ブログトップへ

歌手(ボーカル)オーディション前に準備しておくこと!会場へは何分前に着くべき?

本格的なプロ歌手を目指すには、歌手(ボーカル)オーディションの合格を目指すことが大きな近道となります。ただし、簡単に合格できるものではありません。

歌手(ボーカル)オーディションを受ける前には、様々な準備をして本番に備えておくことが必要になりますが、どういった点に気を付けるべきなのでしょうか?

今回の記事では、オーディション会場には何分前に着くべきか?審査内容や時間はどれくらいなのか?といったより実践的な内容を解説してきます。

1.歌手(ボーカル)オーディションを受ける前に準備しておくこと

なんとなく歌手(ボーカル)オーディションを受けるのであれば、とくに準備は必要ありませんが、本格的に合格を目指すのであれば、それなりの準備が必要になってきます。

では、オーディション本番に向けて最低限しておかなくてはいけない準備をお伝えしていきます。

1-1.ボイストレーニングで歌唱力を高める

歌手(ボーカル)オーディションは、歌唱力が重視されます。歌手を目指すわけですから、それは当然のことです。しかも、求められているのは高いレベルです。

歌が上手な人というのは、この世に大勢いますが、プロの歌手というのはそういったレベルではなく、聞いている人に感動を与えられるレベルでなくてはいけません。

つまり、一般的に上手と言われるくらいの歌唱力ではオーディションに合格することは難しいといえます。そのために、ボイストレーニングを行い日々歌唱力の向上に励まなくてはいけません。

ボイストレーニングを行う方法にも様々なやり方があり、人それぞれ異なってくることでしょう。どういったトレーニング方法が一番効果的なのか?それも個人差があります。

しかし、より効率良く効果的にトレーニングを重ねて実力を向上させるには、やはり専門的なトレーニングを受けた方が短時間で歌唱力が上がります。

独学でボイストレーニングを行うのは、場所や時間に捉われずにいつでもできるのが大きなメリットになるのですが、それが本当に正しいトレーニングじゃなければ、時間を大きく無駄にしてしまう可能性もあります。

特に初心者の方であれば、個人で正しいボイストレーニングを行うのは無理といっても過言ではありません。専門的なスクールなどに通って、プロの指導を受けるようにしておきましょう。

1-2.ライブなどで実戦経験を積んでおく

オーディション本番でいきなり審査員の目の前で歌唱披露をするということは、かなり緊張してしまいますし、何より本来の実力を発揮することは難しいです。

ちょっと失敗したとしても、やり直しのきかない一発勝負のため、初めてオーディションを受ける際には、ほとんどの方が力を出し切れないで終る場合が多いです。

こうった雰囲気や状況を考慮して、オーディションまでに実戦経験を積むためにライブ活動などを積極的に行っておくのは効果的です。

ライブハウスはハードルが高かったとしても、路上ライブなどは簡単に行うことができます。実践を繰り返すことで、人前で歌う経験値が高くなっていきますから、本番では必ず役に立つことでしょう。

1-3.プロフィール写真の準備

歌手(ボーカル)オーディションでは、プロフィール写真が必須の場合が多いです。そのためにも、自分のオーディション用写真を準備しておくようにしましょう。

できることなら、自分で撮影したり誰かに撮影してもらうのではなく、専門のフォトスタジオなどに行くなどしてプロのカメラマンに撮影してもらうのが無難です。

2.歌手(ボーカル)オーディション合格のコツとは?実技審査の時間は何分くらい?

歌手(ボーカル)オーディションの合格のポイントといえば、ズバリ自己PR」と「選曲です。この二つに絞って合格のポイントをお伝えします。

2-1.一次審査で重要な自己PR

一次審査はほとんどの場合が書類審査になります。書類審査で重要な部分は、自己PRでありそこで審査員に何かしらの印象を与えることができなければ通過することは難しいです。

自己PRは、自分の強みや特徴をしっかりアピールするのが基本なのですが、他の受験者と同じようなことをアピールしても全く意味がありません。

しっかりと差別化を考え、自分だけのオリジナルな自己PRをすることによって、審査員に良いインパクトを与えることができるでしょう。

また、そういった自己PRは履歴書に記入していくことになりますが、しっかりと綺麗な字で丁寧に、さらに読みやすくバランスの良い文字数で書くように意識しましょう。

2-2.実技審査では選曲が重要

二次審査での実技審査では、選曲が命です。どういった曲を歌うかでそのオーディションの合否が左右されるといっても過言なくらい重要度を占めています。

選ぶ曲は、自分の個性を存分に出せるもっとも自分に合った曲を選ぶと良いでしょう。自分の声をしっかりと理解した上で、適している曲を探しておくと良いです。

また、実技審査では1曲を最初から最後まで歌えることはまずありません。ほとんどの場合は、約30秒ほどの時間しかないので、その時間でどれだけの魅力を伝えられるかも勝負になります。

3.歌手(ボーカル)オーディションの会場へは何分前に着くようにすればいい?

歌手(ボーカル)オーディションの会場には、最低でも30分前に到着できるくらいの余裕を持って出発するようにしておきましょう。

交通機関を利用していくのであればなおさらで、思わぬ事態で電車などが止まってしまう恐れもあります。また、会場に行くまでに道に迷ってしまう可能性もありますね。

大きく余裕を持って出発しておくことで、そういった思わぬ事態が起きた際にも落ち着いて対処することができます。遅刻というのは、どんな理由にせよ印象は最悪になるので気を付けましょう。

ただし、あまりにも早すぎるのも主催者側には迷惑になってしまうこともあるので、会場の近くの喫茶店などで時間をつぶしておくと良いですね。

4.本気で歌手を目指しているならとにかく歌手(ボーカル)オーディションに挑戦しよう!

本気で歌手を目指しているのであれば、そこに辿り着くまでの準備が必要なのは当然のことですが、とにかく歌手(ボーカル)オーディションを受けないことには話になりません。

また、歌手(ボーカル)オーディションを実際に受けるにしろ、合格後の流れが明確で本当にプロの歌手としての道に突き進めるオーディションを選ばなくてはいけません。

そこで、おすすめできるオーディションがミュージックプラネットが主催している新人ボーカル発掘オーディションです。

このオーディションは、合格後の流れやスケジュールというのが非常に明確であり、受けて合格を目指すだけの価値がとても高いオーディションとなっているのです。

本格的にオーディションを受けるのであれば、受ける価値が高い、または目指すべき価値が高いオーディションを選ぶようにしなくてはいけません。

合格後の特典として、「オリジナル曲の制作」「専属マネージャー」「ライブ出演」「プロからのボイス指導」などなど、非常に充実した内容となっています。

申し込みも専用サイトから簡単に応募ができる内容となっているので、ぜひ一度受けてみることをおすすめします。

5.夢を叶えるために歌手(ボーカル)オーディション前からしっかり準備しておこう

歌手(ボーカル)オーディションまでに準備しておくべきことは山ほどあります。そういった準備を怠らずに意識しておくことで、合格率も高くなっていくことでしょう。

ただなんとなく本番を待っていても、チャンスを掴むことはできません。今回お伝えしたことを参考にして、最高の状態でオーディションに臨めるようにしておきましょう!