ブログトップへ

歌手(ボーカル)オーディションに向けて!あなたの個性を引き出すコツをご紹介!

歌手(ボーカル)オーディションには、プロになることを夢見て挑戦する人が大勢います。しかし、その中でも合格できるのはほんの一握りの人だけです。

こういったオーディションでは、他の人達にはない魅力を審査員にアピールしなくてはいけないのです。今回の記事では、あなtの個性を引き出すコツをご紹介していきます。

1.歌手(ボーカル)オーディションで大事なのは人のマネをするのではなく個性を出すこと

歌手(ボーカル)オーディションは言うまでもなく、受かる人というのは他の人が持っていない魅力や雰囲気をもっています。

ある程度、オーディションをシミュレーションしてそれなりの準備をしておくことで合格率を高めることは可能でしょうが、結局オーディション主催者の事務所が求めている人材が合格をします。

つまり、オーディションでの合格を目指すのであれば、主催事務所がどういった人材を求めているのか?といった傾向を見ることで理解することができます。

ただし、事務所が求めている人材といっても同じようなタイプの人たちだけが合格をしているわけではありません。求めている人材でも色々なタイプの人がいます。

中でも他の人と比べて、圧倒的に個性が際立っている人というのは合格しやすい傾向にあるようです。逆に、「歌は上手いけど誰かの歌声に似ている」「歌い方に個性がなく、どこにでもいるような歌い方」こういった方は、なかなか合格することが難しいです。

オーディションで重要になってくるのは、お手本のような歌の上手さや人柄といった部分ではなく、ライバルとの差別化を図った個性の方が有利になってくることでしょう。

ただし、個性が強い、他のライバルとの差別化といっても、最低限のルールやモラルは守らなくてはいけません。破天荒といった個性では、あまり審査員の印象を良くするのは難しいといえます。

2.歌手(ボーカル)オーディションに受かる人の特徴とは?

では実際に歌手(ボーカル)オーディションに受かる人というのは、どういった特徴を持っている人なのかをご説明していきます。

2-1.事務所が求めている人材

これは前述した通り、オーディションはそれぞれ開催される目的があります。例えば、このオーディションでは透明感がある作詞作曲ができる女性を求めているとなれば、その趣旨に適した人材が合格するでしょう。

こういったオーディションに、ハードロックを歌うのが得意な個性を持った人が受けても、間違いなく落選をしてしまうはずです。

つまり、歌手(ボーカル)オーディションを受ける前に、そのオーディションで求められている人材というのをしっかりと調べて、自分の特徴や強みと重ね合せてみると良いです。

あまりにも、自分とはかけ離れているオーディションであれば受けるのを控えた方が良いでしょうし、少しでもマッチしているのであれば、チャンスがあるということになります。

2-2.声質が魅力的

やはり歌手ということで、声質が魅力的な人というのは、非常に有利なのは間違いありません。今現在、活躍したり人気があるプロの歌手は、皆魅力的な声質をしています。

しかし、声質というのは、その人が生まれ持った才能ともいわれるだけあって、すぐに変えられるようなものではありません。

だからこそ、魅力的な声質を持っている人というのは貴重な人材ですし、オーディションでは注目される存在になるのです。

2-3.人を惹きつける魅力がある

歌手として活躍をしたいのであれば、ただ単純に歌が上手いだけではやっていけません。歌を通して、聞いている人達を惹きつけるものがなくてはいけないのです。

その歌手の歌を聞いているだけで元気がもらえたり、生きていることに希望が湧いてくる、それだけ人に与える影響が大きな人材でなければ、歌手として成功するのは難しいでしょう。

そのために、その人に自身の魅力が必要になってくるのです。こういった魅力というのは、その人がいかに精一杯生きて多くの努力をしているかによって磨かれるものです。

つまり、その人の人間力という部分が占める割合が大きくなるので、とことん自分と向き合い自分自身の魅力を磨いていくことが重要になるのです。

2-4.歌唱力がありオリジナルの歌い方ができる

歌手を目指す上で、歌唱力が高くなくてはいけないのは当然のことです。よく、オーディションでは歌唱力がなくても人間性が良ければ合格するなんて話も聞きますが、それはありません。

歌唱力というのは、確実に必要なものであり、一般的な上手さというよりも、聞いている人の感情を動かすくらいの歌唱力がなければ、まず通用しません。

また、その歌声も誰かのものまねではなく、自分だけのオリジナリティを持った歌い方が必要になってきます。個性が必要だからといった、クセの強い個性は求められていません。

3.歌手(ボーカル)オーディションまでにあなたの個性を最大限に引き出すコツ

自分が持てる個性を引き出すには、自分の魅力を引き出すことが大切です。魅力的な人物になるには、自分がワクワクできることを探しましょう。

そして、それをとことん極めて常に気持ちがワクワクできるようにしておきたいところです。また、同時に自分の良さを知ることも大事です。

友だちや家族に自分がどのように見られているのか?また、どういった良い点があるのかをとことん聞いてみるのも良いかもしれませんね。

そういったことを踏まえて、自分が将来的にどういった人物になっていきたいのかをイメージして、そういった人物に近づけるような行動をしていきましょう。

また、他にも歌手としての実践的な能力を高めるための努力もしていかなくてはいけません。まず、ボイストレーニングは、プロの歌手でも行っていることです。

どれだけ効率良く効果的なボイストレーニングを行えるかで、歌唱力が変わってきます。また、歌を歌うというのは非常に体力を消耗します。

体力作りにも力を入れておかなくてはいけません。そして、歌手は歌唱力に加えて、歌を伝える表現力も必要です。そのために日頃から感性を磨けるような行動もしておきましょう。

4.あなたの個性や魅力を引き出してくれる歌手(ボーカル)オーディションとは?

ある程度経験を積んで完成された人物をあらかじめ募集している歌手(ボーカル)オーディションもありますが、全くの未経験の人材を発掘してプロデュースをするオーディションがあるのも事実です。

その代表的なオーディションといえば、ミュージックプラネットが主催している新人ボーカル発掘オーディションです。

このオーディションでは、まだ世に出ていない才能を秘めた人材を発掘して、魅力あるアーティストになるまでプロデュースをしてデビューさせることが目的となっています。

ですので、応募に経験は必要ないですし、年齢制限も20歳から49歳と非常に幅広く、とにかく「歌手になりたい!」「歌が大好き!」といった気持ちがあれば、応募することが可能です。

本格的に自分の魅力を引き出して、自分が持てる可能性に全力をかけるのであれば、こちらのオーディションは非常におすすめできるものとなるでしょう。

5.あなたの個性を最大限に引き出し、歌手(ボーカル)オーディションでの合格を勝ち取ろう!

歌手(ボーカル)オーディションは、合格することが宝くじに当るよりも難しいことだと言われています。それだけハードルの高いものですから、それなりの能力を秘めている人でなければ、合格を掴み取ることは難しいですね。

自分の個性は、努力次第でどんどん磨くことが可能です。自分だけにしかない個性をとことん磨くことで、より魅力的な人間になっていくことでしょう。

自分が持てる個性を最大限に引き出して、ぜひオーディションの合格を勝ち取ってください!