ブログトップへ

高音が出ない原因を知れば対策もできる!高い声を出すためのポイントとは

美しく高音を響かせられるようになると歌える曲のバリエーションが広がり、より魅力的な歌唱ができます。しかしながら、高い声を出そうと努力しているのになかなか上手くいかないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

高い声をよく響かせるためにはコツがあり、発声の仕組みやトレーニングのポイントを意識することが大切です。今回は高音を上手に出せない原因と解決するための方法を、男女別のコツと合わせてご紹介していきます。

高音が出ない原因と対策

歌うときに高音が上手く出せないと悩んでいる人には、いくつかの原因が考えられます。喉の状態や息の使い方次第で声の出方は大きく変わってくるので、次の5つのポイントを意識して対策してみると、理想としていた声に近づくでしょう。

ここでは高音が出にくい要因についての解説や、高い声を出すための対策についてご紹介していきます。

力みすぎて喉が閉まっている

日頃からボイストレーニングを行っていない人が無理に高い声を出そうとして声を張り上げると、力みすぎによって喉が閉まってしまいます。体に力が入ってしまうとそれだけで声帯が狭くなり、声を出しにくくなる原因になります。

改善するためには、できるだけ肩の力を抜いて自然体で歌うように心がけることが大切です。音域を広げようと必要以上に意識しすぎるよりも、お腹からしっかり発声することを意識すると高音が出やすくなります。

息が遠くに吐けていない

息をなるべく遠くに吐き、細くするように意識することが高音を出すためには重要なポイントです。息が太いままになってしまうと声が裏返りやすくなりますが、これは喉に負担がかかっているのが原因です。

息を深く吸い込み、ゆっくり長い時間をかけて吐き出すようにすると良いでしょう。声がぶれないように母音をひとつひとつ確実に発音すると効果的です。声がかすれてしまう場合も喉に負荷がかかっている可能性があるので、発声を見直すことをおすすめします。

息を吐きすぎている

高い声を出すには、喉に負担の少ない歌い方を心がけることが大切です。無理な発声を続けると声帯を痛めてしまい、将来的にも喉に対して悪影響なので可能な限り避けるようにしましょう。

過剰に息を吐きすぎてしまうと声帯が閉じることで声を出す働きが鈍くなり、ますます無理に大声を出すことになってしまいます。そうするとさらに声帯は閉じようとして、悪循環を引き起こします。発声を安定させるためにも、必要以上に息を吐き過ぎないように意識しましょう。

口が横開けになっている

「い」と発声したときの口の開け方になってしまうと、喉の奥のスペースが狭まり、高音を出しにくくなってしまいます。また、口を横開けにしたときの声帯は閉じにくい状態になっているため、息が漏れて声が裏返りやすくなるというデメリットもあります。

口を縦に開いて歌うには、口の形を「お」という発声に近づけます。このとき、上くちびるが前に出るようにすると声帯がしっかりと閉じて、声が裏返りにくくなります。口を正しく開ける方法を覚えることで、良い発声につながります。

口角が上がっていない

しっかりした高音を発するためには、口角を意識することも重要です。特に顎に力が入ってしまっている人は、口角が下がってしまい、きちんと発声できていない可能性が考えられます。通る声を出すためには、口角を上げて歌うようにしましょう。

自然に口角が上がった状態にするためには、母音を使ったトレーニングがおすすめです。「a」「i」「e」のときは笑顔をイメージして大きく口角を上げ、母音が「u」「o」の発音のときには強くすぼめたような口の形を意識すると良いでしょう。

高音が出る仕組みを知る

音の高さは声帯の振動の速さによって決定されます。一般的に声帯が長いほど声は低くなり、短いほど高くなりますが、これは声帯が震える速度が異なっているためです。女性の方が高い声を出しやすいのは、声帯のサイズが小さく、振動数が上がりやすいことに由来しています。

声帯は高音を出そうとするとき前後に引っ張られて薄くなるので、声帯が伸びる力を鍛えることで高い声が出やすくなるという特徴があります。だからこそ、ボイストレーニングが重要とされています。

高音を出すための練習ポイント

高い声を出すための練習は、コツを意識して取り組むことでより高い効果を期待できます。ただやみくもに声を張り上げるだけではなかなか成果が出ず、上達が遅くなってしまう可能性もあるので注意しましょう。

せっかくなら効果が高いトレーニングを積みたいものです。次に紹介するポイントを忘れずに日々の練習を続けることが大切です。

自分が出せる音域を知る

高い声を出そうとする前に、まずは自分の地声や裏声でどこまでの音域が出るのか知るところから始めると良いでしょう。限界地点がどこなのかを把握することで、トレーニングの方向性も見えてきます。

また、どこで地声から裏声に切り変わるのかを確かめておくことも重要です。裏声を使わないと声を出せなくなる部分のことを「チェンジ」と呼び、出したい音階によって鍛えなければならない筋肉も違います。自分の声をよく知ることが良い声を作ることにつながります。

母音で練習する

喉を開きやすくするためには、母音を使った発声トレーニングがおすすめです。発声練習に母音を使うと効果的だと言われているので、曲の歌詞をすべて母音に変換して歌ってみるなどの練習から始めてみると良いでしょう。

この練習法によって声量がアップしたり、滑舌を良くして発音がクリアになったりするなどのメリットがあります。なかなかトレーニングが続かないという人は、お気に入りの曲で練習するとモチベーションを保ちやすいです。

腹式呼吸を極める

高音が上手く出ない原因のひとつとして、腹式呼吸を上手く使えていない可能性があります。腹式呼吸を極めることで安定した声量が確保できるようになり、自然と高い声も出せるようになります。

声を出すときに腹筋を意識すると、必要以上に喉に力がかかりすぎることもなくなり、全身から力強く声を響かせることが可能になります。声帯への負担を減らすことにもつながるので、常に腹式呼吸を心がけて声を出すようにすると良いでしょう。

喉を開くことを練習する

喉の奥の空間に余裕を持たせることを「喉を開く」と表現します。喉が閉まっている状態は舌などが喉の奥を塞いでしまっているケースが多く、声量が落ちるので必死に声を張り上げなければ大きな声が出なくなってしまいます。

喉が開いている状態を感覚的に理解するには、あくびをしたときの瞬間を意識すると分かりやすいでしょう。また、喉を開いた状態を維持する具体的なトレーニングとしては、奥歯で割り箸を噛んで歌う、笑いながら声を出すなども有効な手段です。

リラックスすることが大事

「リラックスしている」とは、「身体に余計な力が入っていない」と言い換えることができます。不必要な力を入れないためには、動きを取り入れながら声を出して、リラックスしている感覚を掴むと効果的です。

たとえば上半身を左右に動かしながら歌ってみるなどの方法を試してみると、リラックスしているというのがどのような状態なのか体感できます。また、大きく息を吸ってから全身を脱力させるようにため息をつく方法もおすすめです。

高音を出すための男性向けコツ

男性が高音を出すトレーニングをするときは、地声が高いか低いかによって練習方法が変わります。また、裏声を出そうとするときにファルセットを使う場合も、しっかりと響く声を作るためには気をつけたいポイントがあります。

ここでは男性が裏声を出すときのコツや、地声が低い場合と高い場合に分けて、それぞれの注意点について紹介します。

裏声は息と一緒に前に出すイメージ

「ファルセット」とも呼ばれる裏声の技法をマスターすると、男性でも高い音を出すことが可能になります。ただし、この方法は大きな声量を出すことが難しいので、高い声を維持したまま張りのある声を出すように意識することが重要です。

ただのか細い声ではなく、きちんと歌として成立させるためには、息を前へ送り出すようなイメージで発声するように心がけると良いでしょう。しっかり声を支えることで、高い音を保つことができます。

地声が低い人の場合

女性に比べると男性の声質は高音を響かせにくいので、高い声を出すことに苦手意識を持っている方も少なくありません。それでも、トレーニングによって高音を出すことは十分に可能です。

母音の中で自分が発声しやすいと感じるものを使い、どこが限界なのかを把握することが大切です。その上で、徐々に高い音を出すようにステップを踏みましょう。いきなり高音を響かせようとすると難易度が高く思えますが、段階を追うことでハードルが下がります。

地声が高い人の場合

元から地声が高い人は、地声が低い人より高音を出しやすい傾向にあります。ただし、出したい音階が普段話している声とそれほど変化がない場合は、高い声は出せても上手く響かない歌い方になってしまいがちです。

響きが不足してしまう人は、声を前に飛ばすようなイメージで練習すると良いでしょう。声が喉の奥にとどまってしまい、きちんと外に出せていないことが多いので、しっかりと息を吐き出すことを意識すると良い響きに生まれ変わります。

高音を出すための女性向けコツ


女性は男性に比べると声帯が短く、高い声を出しやすいという特徴があります。個人差で地声の高低に多少の差はありますが、高音を出すための練習方法はどちらの人も共通です。

裏声よりもさらに高い音や、迫力のある高音を女性が出したいときはどうすれば良いのか気になっている人もいるのではないでしょうか。2つの観点からそれぞれ紹介していきます。

頭声発声の練習をする

女性は頭声発声を会得することで、透明感のあるハイトーンボイスを出せるようになります。「ヘッドボイス」とも呼ばれ、包み込むような大らかで美しい高音が特徴的な頭声発声は、オペラ歌手などもよく使っている発声法です。

トレーニング方法としては、肩幅に足を開いた状態で全身の力を抜き、遠くのものに声を届けるつもりで声を出すと良いでしょう。このとき、膝を軽く曲げて腰を落とした状態にするとより成功しやすいです。

響の焦点だけ顎に集めて息を吐き出す

迫力を感じさせるパワフルな高音を出すためには、息を吐くときに額を意識するのがポイントです。全身の響きを額に集中させるようにして、高い音を一息で吐き出すとパワーを感じる迫力ある歌声になるでしょう。

ヘッドボイスを使った美しく透き通るような高音も魅力的ですが、ロックなどの曲を歌いたいと思うこともあるでしょう。最大限に喉を開くことで芯のある声が出るようになり、太く響く声が必要な場合でも弱々しくならずに歌い上げることができます。

高音が出なくても個性は出せる!

高音を出すことさえできれば魅力のある声になれるのかというと、必ずしもそうとは言い切れません。自分の得意な音域を極めることで、高い声を出せなくても個性を出すことは十分に可能です。

もし、自分の歌唱力に自信がついてきたらMUSIC PLANETのオーディションを受けてみませんか。オーディションに合格するとひとりひとりに合わせたオリジナル曲が用意され、本格的なボイストレーニングを受けることができ、専属マネージャーによる万全のサポートも約束されます。

アーティストとしての魅力を最大限に引き出すためのさまざまな特典が用意されているMUSIC PLANETなら、デビューへの夢に向かって確実に歩むことができます。

まとめ

高音が出ない原因は、力みすぎて喉が閉まっていたり、息の使い方が間違っていたりすることにあることが多いです。リラックスして全身の力を抜き、腹式呼吸を使いこなすなどの方法で改善することができるでしょう。高音が出る仕組みと自分の声の限界地点を知って、自分に合った練習方法を選択することが大切です。

歌手としてデビューしてみたいと考えている方は、MUSIC PLANETのオーディションへ応募してみませんか。自宅にいながら簡単に申し込むことができるので、思い立った今この瞬間に夢への挑戦を始められます。

アーティストとしてのデビューに向けて、勇気ある一歩を踏み出す方の応募をお待ちしています。