ブログトップへ

歌手(ボーカル)オーディション参加にかかる費用は?合格後に費用はかかるの?

毎日のように開催される歌手(ボーカル)オーディションは、それぞれどういった条件で参加できるのでしょうか?

一番気になるのは、参加することで費用がかかるのか?といった部分です。聞く話によると、合格後にもさらに費用がかかる場合があるようです。

今回の記事では、そういった歌手(ボーカル)オーディションにおけるお金の事情についてご説明していきます。

1.歌手(ボーカル)オーディション参加にかかる費用は?

オーディションの参加費用は無料になっていることが多いです。

オーディションの目的としては、すぐに活躍できるような歌手を探したり、将来性のある人材を探すことなので、開催費は事務所でもってより多くの人に参加してもらう方がメリットは大きいからです。

ごく稀ですが、数千円ほどの参加費用を徴収してオーディションを開催する事務所もありますが、大手などの有名事務所などのオーディションでは、ほとんどお金はかかりません。

こういったことから、オーディションに参加するだけで莫大な費用が発生するようなオーディションに関しては、詐欺まがいのオーディションである場合が多いので注意しましょう。

2.歌手(ボーカル)オーディション合格後の費用ってどうなっているの?

合格後の費用に関しては、かかる場合とかからない場合があります。これは、オーディションを主催している事務所によるところが大きいです。

では、それぞれのオーディションの内容と見ていきましょう。

2-1.合格後に費用がかからないオーディション

合格後も費用がかからないオーディションのケースを見ていきましょう。非常に珍しいケースになるのですが、こういったオーディションの素晴らしい才能を秘めた人材を見つけることです。

人材の育成にしっかりとした予算をかけることができる、お金に余裕のある事務所がこういったものを主催しています。

つまり、こういったものは、合格すればほぼ間違いなく歌手として成功できるといった道筋が見えています。

ただし、このようなオーディションに参加する人数というのは数万人も珍しくありません。かなり倍率が高いオーディションになるのは間違いないので、合格することは難しいでしょう。

2-2.合格後に費用がかかるオーディション

合格後に費用が発生するケースというのは、事務所やプロダクションが悪質なのでは?と感じしてしまう方も多いかもしれませんが、そんなことはありません。

ここで重要になってくるのは、どういったことに対して費用が発生するのか?といった部分です。実際には、オーディション合格後に費用がかかるのは当然のことです。

主にCD制作であったり、ライブ費用、またはレッスン費用などは自分で負担することが多いでしょう。特に小規模な音楽事務所であれば、こういった負担が大きくなるのは仕方がないことかもしれません。

3.歌手(ボーカル)オーディションを利用した詐欺があるって本当?

現在、残念なことですが歌手(ボーカル)オーディションと偽って、詐欺行為を働く悪質な人達も増えています。泣く泣く被害に遭ってしまった人も多いでしょう。

では、実際にどういった手口の詐欺行為に遭ってしまったのか?その事例を見ていきましょう。

3-1.大手事務所と名乗り非公開オーディションの募集がきた

個人的に音楽活動をしながら歌手を目指している人が実際に遭った事例です。この女性は普段から、自身の音楽活動をSNSなどにアップしていました。

ある日、大手事務所に所属していると名乗る男性から、SNS経由でメッセージがきたのです。このときに、大手スポンサーがつくCMでの起用をするアーティストのオーディションがあるとのことでした。

女性は、これはチャンスだと感じそのオーディションへの参加を決意しました。オーディション形式は直接審査員に見てもらうといった内容ではなく、デモ音源のみのオーディションでした。

その後に落選の通知が来たのですが、その男性から「落選はしてしまったが、楽曲に才能を感じるので事務所に所属をしてほしい」といったメッセージが届いたのです。

なんと所属料だけで25万のお金がかかるということで、さすがに怪しいと感じた彼女は色々と調べたりすることで、それが詐欺であることに気付いたようです。

基本的に、事務所に所属するだけでお金を請求されることはありません。契約内容にもよりますが、いきなり多額のお金を請求している事務所には要注意です。

4.歌手(ボーカル)オーディションの費用に関する詐欺に遭わないためには?

多くの人が、歌手(ボーカル)オーディションの詐欺被害に遭っています。こういった事実があることから、あなたも普段から注意しておかなくてはいけません。

では、こういった被害に遭わないためには、どのような心掛けが必要なのでしょうか?

4-1.オーディションを受ける際には、事務所の評判を探そう

いざ歌手(ボーカル)オーディションを受ける際に、主催している事務所がどういった事務所なのかを事前に調べておくようにした方が無難です。

調べる方法としては、インターネットを利用することで色々な情報を収集することができます。悪質な事務所というのは、間違いなくネット上で叩かれている可能性が高いので一目瞭然です。

ただし、インターネットで探しても情報が出てこない事務所に関しては、あまり関わらない方が良いかもしれません。ネット上で評判が少ないということは、まだ実績が少ない事務所か設立して間もない事務所です。

悪質な事務所が新たに設立した事務所である可能性もあるので、評判や口コミが少ない事務所、オーディションというのはまだまだ危険が多いということがいえるでしょう。

もし、普段からボイストレーニングなどでスクールや学校に通っているのであれば、そういった場所のトレーナーの方に聞いてみるのも良い方法です。

スクールや音楽学校の講師というのは、音楽業界に関係を持っている方も多いので、かなり詳しい情報網を持っている可能性もあるので、ぜひ参考にさせてもらいましょう。

4-2.募集要項の合格後に注目

オーディションを受ける前に、そのオーディションの募集要項をしっかり読んでおくようにしましょう。特に、合格後はどういった流れになるのかを見ておきましょう。

合格後の流れが明確に書かれていなかったり、合格後は即デビューできるといった甘い言葉が書いてある場合には注意が必要になってきます。

特に小さな事務所であれば、合格後に即デビューなんていうのは、正直ありえない話になってくるので何か裏があると考えて間違いないでしょう。

5.信頼できる歌手(ボーカル)オーディションを選ぼう!

歌手(ボーカル)オーディションを受けるのなら、やはり信頼できるオーディションを選びたいものです。最後に、もっとも信頼ができておすすめできるオーディションをご紹介していきます。

そのオーディションは、ミュージックプラネットが主催している新人ボーカル発掘オーディションです。本格的に歌手を目指すのであれば、ぜひ挑戦を検討してみましょう。

このオーディションの大きな魅力は、なんといっても合格後の流れが明確であり、さらにもの凄い特典が充実している点が挙げられます。

このオーディションに合格して得られる特典というのは、まずオリジナル曲を提供してもらえることです。デビューにも等しい特典ともいえるのではないでしょうか?

しかも、その曲が全国のカラオケ店で配信されたり、音楽配信サイトにて流れます。ここまでしてもらえれば、もう歌手になった気分も味わえることでしょう。

また、まだまだ歌唱力に自信がない人であっても、合格後もプロからの本格的なボイストレーニングを受けて、さらない歌唱力の向上を目指せます。

もちろんではありますが、ライブ出演も予定されているので実戦経験値も上がることでしょう。ここまでの特典がある歌手(ボーカル)オーディションはなかなか見つからないはずです。

本気で歌手になるんだといった強い気持ちと覚悟があれば、未経験者でも応募は可能です。ぜひこの機会にチャレンジしてみましょう!