ブログトップへ

発声練習の基本とノウハウ!効果がでる方法を徹底解説!

今よりもさらに上手に歌えるようになるために、発声練習を試みる方は少なくありません。発声練習で歌に自信を持ちたくて、効果のあるやり方を知りたい方もいるのではないでしょうか。

そこでこの記事では、発声練習の5つのやり方やそれぞれの効果についてご紹介します。発声練習の役割やメリットについて理解できると、上達のコツが見えてくるでしょう。練習時に意識したいポイントも伝授します。

発声練習の役割や得られる効果

発声練習が地味に思えて、なかなか好きになれない方もいるのではないでしょうか。発声練習はきれいな声を出すことだけではありません。正しく声を出すことで、喉への負担も減ります。ここでは、発声練習の役割や続けると得られる効果について解説します。

発声練習の役割

発声練習には、ウォーミングアップや技術の習得としての役割があります。アスリートが試合や練習前に適度に体を動かすように、発声練習を行ってから歌い始めるのがおすすめです。突然歌いだしてしまうと喉を傷める危険性もありますので、正しいやり方で行いましょう。

歌の技術を身に付けることも、発声練習をする目的のひとつです。適切な声の出し方・息継ぎのやり方・音程の取り方・声のボリューム調整など、発声練習を続けることで基礎力を磨いていきます。

発声練習で得られる効果

発声練習をすることで、喉に負担をかけない歌い方を身に付けられます。無理に声量を上げる必要がなくなり、喉を傷めるリスクが減るでしょう。

適切な歌い方を身に付けると、長時間歌えるようにもなります。練習により多くの時間を割けるので、歌の技術を上げられるでしょう。人前で歌うときも複数の曲を歌うことができるので、最後まで歌唱力をアピールできます。

音域を広げたり声量を上げたりできるのもメリットです。以前は出なかった音域が、次第に出るようになることがあります。歌える曲の幅が広がり、様々な曲に挑戦できるでしょう。

発声練習で重要となる基本的なポイント

発声練習の際は、正しい姿勢や腹式呼吸・喉を開くことを意識して取り組みます。姿勢や呼吸法が見に付いていない状態で続けると、効果を十分に期待できません。発声練習の基本的な3つのポイントについて解説します。最初は慣れないと感じても、続けているうちに効果が表れるでしょう。

正しい姿勢のやり方

悪い姿勢だと歌唱力を十分に発揮できないので、正しい姿勢を意識しましょう。正しい姿勢とは地面や床と体が垂直で、足から頭まで一直線になっている状態です。壁にかかとや背中・頭を付けてあごを軽く引くと、正しい姿勢が分かります。気を抜いたときに悪い姿勢に戻ってしまわないように、日ごろから正しい姿勢を意識しましょう。

壁がない場合、両肩を上げて胸を張るのもおすすめです。重心をつま先あたりに置き、体全体をリラックスさせます。

腹式呼吸のやり方

腹式呼吸を身に付けると、声量が上がって声がパワフルになります。胸式呼吸に比べるとより深い呼吸になり、歌声が安定するのもメリットです。

できる限り息を吐き出すと自然と息が肺に入ってくるので、肺が最大限膨らむまで息を吸い込みましょう。呼吸の際に横隔膜が動いているのを確かめるのもポイントです。横隔膜をコントロールしながら腹式呼吸ができるようになると、声量を自由自在に操れるようになります。

喉の開き方

喉を開いてリラックスさせた状態にできると、パワフルな声を出せるようになります。喉を傷めるリスクが減るのもメリットです。

喉を開くには、まず脱力して喉をリラックスさせる方法を学びます。軟口蓋を上げると同時に喉仏を下げて、喉のあたりを広げましょう。慣れないと喉を開くのが難しく感じますが、意識的に続けるのが大切です。姿勢を変えながら練習を続け、思いのままに喉を開けるようにしましょう。

発声練習の前に必要となる準備

発声練習の際は、体の各部位をリラックスさせましょう。体が緊張していると無駄なところに力が入り、伸びやかな声が出ません。ここでは、体全体や声帯・お腹のストレッチについて解説します。声が出やすい体を手に入れられるよう、自分が気持ち良いと思うストレッチ法を見つけるのもおすすめです。

体のストレッチをする

首や肩・股関節など体全体のストレッチをすると、血流が良くなり体もリラックスします。体をほぐすと発声がスムーズになるのを感じるでしょう。

首のストレッチでは前後左右に首を曲げますが、曲げたときに動きを止めるのがポイントです。無理のない範囲で首周りを伸ばしきるように意識しましょう。肩のストレッチは片方の手で反対側の肘を引き寄せます。股関節のストレッチは、相撲の四股のポーズを取るのもおすすめです。

声帯のストレッチをする

声帯のストレッチは美声を出すのに大切です。喉に負担をかけないためにもしっかり行いましょう。声帯のストレッチのひとつのやり方が舌の出し入れです。舌を思いっきり出して戻し、口の中で回すと声帯が緩みます。舌の動きに応じて声帯が動くのを感じながらストレッチをしましょう。

深呼吸も声帯のストレッチにつながります。横隔膜を意識しながら腹式呼吸をしますが、同時に声帯に意識を寄せるのがポイントです。

お腹のストレッチをする

お腹をリラックスさせて、複式呼吸の準備運動とするのが目的です。両手を上げて体を左右にゆっくり傾けると、お腹周りが伸びるのを感じるでしょう。息を止めないでリラックスした状態を保つのがポイントです。

両足を縦に開いてアキレス腱を伸ばすのも、お腹のストレッチにつながります。姿勢が悪いとお腹に効果がないので、上体をしっかり起こしましょう。

効果的な5つの発声練習方法

発声練習にはいくつか種類があり、目的や状況に合わせて選べます。気軽に練習したいなら、まずは楽器や機材を使わないやり方を試しましょう。大きな声を出さなくても良いやり方を選べば、周囲の目が気になりません。発声練習の5つのやり方とそれぞれの効果について解説します。

リップロール

唇を閉じた状態で口から息を吐き、唇をプルプル震わせるのがリップロールです。息が一気に漏れないように唇を閉じる力を調整し、できる限り長く唇を震わせられるようにします。ある程度長く唇を震わせられるようになったら、リップロールで音程を付けたり歌ったりできるようになるでしょう。

リップロールをマスターすれば、息継ぎが自然とできるようになります。声量を調整して息を長く吐くためにも、力をいれずリラックスした状態を保ちましょう。

ロングトーン

音量や音程を保ちながら、できる限り長く声を出すのがロングトーンです。「アー」と言いながら10秒・20秒と時間を長くしていきます。途中、声の強弱が不安定にならないように気を付けましょう。慣れてきたら、歩いたり動いたりしながらロングトーンを行うとより実践的です。

ロングトーンをマスターすれば長く安定した声を出せるようになり、声にパンチも出てくるようになります。

音階発声

「ド」から始めて半音ずつ上げながら歌っていくやり方です。「ドレミファソラシド」の音階なら問題なく歌える方でも、半音上げた音階を入れると難しく感じるでしょう。ピアノなどの楽器かスマートフォンのアプリや動画を使えます。

練習の際には声をはっきり出すのがポイントです。参考となる音を聞きながら、的確に発生していきます。音階発声を身に付ければ、音程を正しく取って微妙な音程の違いを歌い分けられるようになるでしょう。

ハミング

口を閉じて、いわゆる鼻歌で好きな曲や練習したい曲を歌うのがハミングです。喉や鼻がリラックスしていると、鼻や喉・口の中が振動しているのを感じられます。ハミングでロングトーンを試すのもおすすめです。

ハミングを続けると、音程を取りやすくなり声の通りも良くなります。声の共鳴を意識でき、声のパワフルさが上がるのもメリットです。ハミングだと歌声が自然と高音になることが多く、高い声で歌いやすくなります。

朗読

歌と関係ないと思う方もいますが、朗読も発声練習になります。小説や文章を読み上げるやり方で、読むものは自由です。滑舌を意識しながら文章をゆっくり読み上げましょう。ただし、力を入れすぎると喉を傷める恐れがあるので、リラックスした状態を保つ必要があります。

はっきり丁寧な朗読は、力強い発声と口を柔軟に動かすことに効果的です。口をしっかり開けないと滑舌が良くなりません。滑舌が良いと声が聞きやすいので、意味が伝わりやすくなります。強弱の付け方や気持ちを込めた歌い方も身に付けられるでしょう。

MUSIC PLANETでオーディションを受けてみよう!

発声練習に力を入れている方は、MUSIC PLANETのオーディションに挑戦しましょう。自宅で気軽に受けられるオーディションで、合格者は本格的なボイトレを受けられます。ほかにもさまざまなメリットがあり、歌手デビューに向けて歩き出すチャンスです。MUSIC PLANETのオーディションの詳細について解説します。

合格したら本格的ボイトレが受けられる

MUSIC PLANETのオーディションに合格したら、プロによる本格的なボイトレを受けられます。マンツーマンの個別指導なので、短所を補いつつ長所を伸ばせるボイトレを経験できるでしょう。

MUSIC PLANETならプロのクリエイターが作ったオリジナル楽曲を提供してもらえます。すでに歌唱力があると感じている方も含めて、オーディション合格者全員がオリジナル楽曲を歌いこなせるようになるのがボイトレの目的です。ボイトレに力を入れれば入れるほど楽曲に愛着が沸き、かけがえのない宝物になるでしょう。

自宅から気楽にオーディションが受けられる

デビューのチャンスがあるMUSIC PLANETのオーディションは、気楽に受けられるのがメリットです。パソコンやスマートフォンがあれば24時間いつでも申し込めます。

事務局から連絡が届いたあとに行うのは、動画形式や音声形式で歌声を録音して送るだけです。オーディション会場に行く必要がなく、完全遠隔で自宅からオーディションを受けられます。

音声形式で歌声を録音すれば、オーディション参加時点では顔を出す必要がありません。個別審査を採用していて、他の方に内緒で応募したい方にもおすすめです。アカペラでの審査なので、楽器を演奏したり楽曲を編集したりする必要もありません。

デビューに向けてのサポートがあつい!

MUSIC PLANETのオーディションに合格した方が手にできる特権は、非常に充実しています。MUSIC PLANETが用意している特権は本格的なボイトレや、オリジナル楽曲の提供だけではありません。ほかにも下記の特典を手にできます。

・音楽プロデューサーとの個人面談
・オリジナル楽曲のカラオケ配信
・アーティスト写真撮影
・専属マネージャーによるサポート
・Web配信
・ライブ支援
・Webサイトの制作や公開支援
・専用ライブハウスの永久無料使用権

上記のように、デビューを夢見る方をサポートする特典が受けられます。音楽プロデューサーとの面談を受けつつ、専属マネージャーとスケジュールの相談をしながら夢に向かって前進しましょう。

まとめ

発声練習にはウォーミングアップなどの役割があり、続けると喉を傷めずに歌えるようになります。音域を広げたり声量を上げたりするためにもおすすめです。リップロールやロングトーン・ハミングなど、自分に合ったやり方を試せるでしょう。

歌手になるのが夢という方は、MUSIC PLANETのオーディションに挑戦できます。自宅で簡単に申し込めるのに、本格的なボイトレや音楽プロデューサーとの面談などの特典付きです。歌手になるチャンスをつかみ取りたい方のご応募をお待ちしています。