• TOP
  • BLOG TOP
  • 音痴
  • 音痴だからカラオケが怖い?音痴は誰にでも直せます!

ブログトップへ

音痴だからカラオケが怖い?音痴は誰にでも直せます!

音痴を自覚している人も自覚がない人も、「歌うことが苦手。」と思っている人は結構多いものです。 「音痴だから2次会のカラオケは行きたくない」 「できるだけ歌いたくない」 という人もいるのではないでしょうか。 今回は、 歌が上手い人と音痴な人との違いはなんなのか? どうして音痴になってしまうのか? 音痴を直す方法はあるのか? について解説いたします。 まず、音痴を直すためには「音痴の種類」を特定して、 適切な方法を取ることが必要です。 自分がどんなタイプの音痴なのかを知って音痴を直していきましょう!

音痴は生まれつきではない

「自分は音痴だから上手く歌えない、カラオケも嫌い」 あなたは歌に関してネガティブになっていませんか? 確かに音痴であると自覚していると人前で歌を歌うのは恥ずかしいし、 できれば避けたいと思ってしまいますよね。 でも音痴というのは先天的なものではありません。 歌が上手い人との差は育ってきた環境の違いが大きいのです。 幼少期の間に音楽にたくさん触れると、音感が鍛えられてリズムや音程を取ることがうまくなっていきます。 生まれてから3歳までの間は「耳の黄金期」とも呼ばれています。 子供の頃にどれだけ音楽を聞き、触れているかの差で、音痴か歌が上手いかということが分かれてきます。 「自分は子供の頃あまり音楽に触れることがなかったから音痴になってしまったんだ」 とがっかりしたあなた。 大丈夫です。 幼少期の環境で音楽にあまり馴染む時間がなく音痴になってしまったとしても、一生直らないわけではありません。 音痴は直ります。 大人になってからでも普段から音楽を聞きながら声を出す練習、歌う練習をしていけば、音痴は直るのです。 音痴といっても実はいくつかの種類があり、自分がどのタイプかをまず知ることが大切です。 そして、それに合わせた改善方法を日々試していくことで音痴は直っていきます。 まずは音痴の種類と自分がどれに当てはまるかをチェックしてみましょう。

音痴にはタイプがあった!

音痴の種類はいくつかあります。 ・音痴だということに気づかない音痴 ・自分の音域を越える音程になると外れる音痴 ・出遅れたり早すぎたりリズムが合わせられない音痴 どのタイプの音痴かによって、直す方法やトレーニングが変わってきます。 まずは自分がどのタイプかを見極めることが大切です。 一つずつ詳しく見ていきましょう。

自分が音痴ということに気づかない音痴

自分ではごく普通に歌っているつもりなのに、 周囲の人から音痴と言われたり音が外れている、 などと言われたことがありませんか? そのような場合、自分の歌っている音程がズレていることがわからず、 人に言われるまで音痴だということに気づかない場合があります。 このタイプの人は、音程が違うということが自分ではわからず、聞こえてくるメロディーや他人の歌声と合わせて声を出していると思っています。 実際のメロディーや音程と自分が頭でイメージしている音程に、 ズレが生じているのです。 音を聞き取ることが苦手ということでもあります。

自分の音域を越える音程になると外れる音痴

このタイプの人は、自分が歌いやすい音域で声を出したり歌うことは問題ないけれど、ちょっと高い声や低すぎる声を出そうとすると裏声になってしまったり、低い声が出せず唸るような苦しい発声になってしまい、音程が外れてしまうというケースです。 つまり、声をうまくコントロールできていないということです。 音程がズレているという認識があって合わせようとするけれども、うまく合わせられないというタイプです。 この場合、”自分で音程が外れている”ということが理解できています。 声を出す力が弱いために、思った通りの音程が取れないということになります。

出遅れたり早すぎたりリズムが合わせられない音痴

音楽のテンポが遅れてしまったり、逆に早すぎてしまうタイプです。 出だしが合わせられなかったり、みんなと歌っている途中でだんだんとテンポがズレてしまったり、テンポは合わせられるけれども、棒読みのように脈絡がない感じになってしまう人も音痴と言えます。

自覚がない音痴は自分の声を聞くことから

自分では音痴と気づかなかったけれど、 「人によく言われるのでどうやら音痴らしい」 という人は、自分がどんな音程で歌っているのかに気づくことからはじめましょう。 歌いやすい曲やお気に入りの曲を選び、 まずはその曲を何度も繰り返し聞きます。 耳と体にその音楽をしっかり浸透させてください。 自然とメロディーや歌詞が出てくるようになったら、 その曲に合わせてハミングしてみるのもおすすめです。 いわゆる鼻歌ですが、口を閉じて音を体の中で響かせることで骨にも伝わり、自分のリズムやメロディーを内側から聞くことができます。 またハミングの他にも、片耳を塞いで歌ってみるのもいいでしょう。 脳と体にしっかり染み込んだら、カラオケの音楽に合わせて自分が歌ってみてください。 あまり音程のことは気にせずリラックスして楽しみましょう。 そしてその声を録音してみます。 録音した自分の歌声を聞くと、 どんな感じで自分が歌っているのか、 どこのメロディーがずれているのか、 といったことに客観的に気づくことができるはずです。 持っているスマートフォンで録音して繰り返し聞くのもおすすめです。 まずは自分の音程のずれを認識することが大切です。 次にピアノやキーボードを使って、ひとつひとつ音を聞いてその音程を頭で理解して覚えるようにしましょう。 ドレミファソラシドの12個の音程がありますが、ひとつひとつの音程と自分の出す音が重なるように練習してみてください。 耳から聞こえる音、音楽と自分の出す声、音程をリンクさせる練習が大切です。 繰り返し聞いた音楽と自分の歌う音を一致させるようにしていきましょう。

呼吸法や発声練習をしよう

音痴の人が、カラオケが苦手な理由として 「イントロや間奏から入るタイミングがずれてしまう」 「音楽に合わせて歌っていたつもりがずれている」 といったリズムがうまく掴めないことが挙げられます。 これは、歌詞や自分が歌うことに意識が行き過ぎていて、 音楽が耳に入ってこないためです。 この場合、リズムをつかむ練習をすれば直ります。 先ほどのケースと同じで、まずはお気に入りの曲をたくさん聞いてリズムを体に染み込ませるようにしましょう。 さらに、ベースとなる音を聞き分ける努力をすると効果的です。 ドラムのドンドンドンと響く音に意識を向けて音楽を聞いたり、体をゆすったりして曲のテンポやリズムと合わせる練習をしましょう。 まずは意識せずに自然と体が動くままに任せてみてください。 曲がしっかり全身で聞けるようになってリズムがわかってきたら、ハミングではなく一緒に声を出して歌ってみる練習をしてみましょう。 車の中や家の中で実際に声を出して音楽に合わせて楽しんで歌ってみてくださいね。 気に入った曲を聞き込んで練習ができたら、 いろいろなテンポの曲を聞き込んでリズムを掴んでみてください。 これらの練習を続けていけば、歌は自然と上達していきます。

音痴が直ると歌うことが楽しくなる!

絶対音感相対音感という言葉を聞いたことはありますか? 絶対音感は、音を聞いたときに音階を認識できる能力で、音楽だけではなく普段の生活の中にあるすべての音が音階で聞こえる特殊な能力です。 これは幼少期にしっかりと訓練することでしか得ることができないものです。 一方で相対音感というのは、一つの音の高さを基準にして他の音の高さを判別する能力で、こちらは大人になってからでも鍛えて身に付けることができます。 つまり、音痴というのはどの年齢になっても直せるものなのです。 音痴にも種類があり、タイプ別に音痴の直し方が変わってくることを紹介いたしました。 特別な道具を使わなくても、自分で音痴を直すことはできるのです。 朝の身支度の時間や食事の支度をする時、車を運転している時など生活の中のちょっとした時間を使って音痴を直すトレーニングはできます。 今回の内容を、毎日少しずつでも続けてみてください! 音痴が直ると、歌うことが苦痛ではなくなります。 カラオケのバリエーションも自然と広がります。 そしてきっと、歌うこと自体をもっともっと楽しめるようになるはずです!

「歌うことが楽しくなってきた!」というあなたに!

「MUSIC PLANET」が主催している、 「新人ボーカル発掘オーディション」という歌手オーディションがあります。 こちらのオーディションは、今まで音楽活動の経験がない方でも、 どこよりも充実したサポート体制によって、安心して歌手を目指すことができるオーディションなんです! 合格後に受けられる特典はこちら! 1.プロデューサーによる個人面談 2.あなただけのオリジナル楽曲提供 3.あなたの楽曲がCDに! 4.専属マネージャーを配属 5.プロトレーナーによるボイストレーニング! 6.オリジナル楽曲をカラオケで配信! 7.オリジナル楽曲を音楽配信サイトで配信! 8.プロのカメラマンがアーティスト写真を撮影 9.なんと…LIVEにも出演! しかも、この「MUSIC PLANET」の歌手オーディションは、 年齢や経験、性別などの条件が幅広いことも魅力です。
  • 20〜49歳までの歌手を目指す男女
  • 心身ともに健康な方
  • 経験不問!
  • 日本国籍、または日本永住権がある方
カラオケで歌を上達させながら、 「もっといろんな曲が歌いたくなった」 「本格的に歌の勉強がしたくなった」 と思った方なら、すぐに受けられるのがこのオーディションなんです。 歌手オーディションの場所も、
  • 東京(渋谷)
  • 大阪(心斎橋)
  • 福岡(天神)
と、日本全国で開催しているので、休みの日に日帰りで受けることも可能です! さらに合格後の特典を受けられる場所は、
  • 東京
  • 福岡
  • 大阪
  • 名古屋
  • 札幌
  • 広島
  • 仙台エリア
と全国各地にあるので、どこに住んでいても安心してサポートが受けられます。 プロのトレーナーによる本格的なボイストレーニングで、 音痴を直すだけでなく、 さらに高いテクニックを学ぶことができます。 歌手オーディションは無料で受けられるので、 必要なのは会場までの交通費のみ。 つまり数時間さえ確保して、交通費さえあれば、 休みの日などに気軽に受けられる歌手オーディションなんです。 「音痴が直ったら歌うことがとても楽しくなった!」 「もっと様々なところで歌いたい!」 と思っているなら、 ぜひこの機会に「MUSIC PLANET」の歌手オーディションを受けてみてはいかがでしょうか?