• TOP
  • BLOG TOP
  • 未分類
  • 高音で声が裏返る4つの原因!ミックスボイスで裏返りが減るって本当?

ブログトップへ

高音で声が裏返る4つの原因!ミックスボイスで裏返りが減るって本当?

高音を出すとき、どうしても声がひっくり返ってしまう方がいます。場合によっては歌が下手な印象を与えてしまうかもしれません。「意図的でない裏声は出ないようにしたい」という方は多いのではないでしょうか。 そこでこの記事では、声が裏返る4つの原因と、裏返りを直す方法について紹介します。原因と対策が分かることで裏声・地声を上手に調節できるようになり、響いた高音を出せるようになるでしょう。

高音で声が裏返る原因

高音の裏返りは歌っているときだけではなく、話をしているときにも起こります。例えば、大声を出すと声が裏返ってしまった経験を持つ方もいるのではないでしょうか。 高音での声の裏返りは、技術不足や身体的理由が考えられます。高音で声が裏返る4つの原因を紹介しますので、チェックしておきましょう。

呼吸が安定していない

高音で声が裏返る原因のひとつは、呼吸が安定していないからです。低音でも高音でも、肺から出た空気を声帯で振動させることで声が出るのは同じですが、高音になると意識しすぎて息を吐きすぎる方がいます。 裏返りを防ぐには、横隔膜を上下に動かすことを意識した、正しい呼吸方法の習得が必要です。きちんとした呼吸方法を身につけることで、多くの空気を取り込めるようになり、呼吸が安定します。

喉が閉まっている

高音を出すときに喉が閉まっている方がいます。つまり咳払いをするときのような状態で発声しているため、喉の空間が狭まって裏返るというわけです。声が通る道に障害物があるのですから、息や声がまっすぐに出ないのは当然でしょう。 喉が閉まる原因としては、「力み」が挙げられます。首や肩などに力が入りすぎて筋肉が固まってしまい、喉の調節が難しくなるのです。裏返りを直すには全身をリラックスさせて、喉を開けるように意識しましょう。

声帯が疲労している

歌いすぎたり練習しすぎたりして、声帯が疲労しているケースもあります。声帯の表面は粘膜でできており、粘膜が傷つくと疲労状態になるものです。 一番の解決策は、練習をやめて声帯を休ませることでしょう。無理をするとさらに疲労が蓄積し、良いことはひとつもありません。 また、声帯の中には筋肉があり、筋肉疲労によっても高音が裏返ります。休憩は適宜取り、疲れがたまっていると感じたら無理は禁物です。

地声と裏声の切り替えができていない

地声と裏声の切り替えができていないと、裏声になりやすくなります。裏声には音域が広がるというメリットがありますが、結果的に声が裏返ってしまうようでは考えものです。 地声と裏声をうまく切り替えるには、まず自分の声質を知っておきましょう。地声が強い方は、張り上げないように声をコントロールします。逆に地声が弱い方は、地声を強化して裏声とのバランスを整えることで、声の裏返りを防げるでしょう。

裏返りをなくすなら知っておきたい3つの「声区」

声の裏返りを克服するためには、声のメカニズムを知っておきましょう。特に声区について理解しておくと、声の裏返り頻度が減ります。 ここでは、裏返りをなくすために知っておくべき3つの声区と、それに関わるブリッジ(喚声点)についてまとめました。声区とブリッジを正しく理解し、きれいな歌声にするための体の使い方を覚えましょう。

3つの声区とは?

声区とは声帯の震え方のことで、大きく分けると「頭声区」「胸声区」「中声区」の3つがあります。 ・頭声区 頭声区は高音域で、他の声区よりも声帯の震えが多いのが特徴です。頭の上で共鳴しているイメージがあることから「頭声」と呼ばれます。 ・胸声区 胸声区は低音域です。他の声区よりも声帯の震えが少なく、胸や腹で響かせるイメージから「胸声」とも呼ばれています。 ・中声区 中声区は、頭声区と胸声区の間にある声区です。頭声と胸声が交じり合った音域を指します。

歌ウマに大切な「ブリッジ(換声点)」

ブリッジとは声区の境目にある、橋渡しがある音域のことです。「換声点」とも呼ばれており、出すのが難しいといわれています。歌っているときに急に声が出にくくなったり、裏返ったりしたときは、多くの場合そこが「ブリッジエリア」です。 ブリッジでつまずく原因は、多くの場合間違った発声にあります。頭声区を出すには裏声、胸声区を出すには地声を使うことが一般的です。地声のまま頭声区を出そうとすると声帯に負荷がかかります。声区にあった発声と切り替えの仕方を身につければ、ブリッジでつまずくことなく、声が裏返ることも減るでしょう。

ブリッジ(換声点)をスムーズにするためには?

声区と声区が重なる場所にあるブリッジ(換声点)は、難易度が高い音域です。この橋をスムーズに渡るためには、ミックスボイスの習得が重要といえます。ミックスボイスとは、地声と裏声とをミックスさせた声のことです。 ミックスボイスを習得すると、力強い地声を出しながら滑らかな高音を響かせることも可能です。高音の裏返り改善が図れるため、歌唱力のアップには欠かせないテクニックだといえるでしょう。

ミックスボイスをマスターしよう!

高音を出すときの声の裏返りを減らすには、ミックスボイスの習得が近道です。そこで、ここではミックスボイスをマスターするための3つのステップを紹介します。喉に過度な負担をかけないためには正しい順序でトレーニングすることが重要です。歌唱力のアップにもつながるため、チェックしておきましょう。

ステップ1.地声と裏声を分ける

最初に行うのは、地声と裏声との分かれ目を知ることです。声質や地声の音域は人によって異なります。ミックスボイスは地声と裏声とを混ぜるわけですから、どの音の高さがブリッジとなるか把握しなければなりません。 まずは音の違いを聞き分けるために、100%の地声と裏声を出してみましょう。うまくできない方は呼吸方法を意識することです。このとき、どちらの声が弱いか強いかも認識できるため、弱いほうを重点的に強化します。自分の地声と裏声の認識を得たら、音階を徐々に上げてブリッジがどこの音にあるかを確認しましょう。

ステップ2.必要な筋肉を鍛える

次に、ミックスボイスを出す際に使う「甲状披裂筋」と「輪状甲状筋」という筋肉を鍛えます。甲状披裂筋とは声帯を閉じるための筋肉で、地声を出すときに必要です。鍛え方は、「あー」と大きな声を出した後、徐々に音程を下げます。このときに「ガラガラ」と音が出るまで続けましょう。 輪状甲状筋とは輪状軟骨と甲状軟骨の間にある筋肉で、声帯を間接的に引っ張る役割があります。鍛え方は、正しい姿勢で「ホー」と裏声を出すことです。輪状甲状筋を鍛えることで裏声が響くようになります。

ステップ3.地声と裏声を混ぜた発声をする

最後のステップは、地声と裏声を混ぜた発声をすることです。どちらの音も同じ声量を出せるように意識します。最初は小さな声でもよいので、地声と裏声を交互に出しましょう。自然に発生できるようになったら、徐々に音量を上げます。 地声と裏声を使い分けがスムーズにできるようになれば、ミックスボイスの完成です。高音と低音のバランスを意識しながら、発声練習を繰り返しましょう。

高音で声が裏返るのを防止するその他のコツ

高音で声が裏返るのを防ぐ方法は他にもあります。例えば、歌い出しの一音を意識することです。歌い出しで狂うと歌声が安定しなくなり、流れも悪くなった結果、声が裏返ることがあります。歌い出しには集中し、強めの声を出すようにしましょう。 息の流れに気を付けることも重要です。低い声から高い声につなげるときは、息の流れを一定にキープしましょう。唇を「ブルルル」と震わせるリップロールをトレーニングに取り入れると効果的です。

実力勝負!オーディションで歌手を目指そう

高音の裏返りはミックスボイスを習得することで減らせます。正しい発声練習や必要な筋肉を鍛えるなどし、少しずつでもよいのでトレーニングを継続しましょう。 高音が裏返らなくなった方や、もっと上を目指してみたい方は、オーディションに挑戦してみてはいかがでしょうか。ここでは、歌手デビューのチャンスがある「新人ボーカル発掘オーディション」を紹介します。

完全遠隔!「新人ボーカル発掘オーディション」とは?

MUSIC PLANETでは、本格的な歌手を目指す方を対象に「新人ボーカル発掘オーディション」を開催しています。「歌に力を、夢に軌道を。」をモットーに掲げ、歌が好きな方なら誰でも受けやすいオーディションにしているのが特徴です。 例えば、オーディションは対面でも遠隔でも受けられます。オーディションの開催地に通いにくい方は、スマホなどで録音した歌声を送信するだけでエントリー完了です。また、対象年齢は日本国籍または日本の永住権を持った20歳~49歳までの方と、幅広く門戸を開いています。

合格すれば豪華10大特典がもらえる!

「新人ボーカル発掘オーディション」に合格した方には、MUSIC PLANETが豪華10大特典を用意しています。特典の内容は以下の通りです。 ・有名プロデューサーによる個人面談 ・オリジナルの楽曲制作 ・オリジナル楽曲のカラオケ配信 ・プロトレーナーによるボイストレーニング ・プロカメラマンによるアーティスト写真撮影 ・公式サイトの制作サポート ・音楽配信サイトでの楽曲配信 ・ライブ出演のサポート ・マネージャーによるバックアップ ・専用ライブハウスの永久無料使用 どれも、歌手として活動するための大きな支えとなるでしょう。活動拠点は変更せずにサポートを受けられる点もポイントです。

まとめ

高音の裏返りは、喉の開き方や声帯の疲労などが関係しており、正しい姿勢や呼吸を意識することで減らせます。ミックスボイスが習得できれば、声が裏返ることはなく、歌唱力アップにもつながるでしょう。 声が裏返らなくなれば、歌声が安定している証拠です。そこで、腕試しにMUSIC PLANETが開催している「新人ボーカル発掘オーディション」にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。 感染症対策が整った会場で受けられる対面オーディションだけでなく、自宅からでも参加が可能なので、気軽に応募できます。参加費はかからず、必要なのは「歌が好き」という気持ちだけです。合格者には歌手活動を手厚くサポートする特典も用意しています。歌手を目指している方、腕試しをしたい方は、ぜひ応募してみてください。