ブログトップへ

オーディションにミスや失敗はつきもの!不合格になっても気にしすぎない方法とは

オーディションを受ける上で「落選したらどうしよう…」といった不安は誰でも抱えているものです。そういった気持ちから、ミスや失敗をしてしまう人も少なくありません。

また、能力が高くともオーディションの主催者側との趣旨と合致をしていなくて、それが原因で落選してしまう人も多くいます。

しかし、オーディションというのは落選を気にしていても仕方がありません。ミスや失敗を恐れずに、全力でオーディションに臨めるようにしていきましょう!

1.ミスは誰でもする!オーディションでの主な失敗要因とは?

オーディションでの失敗やミスはつきものです。正直なところ、どんなに能力が高い人であってもオーディションで失敗したことがないという人は少ないのではないでしょうか?

オーディションというのは、かなり独特な雰囲気がありますし、多くの人は緊張をしてしまいます。そういった雰囲気に飲まれてミスをしてしまうのはよくあります。

では、オーディションではどういったミスが主に目立つのでしょうか?

1-1.主催側の趣旨とかけ離れている

それぞれのオーディションには、求められている人材はあります。簡単にいうなら、女性ダンスグループのメンバーを募集しているオーディションがあったとします。

このようなオーディションで求められているのは、女性であってダンスが上手な人を求めているでしょう。このオーディションに歌が上手な男性が参加すればどうですか?

ほぼ合格することは不可能ですね。このように、主催側が求めているものと、分の特徴などが異なっている場合に関しては受けてもほぼ合格することはありません。

こういったミスというのは、オーディションを選ぶ時点での失敗です。受けるオーディションの趣旨をしっかりと理解して自分が受けるオーディションを選びましょう。

1-2.既存アーティストのモノマネになってしまっている

すでに有名になっているアーティストなどのモノマネになってしまっているというのも、オーディションではよく見られるミスの一つです。

あなたには、憧れているアーティストや芸能人の方はいますか?そういった方をリスペクトするあまり、どうしても無意識のうちにモノマネになってしまう人は少なくありません。

オーディションというのは、誰かに似ている人というのは印象が良くありません。求められているのは、その人のオリジナリティです。

誰かの真似をしている時点で、オーディションの審査員からは見向きもしてもらえないので、しっかりと自分の魅力を引き出せるようにしていくことが重要なのです。

2.オーディションでは予期しないミスやハプニングが発生することも

オーディションに臨む際に、いくら入念に準備をしていたとしても予期しないミスやハプニングが起こるのはよくあることです。

globeのKEIKOさんのエピソードをご存知でしょうか?globeといえば、日本を代表するアーティストグループといっても過言ではありません。

そんglobeのボーカルであるKEIKOさんは、globeのオーディションでステージで歌を歌う際にイントロのときにステージから落下してしまうといったハプニングに見舞われます。

まさか、本人もいきなりステージから落ちるなんて予想もしていなかったでしょう。普通であれば、この時点で対応できずに歌も歌えないかもしれません。

しかし、KEIKOさんは何事もなかったかのようにステージに上り歌を歌いなおしました。結構有名な話で、当時の映像も残っているので見たことがる人も多いかもしれませんね。

3.オーディションでの予期しないミスやハプニングは挽回可能

KEIKOさんのハプニングに関しては、誰もが想像できなかったことでしょう。しかし、そういったハプニングの中でも、動じずに歌を歌い始めたKEIKOさん。

その姿にプロデューサーの小室哲哉さんは「ガッツのある子だ」といった好印象を持ちました。KEIKOさんはこのハプニングを味方に変えたということです。

このエピソードから学べることは、予期せぬミスやハプニングが起こったとしても、とにかく慌てずに良いパフォーマンスをすることだけを考えましょう。

ミスやハプニングというのは、起こってしまったのであれば、もうどうすることもできません。それよりも、その中でいかに自分のパフォーマンスを伝えることができるかが重要なのです。

逆にですが、あらかじめオーディションなどでの大舞台では、何かが起こるといったことを想定しておくと良いかもしれません。

そうしたことを踏まえてイメージトレーニングやシミュレーションを行っておくことで、予期せぬミスやハプニングが起こったとしても、動じずに自分のパフォーマンスに集中することができるでしょう。

4.オーディションのミスや失敗は引きずらないで次に進もう!

オーディションに合格する人というのは、本当に限られている人です。合格する人よりも、不合格する人が多いのは当然のことですね。

もちろん、合格する人というのは実力や能力が高いといった部分もあるのですが、それよりも運やタイミングによるところも非常に大きいといえるでしょう。

ですので、まずオーディションを受ける上で落選することを恐れてはいけないのです。ミスや失敗も同じであり、例え大きなミスや失敗をしても引きずってはいけません。

オーディションに関しては、何度も挑戦してその中で自分を成長させて次に繋げていくのが基本です。ですので、受ける上で落選は当たり前といったくらいの気持ちが必要です。

それだけ開き直ることができれば、失敗やミスも気にならなくなるでしょうし、逆に気持ちが楽になるので失敗やミスが大きく減ることが考えられます。

大事なことは、次は絶対に失敗やミスは許されないと考えるのではなく、今回の失敗を元に次は今以上のパフォーマンスを出すにはどうすれば良いのか?ということです。

七転び八起きといった言葉があるように、失敗をそのまま受け止めるのではなく、いかにその失敗を次に生かすかが重要になってくるのです。

オーディションでの落選やミス、そして失敗を次に生かせる人というのが、オーディションの合格率をどんどんと高められる人なのです。

5.おすすめ歌手オーディション!オーディションに興味がある人はチャレンジしてみては?

オーディションを受けるならミスや失敗、またはそれに伴う落選を気にしていては本来の実力を発揮することはできないでしょう。

とにかく何度もオーディションを受けることで経験値を高めて、実力の向上と共に度胸を磨いていくことも大事なことだといえます。

最後に、失敗やミスを気にすることなく受けることができるオーディションをご紹介していきます。そのオーディションというのは、MUSIC PLANETの歌手オーディションです。

これからオーディションにチャレンジしてみようと考えている方には、非常におすすめできるもので、本格的な音楽活動を行いたい人はぜひ受けるべきでしょう。

色々なところで口コミなどを通して話題になっていて、応募の検討をしている歌手志望の人たちが続々と増えているようです。

なぜ、このオーディションがそこまで人気があるのか?その秘密は、合格した際の豪華な特典とサポートが魅力的だからではないでしょうか?

合格者には、審査員となる有名音楽プロデューサーからオリジナルの楽曲を提供されて、CDの制作までも行ってくれます。

歌手の武器となり、自分のオリジナル曲ができるというのは、かなり大きなことであり、一歩歌手になる夢へと近づけるのではないでしょうか?

MUSIC PLANETは本気で歌手になりたい人を全力でサポートしています。勇気をもって、ぜひこちらのオーディションにチャレンジしてみましょう!