ブログトップへ

高倍率な歌手(ボーカル)オーディションを勝ち抜くために必要なポイントとは?

歌手(ボーカル)オーディションには、プロ歌手を目指す実力を持った人たちが大勢参加をします。そういった中から勝ち抜いていかなくては、合格を掴むことは難しいです。

それだけ、高倍率なものですから相当な実力と運が必要になってくることでしょう。では、歌手(ボーカル)オーディションで意識すべきことは何なのでしょうか?

今回の記事では、歌手(ボーカル)オーディションに合格するために意識しべきこと、さらにはオーディションはどれだけの倍率なのかを解説していきます。

1.歌手(ボーカル)オーディションによっては競争倍率が5,000倍になることも

基本的に、歌手(ボーカル)オーディションというのは、競争倍率が公開されることはありません。ですので、そのオーディションの応募総数や合格者の数からだいだいの数字を出すしかないのです。

しかし、どんなオーディションにしても応募者数がどれだけいたのかといった公表もないので、残念ではありますが、正確な倍率がわからないというのが正直なところです。

大規模な大手事務所のオーディションであれば、なんと5000倍前後といった数字になるようです。これは、数万人の応募者の中から2~3人の合格者しか出ない計算になります。

もちろん一概にはいえませんが、オーディションの規模が大きければ大きいほど、それだけ応募者の数も増えますから、必然的に競争倍率は高くなります。

2.歌手(ボーカル)オーディションの種類や流れについて解説

歌手(ボーカル)オーディションは、日本各地で行われており、種類やジャンルも色々なものがあります。基本的に、プロダクションとレコード会社が主催をしているのですが、趣旨はそれぞれ異なる場合が多いです。

例えば、純粋に将来性のある新人歌手を発掘することを目的としたオーディションであれば、応募者の将来性や現在の歌唱力といった部分を審査して、より可能性がある人を合格させます。

一方、すでに存在しているグループやユニットのメンバー募集を行う場合に関しては、育成枠というよりも、即戦力となる人材を求めています。

つまり、ひとことで歌手(ボーカル)オーディションといっても、それぞれのオーディションで求めている人材は異なりますし、内容的なものも変わってきます。

ただし、基本的な流れはどのオーディションも同じようなものです。ここでは、一般的な歌手(ボーカル)オーディションの流れをご紹介していきましょう。

2-1.ほとんどのオーディションは書類審査から始まる

歌手(ボーカル)オーディションは、基本的に段階を踏んで審査をされていく流れになります。その始めの一歩となるのが、一次審査ともいわれる書類審査です。

主催事務所に履歴書や写真を送り、それを元に審査をしてもらい、ここを通過することができれば、二次審査に進むことができます。

提出する履歴書や写真の中身が非常に重要であり、それによって審査員にインパクトを与えることができなければ、書類審査を通過することは難しいでしょう。

他の応募者と差別化を図り、より審査員から注目を浴びるような履歴書や写真を作成して、突破を目指したいところです。

2-2.二次審査は実技と面接

一次審査を突破できた人だけが、二次審査に進めるようになっています。二次審査でのメイン審査は、実技と面接になります。

実技では、歌唱力を披露して実際に歌声を聞いてもらい、歌手としての可能性を審査されます。面接では、いくつかの質疑応答や自己PRにおいて、人間性やどれだけ強い志があるかを試されることでしょう。

オーディションの中でももっとも緊張してしまう場面ではありますが、こういった雰囲気の中でもしっかりと自分本来の実力を発揮できなければいけません。

二次審査に進んできたのは、一次審査を乗り越えてきた猛者ばかりです。そういった人たちに、差をつけられるような強みや魅力がなければ、合格を勝ち取ることは難しいでしょう。

3.高倍率の歌手(ボーカル)オーディションに勝ち抜くために必要なポイント

歌手(ボーカル)オーディションはいうまでもなく、競争率が高いので勝ち抜くには様々なポイントがあります。

こういった高倍率なオーディションで合格を掴むために必要なポイントは二つです。それは「自己PR」と「選曲」です。これら二つについて具体的にご説明していきます。

3-1.自己PR

自己PRで重要となってくるのは、いかに自分の強みと魅力を審査員にアピールできるかにかかっています。ありきたりなものではなく、自分独自の個性も同時に出していきましょう。

また、オーディションでは自己PRができる時間というのは限られているので、その短い時間でいかに効果的なアピールができるかも大切なことです。

また、自分がどれだけ歌手に対して強い気持ちを持っているのか?さらに、そういった歌手になるために普段からどういった努力をしているのかといった根拠も伝えるようにしましょう。

3-2.選曲

自己PRと同じく、歌手(ボーカル)オーディションで重要な要素となるのが選曲です。これは、実技の際にどの曲を歌うのかを選ぶところですね。

当然のことですが、自分の歌声のもっともマッチした曲を選びましょう。ここが重要で、実は自分にマッチした曲だと思っていてもそうではない場合も多いです。

まず、自分の声質や音域といった部分を深く把握するために、何度も自分の歌声を録音して聞き直し、客観的な視点で聞けるようにしておかなくてはいけません。

その上で、本当に自分の歌声に合う曲はどれなのかを考えて選曲するようにしましょう。自分で決められない場合は、第三者に決めてもらうのもありです。

ただし、誰でも良いわけではなく、ボイストレーニングでスクールなどに通っているのであれば、そこの講師の方など専門的な人に選んでもらうようにしましょう。

4.規模ではなくあなたの魅力を引き出してくれそうな歌手(ボーカル)オーディションを選ぼう

歌手(ボーカル)オーディションをいざ受けようと考えた場合、どうしても大きな規模で行われているオーディションを選んでしまいがちです。

大規模なオーディションほど応募者も多いですし、やはり大手の事務所が主催している場合が多いので、合格できればより早くデビューできるチャンスが広がるので当然かもしれません。

しかし、そういったオーディションで合格するというのは、宝くじに当たるよりも倍率が高くなる可能性もあるので、正直現実的ではありません。

オーディションを選ぶ際には、規模や事務所の大きさで選ぶのではなく、自分自身の魅力をより引き出してくれるオーディションを選ぶようにしましょう。

そんなオーディションの一つとして、ミュージックプラネットが主催している新人ボーカル発掘オーディションがあります。

まず、ミュージックプラネットは、本気で歌手になりたいといった強い気持ちを持ち、なおかつ大きな才能を秘めている人材を発掘することに力を入れています。

本気で一人一人の思いと向き合い、歌手としての可能性がある人をデビューさせたいといった気持ちが非常に伝わるオーディションとなっているのです。

その証拠として、とにかく合格後のサポートと特典が、考えられないくらい豪華なものとなっています。まず、合格することで自分だけのオリジナルの曲を提供してもらえます。

制作に携わる音楽プロデューサーと面談をしてから生まれる曲となっているので、自分にぴったりな曲が生まれることは間違いありません。

さらに、その曲がカラオケ店や音楽配信サイトといった場所で配信されるので、多くの人に自分を知ってもらう大きなきっかけとなることでしょう。

これだけでも充分豪華ではあるのですが、専属マネージャーがついたり、ライブ出演が約束されていたりと、合格することで歌手という夢に大きく近づけます。

こちらのオーディションが開催されているのは、東京、大阪、福岡です、地方の方は厳しいかもしれませんが、機会があれば受ける価値のあるオーディションになるのは間違いないでしょう。

5.歌手(ボーカル)オーディションを勝ち抜くためにしっかり準備をしておこう

プロの歌手になりたいと夢見ている方は、大勢います。そんな中から本当に歌手としてデビューするのであれば、普段からの努力などは必要不可欠です。

本番のことを見据えて常に準備をしておくことで、オーディションでは高いパフォーマンスを出すことができます。

逆に準備を怠って挑戦できるほど、オーディションは甘いものではありません。競争率が高いからこそ、最善の準備をしてオーディションに備えましょう!