ブログトップへ

歌手オーディションを受ける前に準備したいこと4選!これをやって合格率アップ!

歌手オーディションに挑戦するのであれば、本番でベストなパフォーマンスを見せなくてはいけません。そのためにできる準備を最低限理解しておきましょう。

しっかりと準備をしておくことで、競争率が高い歌手オーディションの合格率を上げることができます。ぜひ、参考にしてくださいね。

1.歌手オーディションの準備1.ボイストレーニングを行う

歌手オーディションを受ける上で、早い段階において準備しておかくなくてはいけないのが、ボイストレーニングを受けるということです。

自分の歌に自信がある人も多いかもしれませんが、歌手を目指す上では歌唱力に秀でるものがなければいけません。

現実的に考えても、すでに歌手としてデビューしている人でさえも日頃からのボイストレーニングを欠かしません。こういったことから、これから歌手を目指す人がボイストレーニングを行うのは当然のことでしょう。

ただ、ボイストレーニングをといっても様々な方法があります。多くの方は、ボイストレーニングを独学で行おうと考えるようですが、正直あまりおすすめはできません。

理由としては、本当にこのボイストレーニングに効果があるのか?といったところの確認ができないことや、実際の実力の伸びというのを実感できないからです。

人に教えるだけの知識や実績がある方であれば別でしょうが、一般的な方が独学でボイストレーニングを行うのには限界がありますし、技術を習得するのに時間がかかるでしょう。

ですので、できることなら専門的な歌手系の専門学校であったり、ボイススクールなどに通いプロの指導を受けることをおすすめします。

デメリットとして月々費用がかかってしまうことでしょう。しかし、それだけ通うメリットはありますし、独学よりも断然早いスピードで技術を習得できることでしょう。

2.歌手オーディションの準備2.自己PRで自分らしさをアピール

歌手オーディションというのは、基本的に応募したからといって確実に審査員に歌を聞いてもらえるとは限りません。その前に書類審査を通過しなくてはいけないのです。

オーディションによって、やり方や流れは少々異なりますが、普通は始めの書類審査を行い、それに通過した人だけが本番の歌手オーディションに進むことができます。

書類審査は専用の履歴書に必要事項を記入して、オーディションを主催している事務所に送付、中身を審査員に確認されて、歌手として可能性があると感じた人だけを通過させます。

審査員に可能性があると感じてもらうために重要なことは多々ありますが、中でも自己PRでどういったアピールができるかで印象が変わってくることでしょう。

ポイントとしては、自分にしかないオリジナルの個性を発揮して、他の受験者との差別化を図ることです。ありきたりな受験者に審査員は飽きています。

もちろん、個性といってもあまりクセが強すぎない、誰に対しても良い印象を与える個性であったり強みがある人というのは、高い確率で書類審査を通過します。

そして、何よりも審査員に「この人を直接見てみたい」を思ってもらえることが重要です。このような部分を意識して自己PRをするだけで、大きく印象が変わるはずです。

3.歌手オーディションの準備3.ライブ活動を行う

オーディションを受ける前には、実践的なライブ活動を行っておくと良いです。もちろん、経験値を上げるのが目的ですが、他にも自分を客観的に見ることができるといった意味合いもあります。

というのもライブ活動において見ず知らずの人に自分の歌声やパフォーマンスを見て聞いてもらうことで、自分がどういった評価なのがわかります。

そういったことを参考にして改善、修正をしていくことでオーディション本番ではさらに高いパフォーマンスを発揮することができるでしょう。

また、歌手オーディションの応募用紙にもライブ活動を行っていることを経歴としても書くことができるので、非常におすすめできます。

ライブ活動といっても、やり方は多岐に渡ります。大規模なものになると、ライブハウスを借り切って行うライブが一般的ですが、個人で行うのにはリスクがあります。

複数のアーティストで協力して、対バンといった形でライブハウスを貸し切って行うのが主流となっているようです。

小規模なライブであれば、路上ライブといったものが挙げられます。路上ライブがきっかけでデビューを果たした歌手は数えきれません。

最初は抵抗があるかもしれませんが、路上ライブが使用許可さえしっかり取れれば何度でも行えるので、積極的に行っていくことをおすすめします。

他にも、今の時代であればインターネットなどでの動画配信サイトでも気軽に自分の歌唱動画をアップすることができるので、リスクなく行いたい方はこちらのやり方が良いかもしれません。

4.歌手オーディションの準備4.自分の個性が出せる曲を選ぶ

オーディション本番で披露する曲を選んでおくことも、大切な準備の一つです。この選曲次第でオーディションの合否が左右されるくらいの重要なところです。

もちろん、もっとも良い選曲というのは自分の個性が活かせる曲です。自分の歌声や音域といった部分をしっかりと認識して、ぴったりとマッチした曲を選びましょう。

それを踏まえた上で、こういった曲は選ばない方が良い曲をご説明していきます。

4-1.流行りや定番曲は控える

流行っている曲や定番曲というのは、多くの人が選んでしまう可能性が高いので、他の人とかぶってしまう可能性が高まるので控えましょう。

また、実際のところ審査員も聞き飽きているので、目新しさがなくインパクトを与えることも難しいです。歌う人が多いということは比較対象も多いので、無駄にライバルを増やしてしまうことになるでしょう。

また、歌うとモノマネに聞こえてしまうような曲も控えて方が良いです。歌手オーディションでは、オリジナルな歌声が求められているので、モノマネは高い確率で落選します。

自分の好きなアーティストの曲など、どうしても似せて歌ってしまう傾向がある方は注意が必要です。

4-2.英語の曲は完成度が重要

英語の曲を歌う場合にも注意が必要です。かなり完成されているのであれば、インパクトも印象も良くなるのは間違いありませんが、高いスキルが必要です。

むしろ、英語の曲というのはわざわざ自分でハードルを上げているようなものです。無難にこなしたいと考えるのであれば、日本の曲を歌うようにしましょう。

5.準備ができたらチャレンジしてみよう!

歌手オーディションの準備が整ったなら、いざ挑戦です。しかし、歌手オーディションといっても色々な種類がありますし、どれを受けたら良いのか迷ってしまいます。

そんな方におすすめできるオーディションは、ミュージックプラネットが現在力を入れている「新人ボーカル発掘オーディション」です。

非常に注目を集めている歌手オーディションで、歌手になりたいといった強い気持ちを持つ人を心から応援できるサポート体制が整っていると評判です。

合格後のバックアップ体制が本物で、いきなりオリジナルの曲を提供してもらえるなど、合格を目指す価値が非常に高いオーディションです。

審査会場も全国各地に存在しているので、地方に住んでいる方でもチャンスがあります。年齢制限も20歳から49歳と、かなりの幅になっているので、ぜひ挑戦してみてはいかがですか?