ブログトップへ

自宅で発声練習をしたい!基本のやり方や発声できないときの対処法

プロ・アマを問わず、ボーカリストが必ず実践しているのが発声練習です。メンテナンスを兼ねて基礎技術を伸ばせることがメリットですが、しかし方法が分からずに先延ばしにしている方は多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、基本から応用までさまざまな角度から発声練習の方法をご紹介します。住宅事情もあって大きな声を出せない環境の方でも大丈夫です。対処法をご紹介し、アーティストとしてステップアップする手順を解説していきます。

ボーカリストにとって大切な発声練習の役割

発声練習をなんとなく行っている方もいるはずです。やらないよりはいいかもしれませんが、発声練習がどんな役割を果たすのか理解した上で取り組んだほうが、効率良く練習に励めます。

ボーカリストにとって、発声練習はどのような意味があるのでしょうか。多くのプロも欠かさず行っている理由を知り、意識すべき点を押さえてから具体的な練習をはじめましょう。

ウォーミングアップになる

発声練習は、スポーツでいうところのウォーミングアップやストレッチと同じと考えましょう。喉の準備体操を行ってからでなければ、質のいい発声はできません。

たとえば筋肉がガチガチに固まったまま走ってもスピードは出ませんし、ケガをするリスクも高まります。喉もこれと同じで、慣らさずに発声すると声帯が傷付く恐れもあるのです。

正しい呼吸法が身に付く

声は息に乗せて届けるものですので、発声のためには呼吸法が一番大切です。正しい呼吸法ができていなければ不安定な歌声になりますし、尻すぼみのようなか細い声にもなってしまいます。

発声練習では、腹式呼吸などを用いた呼吸法も徹底して行いましょう。反復練習をすることで呼吸の基礎が身に付き、聞き取りやすく持続性のある声量が手に入るのです。

音程が安定する

発声練習では、音階に合わせて声を出すような練習も行います。これは普通の曲を歌っているだけではできない練習法ですので、基礎技術を養うために有効です。

音程が安定すれば、高低差に強くなるというメリットが生まれます。音域が広がればレパートリーも増え、歌手としての表現力が格段に向上します。楽曲の世界観を伝えるためにも必須の技術です。

声量が上がる

呼吸法をはじめとする練習を徹底すると、正しい声の出し方を皮膚感覚でつかめます。必然的に声量が増し、音の強弱を表現する能力を高められる点もメリットです。

息が続かない、息漏れするという問題も発声練習を重ねることで解決できます。歌に抑揚を付けられるようになれば、転調にも深みが生まれ、ドラマチックな歌声を生み出せます。

自宅で発声練習をするときのポイント


自宅で発声練習をすればレッスン料はかかりませんが、自己流に陥って変なクセが付かないように細心の注意が必要です。誤った方法で練習しないように、以下のポイントを意識しましょう。

次に挙げる3つの要素を押さえられていないと練習が無意味ですし、ウォーミングアップも不十分です。客観的に自分を見つめながら反復的に練習することが大事です。

正しい姿勢を意識する

歌唱時に力んでいると必要な筋肉が動かず、窮屈な発声になります。無駄な力が入らないように脱力することを一番に心がけて、その上で正しい姿勢をとりましょう。

理想的な姿勢は、背筋を伸ばして一直線に立ち、脚を肩幅くらいまで広げる形です。顎を上げすぎますとお腹の力が伝わりませんので、まっすぐに前を見つめることも意識します。

しっかりと喉を開く

喉が閉じていますと、高音に無駄な力が入るいわゆる「喉声」になります。高音でも安定させ、喉を痛めないように歌うためには、しっかりと喉を開くことも意識しましょう。

ちょうどあくびをしたときの形が喉を開いた状態です。これを維持しながら歌いましょう。最初は「うー」「おー」などの母音から練習をはじめてコツをつかむことが上達のコツです。

腹式呼吸を行う

腹式呼吸ができませんと、声が続かずに途切れてしまいます。持続力がないため声も弱々しい印象になるのです。また、声量がないと音程のコントロールがしづらく狂いやすくなります。声が裏返りやすくなるなど、腹式呼吸ができないことは、歌を歌う人にとって落第点です。

腹式呼吸は歌唱の基本なので必ずマスターしましょう。胸を動かさず、お腹だけで息を吸う練習をすることがポイントです。横になった状態でゆっくりと空気を出し入れして、感覚をつかみましょう。

自宅でできる発声練習のやり方【基礎編】

自宅で一人でもできる発声練習の方法を、まずは基礎編から紹介します。いずれも道具が不要ですし、身に付ければ座ってテレビを見ながらでも行える練習法です。

4つの方法をご紹介しますが、いずれも息を長く続けるように意識することが重要です。この点を心がけておくだけで、同じ練習をするにしても成果が大きく左右されます。

リップロール

リップロールとは、唇を閉めたまま空気を外に出して、唇を震わせる練習法です。同時にたくさんの効果をもたらすため、多くのトップアーティストも実践しています。

具体的には、表情筋や唇をリラックスさせられること、横隔膜を鍛えられること、音程をとりやすくなること、喚声点を滑らかにすることという4点の効果を期待できます。

まずは音を出さずに、空気だけで唇を震わせてみましょう。吐き出す息の量を一定に留めると楽になります。上手にできるようになったら、息に音を混ぜていき、低音から高音までドレミの音階を奏でて反復練習します。

タングトリル

タングトリルは、舌先を上の歯に付けた状態で息を吐き出して、巻き舌のように揺らす練習法です。先ほど紹介したリップロールの応用のような形で行いましょう。

タングトリルにも、表情筋などの緊張を和らげる効果があり、さらに重要点のひとつである「喉の開き」を自然に実現させられます。また、滑舌を鍛えられることもメリットです。

まずは軽く口を開いて、舌先を上あごの裏あたりに付けます。この状態で息を吐き出して舌を揺らしてみましょう。「るぁるぃるぅるぇるぉ」のように、ラ行を使って発声するとコツをつかみやすくなり、上達するとこのままメロディを取れるようになります。

ロングトーン

ひとつの音だけをできる限り長く、一定の声量で発声する練習法がロングトーンです。これは管楽器を操るアーティストが必ず行う練習で、ボーカリストにも大きな効果があります。

これができるようになりますと、声を揺らさずに発生できるようになるため、歌声に伸びを与えつつ、くどくなりすぎない歌唱が可能になります。簡単に見えますが奥が深く、習得に時間がかかる練習法です。

大切なのは正しく腹式呼吸をすることですので、まずは基本を着実に伸ばしましょう。ロングトーンの目標は、30秒間同じ音を維持することです。最初は「あー」などの音からはじめて、徐々に「るー」など揺れやすい音にもチャレンジしましょう。

音階に乗せて発声

音階に乗せて発声することを「音階発声」といいます。この練習法を導入することで、音階を明確に区分けできるようになり、クリアな歌声を生み出せます。

方法としては、一音を使って半音ずつ音階を上げて歌うというだけです。音域の限界にまで到達したら、半音ずつ音階を下りましょう。鍵盤を押しながら真似をするように発声しますと、正しく音階に乗せられます。

このときに意識すべきなのは、声を安定させることです。震えないように、力強く音階をコントロールできるように練習しましょう。この練習により、息漏れを抑えられるようにもなります。

自宅でできる発声練習のやり方【応用編】

基本編を難なくこなせるようになったら、応用編の発声練習も試してみましょう。2つの方法をご紹介しますが、こちらも特別な道具はなしで今すぐに自宅ではじめられる練習法です。

歌に固執した練習をする方も多いのですが、歌から離れても立派な発声練習につながります。リフレッシュやモチベーションアップも兼ねながら、以下の方法を試しましょう。

ハミング

ハミングは「鼻歌」と呼ばれるものと同じです。口を閉じた状態で音を出し、歌うことも発声練習の応用になります。大きな声を出しませんので、声帯を温存できることもメリットです。

ハミングを取り入れますと、地声と裏声をつなぐ喚声点でスムーズに切り替えられます。結果的にミックスボイスを出しやすくなることや、音域が広がること、音に響きが出ることなどの効果が期待できます。

腹式呼吸を行い、鼻の奥を震わせるように発声することがコツです。これができている状態は、正しく鼻腔共鳴を行えている証拠にもなります。最初は一音からはじめて、徐々に鼻歌で一曲を歌い切れるようにしましょう。

朗読

手元にある本を朗読することも発声練習になります。極端に感情を込める必要はなく、ハキハキと明瞭な朗読をするように心がけて、ゆっくりと読み上げましょう。

朗読は滑舌を鍛える上で効果的です。流れるように進んでいく歌とは違い、ひとつひとつの言葉を丁寧に読む朗読なら課題が見つかりやすく、弱点を補強するための材料にも使えます。

自宅で発声練習ができないときにおすすめな練習方法

住宅事情はさまざまですので、自宅で思う存分発声練習ができない方も多いはずです。アルバイトや仕事が忙しく、帰宅が深夜になるなどのケースでも自由には歌えません。

そんな限られた状況の中でも、歌を上達させるための練習方法はあります。地道に練習することが上達への近道ですので、その日にできることを確実にこなし続けましょう。

ストレッチ

首や肩甲骨、股関節のストレッチは発生前の地ならしにも欠かせません。表情筋を伸ばし、横隔膜を鍛えることで、音域や声量は格段に向上します。

一見すると歌とは無関係な股関節も、お腹から出す声を安定させるためには強化が必要です。それぞれの部位をマッサージして筋肉を和らげることも、歌唱にいい効果をもたらします。

表情筋の筋トレ

表情筋を鍛えれば、今までは稼働していなかった筋肉が自由に動きやすくなり、歌声が揺らぎにくくなります。一方で響きは表現しやすくなるため、表現力がアップします。

顔のパーツを中心に集めるように力を入れて数秒キープし、脱力した笑顔に戻すという筋トレを繰り返しましょう。簡単で疲れにくい動作ですが、反復すると効果が出ます。

自宅で発声練習をするときの注意点


自宅での発声練習にトレーナーは付き添ってくれません。体調や喉コンディションの管理は自分で行う必要がありますし、周囲に迷惑をかけないような心遣いも大切です。

思わぬトラブルを未然に防ぐために、以下で紹介する3つの注意点も意識しましょう。くれぐれも無理をせず、冷静さを保ちながら練習することがポイントになります。

無理はしない

喉は非常にデリケートで、少し無理をしたことが原因で壊れてしまう場合があります。日頃からケアには気を使い、乾燥する場所を避けたり、刺激物の摂取を避けたりしましょう。

喉の調子が悪いと感じたら、その段階で練習を切り上げることも大切です。風邪気味のときなども練習を休み、元の状態へリカバリーできるようにしましょう。

周囲に迷惑にならないよう心がける

マンションやアパート、シェアハウスなどの共同住宅の場合は音漏れに要注意です。近所トラブルに発展して、その家で歌えなくなってしまう恐れがあります。

深夜や早朝に自宅で発声練習をすることは避けるなどの工夫をしましょう。朗読やストレッチのように、大きな声を出さなくてもできる練習法を試すこともおすすめです。

本格的な練習はレッスンがおすすめ

音楽について独学で学べることは限られています。この記事でご紹介した練習内容はシンプルかつ効果的ですが、正しくできているか自分で判断することは難しいと言わざるを得ません。

本格的に練習したければ、レッスンに通うことがおすすめです。住宅事情を気にする必要がなく、喉の調子などもプロのトレーナーが見極めてくれます。

自宅で歌える人におすすめ!MUSIC PLANETのオーディション

MUSIC PLANETでは、自宅から参加できるオーディションを開催中です。合格すればオリジナル楽曲の提供やマンツーマンのトレーニング、ライブ支援などさまざまな特典が付与されます。

すでに事務所との契約を結んでいるアーティストや、サマソニ出演者、ドラマエンディング曲の担当歌手を輩出するなどの実績があり、歌手として成功するためのサポート体制が万全です。

オーディションには、自宅で録音した音源を使って参加できます。オンラインによるオーディションですので、コロナ禍であっても安全です。遠方の方も気軽にチャレンジしてみてください。

まとめ

発声練習はウォーミングアップを行う上で重要です。正しい姿勢をとることや呼吸法をマスターすることなどを意識しつつ、ここで紹介した練習を繰り返しながら、歌手としての基盤作りをしていきましょう。

独学では限界があるため、より大きくステップアップしたい人は、レッスンへの参加がおすすめです。MUSIC PLANETでは自宅から参加できるオーディションを実施し、合格者にはプロデューサーからのフィードバックをはじめとした特典を多数ご用意しています。