ブログトップへ

無理は禁物!声を前に出すために必要な練習をご紹介!

「声を前に出す」ようにアドバイスするトレーナーやボイトレ記事はたくさんあります。しかし、「意外と難しい」「どうしてもできない」という方もいるのはないでしょうか。

そこでこの記事では、「声を前に出す」とはいったいどういうことなのか、その意味と正しい練習方法について取り上げます。記事で紹介するスキルが身につけば、歌声がレベルアップするでしょう。「声を前に出す」ことに縛られて声が出せなくなっているなら、その呪縛からも逃れられます。

声を前に出すには?

歌のレッスンでは「声を前に出す」という表現がよく使われます。これはイメージ表現です。実際には「よく通る声を出す」という意味で使われています。

目線を前方に合わせ、そこに声を届かせるようなイメージで発声することから、このような表現が多用されてきました。しかし、これがかえって混乱を生じさせるケースもあります。

焦って無理をしない

「声を前に出す」というアドバイスを受けて、皆が同じイメージを持つわけではありません。中には勢いを付けて声を前に飛ばそうと力んでしまったり、顔や顎を前に突き出すような動きになってしまったりする方もいます。

焦る気持ちがそうさせてしまうのかもしれませんが、それでは期待する効果が望めません。場合によっては声帯を傷めてしまうことさえあります。

基本のボイトレが大切!

「声を前に出す」、つまり「よく通る声を出す」ためには、声帯筋の使い方、息の当て方、口腔内の広げ方などさまざまなスキルを協働させなければなりません。

こういったスキルを磨くのがボイトレです。ボイトレの基本がなっていなければ、いくらイメージを膨らませても「よく通る声」は出ないでしょう。声を前に出すには、基本をしっかりと身につける必要があります。

声を前に出す時のポイント

声をよく通すには、「声帯を適度に引き延ばす」「口腔内で共鳴させる」「息をよく流す」ことが必要です。声を前方に飛ばすイメージを持つことで、喉の奥や口腔内が縦に開きやすくなります。結果、共鳴しやすくなり、息もよく流れるというわけです。また、音を当てるポジションが低めになるため、声帯筋を引き延ばすのも容易になります。

大切なのは、このようなプロセスを理解しておくことです。「声を前に出す」というイメージが、「声が通る」ことにつながることを意識して練習しましょう。

筋肉の動きを整える

「声を前に出す」ためには、複数の筋肉を鍛えなければなりません。声帯を例に考えてみましょう。声帯筋は収縮することで音色を作り、引き延ばすことで音程を作ります。収縮する力が強いと声帯筋は厚みを増すため、引き延ばす力を強めなければ音程が定まりません。

このように、声と筋肉は密接に関係しています。よく通る声とは、それぞれの筋肉をバランスよく動かした結果です。声帯だけでなく、呼吸を支える筋肉や共鳴腔を作る筋肉など、さまざまな筋肉の動きをバランスよく整える必要があります。

口の開き方を意識する

口の開き方も「声を前に出す」上での重要なポイントです。これは口(唇)の形のことではありません。口の中を開くということです。

基本は上顎の奥を上に開きます。そうすることで口腔内にスペースができ、声が響きやすくなるという仕組みです。

口腔内を広げようと下顎を押し下げる方もいますが、これでは息の流れを妨げてしまいます。上手な口の開き方を身につけることも「声を前に出す」ためには欠かせません。

声を前に出すために必要な基本のボイトレ方法

「声を前に出す」ためのトレーニングには、声を出さずに行うものと、声を出しながら行うものとがあります。発声なしで行うトレーニングの目的は、呼吸に関わる筋肉を鍛え、声の共鳴に影響を及ぼす喉や口腔内の環境を整えることです。

発声しながら行うトレーニングは、声帯の使い方や息の流し方など、複数のスキルを同時に使うために行います。どれかが欠けると声は通りません。

発声の土台を意識する

息をスムーズに流すためには、空気が安定して通る道を作る必要があります。そのために大切なのは、正しい姿勢と喉の開き方、そして腹式呼吸という「発声の土台」です。

まずは真っすぐな姿勢で腹式呼吸の練習をしましょう。重心はつま先で、深く、ゆっくりと呼吸します。顎を上げ過ぎたり、猫背になったりしないように気を付けましょう。

次に、喉の奥を意識しながらあくびの真似をします。喉を開く感覚がつかめる効果的な練習になるでしょう。

発声練習をする

声を出しながら行う基本トレーニングでは、一定量の息が声をしっかりと支えていなければなりません。音階練習やロングトーンでは「ア」や「オ」などの母音を使います。切れ切れになったりピッチが下がったりしないように注意しましょう。ピアノなどで音程を確認しながら行うと効果的です。

息の力で唇を震わせながら歌うリップロールも基本練習です。4拍を目安に行います。うまくできるようになったらそのまま1曲歌ってみましょう。

歌う前は声を出しやすくしよう

「声を前に出す」には、発声練習だけでなく歌に適した体づくりも必要です。体は楽器と同じで、質の良い素材とコンディションが保たれて初めて美しい音色を生み出します。多くのアーティストが運動習慣や食べ物、本番前のルーティンなどに気を使うのはこのためです。

「声を前に出す」ボイトレをしているのであれば、その成果を効率良く引き出すための体づくりにも目を向けてみましょう。

体を温める

けがや故障を避けるために、スポーツ選手は体を温めてから競技に入ります。歌声も筋肉を使って出しますから、同じように温まってから歌いましょう。

手っ取り早いのは温かい飲み物です。喉の血行や筋肉の動きが良くなります。ただしアルコールは厳禁です。アルコールで声帯が充血するため、歌い続けると声帯を傷める恐れがあります。

また、冷たい飲み物も避けたほうが無難です。体が冷えて喉が硬くなってしまいます。水やスポーツドリンクは、常温以上に温めてから飲みましょう。

ストレッチをする

体全体のストレッチも効果があります。歌を歌うときは無駄な力を抜き、筋肉をバランス良くコントロールすることが大切です。ストレッチで筋肉をほぐすことは、緊張を取り除くのに役立ちます。

首や表情筋、口回りは緊張しやすいので念入りに行いましょう。また、股関節や下半身のストレッチには重心を安定させる効果があります。ただし、上半身が緊張していると息の流れが悪くなるので、背中、脇下のライン、肩回りなども十分に伸ばしておきましょう。

軽い練習もおすすめ

声帯周りや息の通り道のストレッチもおすすめです。おすすめのひとつがハミングで、発声のためではなく、声帯を温めるために行います。音量は小さくても構わないので、出しやすい音を選びましょう。

また、リップロールは唇や喉の緊張緩和に有効です。やり方は簡単で、口を軽く閉じた状態で息を吐き、唇をブルブルと震わせます。音を出す必要はありません。目的は口回りや頬の緊張を緩めることです。

声を前に出すために正しい練習をしよう

「声を前に出す」という表現には分かりにくい部分があり、その意味や習得までのプロセスをよく理解していない方もいます。独学の場合によく見られますが、非常にもったいないことです。

「声を前に出す」というのは、実際には「よく通る声を出す」ことを意味しているため、呼吸、発声、筋肉のコントロールなど基礎的なスキルが必要になります。

この前提を理解しないまま独学で練習しても、上達しないばかりか、声をつぶしてしまう事態にもなりかねません。喉は一度壊れると元に戻らない恐れもあります。「声を前に出す」ことに限界を感じているのであれば、練習方法が間違っているのかもしれません。

圧倒する声を手に入れられたらオーディションに挑戦を!

「声を前に出す」というイメージの歌声が実現したら、オーディションに挑戦して歌声を届けてみませんか。MUSIC PLANETの「ボーカリスト・スタートアップ・オーディション」では、感染症対策を万全に施した会場での対面式オーディションと自宅にいながら受験できる遠隔オーディションの2つの受験方式を選べます。

書類審査のない気軽に挑戦できるオーディションです。応募資格が20歳~49歳で経験不問と敷居は高くありません。合格者には「歌が好き」の次のステップに進める支援体制を10大特典という形で整えています。忙しい環境にある方でも歌手活動を展開できるサポートの内容は要チェックです。

まとめ

「声を前に出す」ためには、正しい呼吸法で息を支え、声帯や口腔内のさまざまな筋肉をバランスよく協働させることが必要です。このプロセスを理解していない場合、間違った練習を積んでいる可能性があります。

自分のやってきた練習法が正しいかどうかを確認したいなら、オーディションを受けてみるのはどうでしょうか。MUSIC PLANETの「ボーカリスト・スタートアップ・オーディション」なら音源データを送るだけでも応募できるため、実力試しに向いています。

合格すれば実力派音楽プロデューサーがアドバイスしてくれたり、本格的なボイストレーニングを受けられたりと、豪華な特典があるのも魅力です。自分の歌声にさらに磨きをかけ、歌手デビューへの道が開けるかもしれません。