ブログトップへ

高音を張り上げてしまう!ボーカリストがぶつかる壁をクリアするための練習方法

歌を歌っている最中に高音を出そうとすると、声を張り上げてしまう方がいます。テクニックのひとつとして使うなら別ですが、そのような方法でしか高音が出ないのは好ましくないため、克服したいという方もいるのではないでしょうか。

きちんとした練習方法で歌えば、好ましくない声の出し方は改善できます。張り上げずに高音を出せるようになれば、喉への負担も減らせるでしょう。そこでこの記事では、力まずに高音を出す方法について紹介します。

高音を張り上げてしまう!これって治すべき?

高音を出すときに声を張り上げて歌う歌い方には賛否両論あります。力強く発声する練習は必要な一方で、喉を痛めてしまう危険があるからです。しかし、中には高音を出すには声を張り上げないと難しいという方もいるでしょう。

自分の歌い方が「張り上げ」だと知らずに歌っている方もいるかもしれません。自分がどのような歌い方をしているのか、一度確認してみるとよいでしょう。ここでは、声を張り上げる歌い方について説明します。

「張り上げる」とは?

声を張り上げる歌い方についての明確な定義はありません。やや感覚的な表現になりますが、息の力などで強引に声を上げるような歌い方は「張り上げ」だと認識してよいでしょう。張り上げる歌い方は喉に負担がかかるため、苦しいと感じたら「張り上げている」と判断できるかもしれません。

自分では気づきにくいケースも多いことから、カラオケなどで第三者に聴いてもらって判断する手も有効です。自覚がなくても、歌声を聴いている人が「張り上げ」だと感じれば改善の余地があります。

高音で声を張り上げる人が多い理由

声を張り上げないと高音が出ない場合、適切な発声練習を積んでいないことが原因となるでしょう。必要なのは、お腹から声を出す腹式呼吸での練習です。腹圧をきかせた発声をマスターすれば、高音パートでも息の量を減らして歌えるようになるでしょう。

一方、喉から声を出す歌い方に慣れている方は、口の中で声がこもってしまいます。結果、マイクに声をのせるせるために、必要以上に声を張り上げてしまうという訳です。

プロと素人の張り上げの違い

同じ声の張り上げでも、プロと素人とでは明確な差があります。プロの歌手は「ベルティング」といって、張り上げをテクニックのひとつとして使っているからです。喉をリラックスさせたまま、力強く張りのある高音を出すテクニックを持っています。

ベルティングはミュージカル俳優や世界的に人気の歌手も使用しており、聴いたことがある方もいるのではないでしょうか。素人のように高音で声がかすれることはなく、安定した聴きやすい歌声なのが特徴です

張り上げて歌った際のデメリット

自分流の歌い方できちんと歌えているのだから、声を張り上げた歌い方でも問題がないと思っている方もいるかもしれません。しかし、高音パートでの声を張り上げには複数のデメリットがあります。デメリットには歌手活動を脅かすものもあるので、きちんと理解しておいたほうがよいでしょう。

喉を痛める

高音パートで声を張り上げる歌い方は、喉を使って発声している方に多く見られます。どうしても喉に力が入ってしまうため、喉を痛めてしまう可能性が高いといえるでしょう。

長く喉に負担をかける歌い方を続けていると、声がかすれるだけでなく、声が出なくなる危険性もあります。歌手を目指している方には致命的です。正しい発声方法を心がけるようにしましょう。

苦しそうに聴こえる

張り上げて歌う歌い方は喉に負担がかかるため、声が不安定に聴こえることがあります。自分では無理していなくても、聴いているほうからすると苦しそうな印象を持つものです。歌声で人々を感動させる職業として、マイナス評価は避けられないでしょう。

聴き手が心地よく感じる伸びのある声は、喉を使って発声するよりも、お腹を使うほうが出せます。歌手を目指すのであれば、腹式呼吸はマスターしておきましょう。

癖になってしまう

偏った歌い方を続けていると、それが癖になる恐れがあります。癖とは怖いもので、一度癖付くと矯正するのに時間がかかるものです。

張り上げて高音を出す歌い方は喉に負担がかかるため、これが癖になるのはリスキーだといえます。声を張って歌っていると自覚した時点で、正しい発声方法や歌い方を練習しましょう。

張り上げを防ぐための練習方法

声を張り上げて歌う発声にはデメリットが付きまといます。プロの歌手がテクニックのひとつとして使うなら問題ありませんが、そうでないうちは練習して改善したほうがよいでしょう。

ここでは、具体的にはどのような練習方法があるのかを紹介します。地道に繰り返す必要がありますが、諦めずに続けることが大切です。

共鳴を練習する

声が共鳴していく体の部位をイメージしながら発声してみましょう。共鳴する体の部位とは、胸・口腔・頭蓋骨の3つです。音の高低によってイメージする場所を変えることで、伸びやかに発声できるようになります。それぞれの音域を共鳴させる身体の部位は次のとおりです。

・低音パートは、胸部
・中音パートは、口腔
・高音パートは、頭蓋骨

低いパートから発声し、徐々に音域を上げて声を共鳴する場所を変えていきます。胸から口へ、口から頭へと、声が共鳴する場所が移動していくのをイメージするのがコツです。

力を抜いて発声する

声を張り上げて歌うと、表情筋や喉の筋肉に力が入ってしまいます。力みは余計な緊張を生み出す恐れがあるので、リラックスして発声することを意識しましょう。最初は難しいかもしれませんが、次第に程よく力が抜けていきます。具体的な練習方法は次のとおりです。

1.顎をあげて上を向く
2.口を開けて力を抜く
3.そのまま顎を下げて、正面を向く
4.口を動かさないように力を抜いて発声する

感覚をつかめたら、唇を動かす「ま行」や「ば(は)行」、舌を動かす「た行」や「ら行」の発音をしてみましょう。

小さな声で歌う

声を張り上げて歌っていたパートを、逆に小さな声で歌ってみることも効果的な練習方法です。勢いに任せて歌っていた場合、声量を絞ることで「声を張り上げなくてもよい感覚」をつかむ練習になります。

声を張り上げて歌う癖がついている方は、普段の力みが強かったことに気付くきっかけにもなるでしょう。高音を出すのに余計な力みは必要ありません。音が上がっても声量を上げすぎず、音階を意識して歌ってみましょう。

正しい発声が歌手への近道!

正しい発声方法を習得すれば、歌手のような伸びのある歌声を披露できます。適切にトレーニングすることでスタミナがつき、続けて歌っても息切れしないタフネスも身につくでしょう。

加えて歌の表現力もアップするため、聴き手を感動させる歌い方に近づけます。自己流を貫いて個性を磨くこともときには大切ですが、プロの歌手として活動したいなら正しい発声方法を習得するのが近道です。

自信がついたらオーディションへチャレンジしよう!

発声方法をマスターできたら、オーディションへ応募して腕試しをしてみてはいかがでしょうか。応募の方法や合格後の特典などは、オーディションを実施している運営元によって違います。ここでは、おすすめのオーディションについて紹介します。

まずは無料オーディションにチャレンジ

オーディションは、無料で受けられるものもあれば、応募費用を払わないと受けられないものもあります。
気になるオーディションがあれば有料・無料を問わず応募しても構いませんが、初めての方は無料のものからチャレンジすることをおすすめします。金銭的負担がなく、結果が不合格でも次への切り替えがしやすいためです。

自分にあったオーディションを選ぶ

オーディションといっても、さまざまな種類があります。歌手やタレント、俳優など多種多様です。さまざまなジャンルのアーティストを募集しているオーディションがあっても、自分が目指している道の専門のオーディションを受けましょう。

歌手オーディションでもジャンルはさまざまですので、自分の思い描く将来像に近づけるオーディションを選ばなければなりません。合格者の実績や募集要項を確認して、自分の理想とする活動に近付けるかをよく吟味しましょう。

MUSIC PLANETの新人ボーカル発掘オーディションとは?

歌手を目指している方におすすめのオーディションは、MUSIC PLANETの新人ボーカル発掘オーディションです。無料で開催されている上、音声データを提出するだけで受けられるので、自宅にいながら夢に挑戦できます。

求める歌手像は幅広く、心身ともに健康な20~49歳の日本人または日本に永住権がある方なら経験不問です。

合格者すれば全国各地で豪華なサポートを受けられるのも特徴でしょう。専用のマネージャーが付き、音楽プロデューサーがオリジナル楽曲を作曲してくれる特典などを得られます。デビュー後は、オリジナル楽曲の配信、WEBサイト公開、ライブ出演支援などのフォローもあるため、歌手を目指す方にはうってつけのオーディションではないでしょうか。

まとめ

声を張り上げて歌うと喉への負担が増します。高音パートを歌うときに息苦しく感じている方は、発声方法を改善しましょう。本気で歌手を目指しているなら、特に注意することをおすすめします。癖になっていると抜けにくい可能性もありますが、諦めずに正しい発声方法で練習することが大切です。

張り上げずとも高音が出せるようになり、自信が付いた方は、歌手としての道が開けるオーディションを受けてみてはいかがでしょうか。オーディションは数多くありますが、MUSIC PLANETが開催している新人ボーカル発掘オーディションは、歌手デビューへのサポートや特典が豪華な点が魅力です。

応募は無料な上、遠隔で応募した場合はスマホなどに録音した音声データを送るだけでエントリーできます。歌手の夢を夢で終わらせたくない方、自宅からでも夢の一歩を開けるMUSIC PLANETのオーディションに挑戦してみませんか。