ブログトップへ

高音を出すために鍛えたい3つの筋肉!トレーニングで歌ウマを目指そう

一生懸命、練習しているのに高音が上手に歌えないと悩んでいる方もいるのではないでしょうか。原因は筋力不足かもしれません。高音を出すのに関わりのある筋肉を鍛えれば、高音域でも安定した歌声になるでしょう。

そこでこの記事では、高音を出すために必要な筋肉の種類とそれぞれの役割、トレーニング方法を取り上げます。鍛えられた筋肉できれいな高音を奏でられるようになったら、次にステップにはどのようなものがあるかも紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

高音を出すために必要な3つの筋肉

歌声には喉や声帯周りだけでなく、顔や腹部などさまざまな場所にある筋肉が関わっています。安定した美しい歌声を出したいなら、それらの筋肉を鍛えることが不可欠です。

今回はその中から、高音域を美しく歌う場合に必要な「胸骨甲状筋」「輪状甲状筋」「腹筋」を取り上げます。まずは、それぞれのある場所や役割を確認しておきましょう。

胸骨甲状筋

胸骨甲状筋は喉にある甲状軟骨につながっています。甲状軟骨を引き下げる筋肉が胸骨甲状筋です。

甲状軟骨は声帯筋の動きにより移動する特性があり、高音を出そうとすると上がります。結果、気道が狭まり、息がきれいに通りません。しかし胸骨甲状筋を鍛えていると、上に移動しようとする甲状軟骨を引き下げ、気道を確保できます。

輪状甲状筋

輪状甲状筋は声帯筋(甲状披裂筋)を引き伸ばす働きをします。声帯筋が引き伸ばされることで音の高低が作り出されるため、輪状甲状筋は歌う上で欠かせない重要な筋肉です。

音の高低は声帯の隙間によって決まります。隙間が広ければ低音、狭ければ高音という具合です。輪状甲状筋の働きが不十分で声帯筋が伸縮しないと、音のコントロールができません。

腹筋

お腹周りにはいくつかの筋肉があり、それらはひとまとめに「腹筋」と呼ばれています。代表的な筋肉は腹直筋と腹斜筋ですが、歌声のために鍛えたいのは腹斜筋です。腹斜筋は腹直筋より内側にあり、内臓を保護し支える役目があります。

腹斜筋はいわゆるインナーマッスルで、腹式呼吸に関わる重要な筋肉です。歌う上で腹式呼吸は避けて通れません。上手に歌いたいなら腹斜筋のトレーニングは必須といえます。

3つの筋肉を鍛えるメリット

歌声の良しあしは、主に音色(声質)と音程、そして息の流れが関係しています。音色は体型や顔の造りなどで決まる部分があるため、磨くことはできても変えることはできません。

しかし、音程と息の流れは違います。筋肉でコントロールでき、努力次第で変えることは可能です。どのように変えられるのか、詳しく説明します。

胸骨甲状筋を鍛えるメリット

美しい歌声を奏でるには、息をスムーズに通し、体の中で響かせなければいけません。体の内部には声を響かせる空洞がいくつもあります。その空洞を効果的に使ってたくさん響かせる、つまり共鳴させることがきれいな音色の条件です。

胸骨甲状筋は、その空洞を広げるために鍛えます。天井が高く広い室内では声が響きやすいのと同じです。胸骨甲状筋を鍛えて息の通り道である咽頭腔を広げると、響きの良いきれいな歌声が出ます。高音域も楽に歌えるようになるでしょう。

輪状甲状筋を鍛えるメリット

音の高低には空気振動の速さが関係しています。高音を出したいなら、声帯で作り出される空気振動が速くなければいけません。この速度に関わる筋肉が輪状甲状筋です。

例えば、ゴムの端と端を左右の手で引っ張り、誰かにはじいてもらうとゴムは揺れます。このとき、引っ張る力を強めてはじくと、ゴムの揺れは速くなることが確認できるでしょう。

声帯でも同じことが起きます。輪状甲状筋が声帯筋をしっかり引き延ばせれば、声帯が震える速度も速くなり、高音が出るという仕組みです。

腹筋を鍛えるメリット

腹筋(腹斜筋)と横隔膜は連動しているため、腹筋を鍛えると腹式呼吸がうまくなります。横隔膜を下に引っ張ってたくさんの空気を取り込めるようになり、声量が安定するでしょう。腹式呼吸の要は横隔膜のコントロールであり、そのために腹筋は欠かせないということです。

また、腹筋には姿勢を支える役割もあります。姿勢が良さは呼吸の深さにもつながりますから、腹筋の強化は歌の上達につながる重要ポイントです。

高音を出そう!3つの筋肉のトレーニング法

ここでは、胸骨甲状筋、輪状甲状筋、そして腹筋のトレーニング法を紹介します。トレーニングの成果は見た目の変わりようではなく、歌声で確認できるでしょう。

トレーニングを進める上でのポイントは、その目的やプロセスが自分に合っているか確かめることです。この点が曖昧だと、間違った方向に努力してしまう恐れがあります。また、痛みや違和感がある場合には一旦中止しましょう。他に適したやり方があるかもしれませんので、無理は禁物です。

胸骨甲状筋のトレーニング

胸骨甲状筋は喉仏を下げるトレーニングで鍛えます。最初のステップは、鏡を見ながら大げさに「ゴ」と言うだけです。「ゴ」と言った瞬間、喉仏は下がります。この、喉仏が下がる感覚をつかみましょう。喉仏の動きが見えにくいという方は、喉仏を指で触りながら確認するのがコツです。

感覚がつかめたら、今度は声を出さずに喉仏を下げてみましょう。10回やったら小休止を取り、1日3回を目安に続けます。

輪状甲状筋のトレーニング

輪状甲状筋は、裏声の発声を繰り返すトレーニングで鍛えます。自分が無理なく出せる高めの音を設定した後、「ホ」の発音をゆっくりとした4拍で繰り返しましょう。音を当てるのではなく、息漏れが伴うファルセットをイメージするのがポイントです。音量は小さく、しかし同じ音量で伸ばします。

はじめは音が太くなったり細くなったりと、安定しないでしょう。輪状甲状筋が鍛えられてくると、一定の太さで高音を持続できるようになります。

腹筋のトレーニング

腹筋トレーニングのおすすめは2つあります。ひとつ目は、仰向けの状態で行うレッグライズです。真っすぐに伸ばした両足を45度の高さまで上げ、10秒カウントします。その後、15度の位置まで足を下ろし、さらに10秒カウントしましょう。再び45度の高さに上げ10秒カウント……を繰り返します。

もうひとつは、うつ伏せの状態で行う前腕プランクです。肘から手首の間と、足のつま先だけを床に付け、体を浮かせて30秒キープします。

手のひらは床に付けても、こぶしを握っても構いません。10秒の小休止を入れながら、3セット繰り返し、慣れてきたら回数を増やします。

歌と筋肉の関係性

歌声を作り出すメカニズムは管楽器と同じです。「息がしっかりと通ること」「音程のコントロールができること」「共鳴すること」は、きれいな音色を奏でる基本条件となっています。これら全てに関わるのが筋肉です。

ボイストレーニングは「声の特訓」と訳せますが、実際には「声を作り出す筋肉の特訓」と言い換えられます。筋肉がなければ体をうまく使えず、声のコントロールもできません。体という管楽器を使いこなせるよう、筋力トレーニングにも力を入れましょう。

こんな人にはトレーニングがおすすめ!

「歌うための筋力トレーニングが不要」という方はほぼいません。それほど基本的なもので、歌の上達を目指す全ての方におすすめするトレーニングです。

あえておすすめする方を特定するなら、「高音が出ない」「音程がずれる」「息がもたない」といった悩みを持つ方でしょう。「ピッチが低い」「するつもりがないのにビブラートがかかってしまう」などの悩みを抱える方も、筋肉を鍛えることで改善するかもしれません。

これら以外にも、上達が遅いと感じている方は、筋力トレーニングの比重を上げてみましょう。

トレーニングの効果をオーディションで発揮しよう!

筋肉を鍛えるトレーニングは地味で根気のいるものです。しかし、成果は歌声に表れます。自分の歌声にどれくらい魅力があるのか、どのように評価されるのか、試してみたくないでしょうか。

ぜひ、MUSIC PLANETの「新人ボーカル発掘オーディション」にチャレンジしてみてください。誰でも気軽にトライできるオーディションで、歌手デビューへの道が開けるかもしれません。

自宅で歌手になる!「新人ボーカル発掘オーディション」

MUSIC PLANETの「新人ボーカル発掘オーディション」では、感染症対策を万全に整えて行われる対面での審査の他、自宅から簡単にエントリーできる完全遠隔オーディションも行っています。

合格した場合の活動拠点は東京、大阪、福岡、北海道などいくつかの都市から選べるため、自宅から歌手デビューすることも可能です。全国デビューはもちろん、「地元に根差した歌手になりたい」「仕事を続けながら小規模な音楽活動をしたい」など、さまざまな夢をサポートしてくれます。

完全遠隔オーディションの流れ

完全遠隔オーディションは、インターネットからいつでも申し込み可能です。申し込み後、事務局から録音した音源の提出を求められるので、データで送信すれば完了します。音源の録音に高度な機材は必要なく、スマートフォンなどでも十分です。動画でも音声のみでも構いません。

書類審査はなく、日本人または日本に永住権を持つ20歳~49歳の方なら、どなたでも応募できる対象の広さが特徴です。年齢のために夢を諦めたという方にもチャンスは広がっています。

合格者には豪華特典&活動サポート!

合格した方には、審査を担当したプロデューサーから動画でアドバイスがもらえます。現役で活躍するプロからの視点は貴重なものです。自分では気付けなかった短所や長所、そして新たな可能性を教えてもらえるかもしれません。

他にも、プロのクリエイターと行うオリジナル楽曲の制作、専属マネージャーによるサポート、公式オリジナルサイトの開設、ライブ支援など、歌手デビューを支えるさまざまな特典が用意されています。

まとめ

高音域を美しく歌うためには、筋肉を鍛えるトレーニングが必要です。着実な努力で安定した歌唱力が身についたら、MUSIC PLANETの「新人ボーカル発掘オーディション」で腕試ししてみましょう。

MUSIC PLANETは「歌が好き」というひたむきな思いをサポートしています。何度でも気軽にトライできる「新人ボーカル発掘オーディション」で、歌手デビューへの第一歩を踏み出しましょう。実力派の音楽プロデューサーと手厚いサポート体制で、あなたの夢を後押しします。