的な社会人としてのマナーが欠けている人というのは、いくら歌手としての能力が高くとのオーディションに合格することはありません。

歌手の仕事の現場というのは、多くのスタッフや関係者の人が携わっています。そういった現場に万が一遅刻した場合には、多くの人に迷惑をかけてしまうことでしょう。

そんなリスクのあるような人材をオーディションで合格させるはずがありませんね。また、審査員は将来性のある新人歌手を発掘することを目的として審査を行っています。

しかし、合格させるということは今後自分と共に仕事をしていくパートナーを見つけることになります。ですので、一緒に仕事をしたくないと思われてしまえば、当然のことながら落選してしまうことでしょう。

こういったことを踏まえて上でも、社会人としてのマナーを今一度見直してオーディションに臨みましょう。

5.歌手オーディションを受けてみるならここ!デビューへの一歩を踏み出そう

初めて歌手オーディションを受ける方にとって、「まずはどのオーディションを受けるべきなのか?」といった迷いもあるのではないでしょうか?

歌手オーディションは様々な種類、ジャンルのものが行われておるので実際に、どれに応募すれば良いのか迷ってしまうのは理解できます。

そんなときにまずおすすめしたいオーディションは「新人ボーカル発掘オーディション」です。こちらは、ミュージックプラネット主催の歌手オーディションです。

応募資格は20歳から49歳の本気で歌手を目指している人ですが、なんと初心者でも応募が可能になります。しかも、いきなり音楽プロデューサーから審査をしてもらうことができます。

ですので、初心者であっても今後どのような自分を改善していくべきかの具体的かつ明確なアドバイスを受けることができるので、例え不合格でも受ける価値は高いです。

合格したとしても、豪華な特典や音楽活動の後押しをしてくれる強力サポートの充実しているので、現在音楽活動を続けながら歌手を目指している方によっても価値のあるオーディションでしょう。

本気で歌手になるなら、本気のオーディションを選ぶべきです。ぜひ、このチャンスを逃さずにものにしましょう!