• TOP
  • BLOG TOP
  • オーディション
  • 40歳で歌手オーディションを受けるのは無謀?歌手オーディションの年齢制限について解説!

ブログトップへ

40歳で歌手オーディションを受けるのは無謀?歌手オーディションの年齢制限について解説!

いつまでも夢を持つことは素敵なことであり、いくつになっても自分が本当にやりたいことを諦めきれないといった方も多いのではないでしょうか?

昔から歌うのが好きでずっと歌手になることを夢見てきた…。しかし、気付けばもう40歳…、ここまでの年齢になったら歌手になる夢を諦めなくてはいけないのでしょう?

ここでは、40歳でも参加可能な歌手オーディションや、遅咲きだが現在も活躍中の歌手の方も紹介していくので、40歳からの歌手を目指している方は是非熟読ください。

1.40歳で歌手オーディションを受けたら浮く?オーディション会場にいる人の平均年齢とは

40歳からの歌手オーディション、年齢に引け目がある人からすれば「本当に参加して大丈夫?」と不安に感じてしまうこともあるでしょう。

しかし、実際に年齢問わず歌手を目指している方というのは非常に多くいますし、歌手オーディションの会場に行けばわかりますが年齢が高い人結構います。

もちろん10代20代と若い年齢の方が多いのは間違いありませんが、40歳だからといって遠慮する必要もありませんし、堂々とオーディションを受けるべきでしょう。

また、歌手を目指す上で年齢というのは、本人がどう考えるかによるところも大きく、20代後半で歌手を目指すのなんて遅いと考える人もいます。

40歳から歌手を目指す場合でも、本人が「まだやれる!遅くない!」と考えればその通りですし、歌手オーディションで浮く心配もありません。

ただし、オーディション会場には若い人が多いというのは事実です。なぜなら、歌手オーディションには年齢制限があるものも多いからです。

2.開催中の歌手オーディション、年齢制限はどのくらい?

開催している歌手オーディションには、それぞれ年齢制限がある場合が多いです。10代から20代前半までを募集しているオーディションや、年齢は問わないオーディションまでがあります。

歌手オーディションなんて10代や20代などの若い年齢制限ばかりのオーディションだと思われるかもしれませんが、年齢を問わなかったり、10代から60代と幅広い年齢を募集しているオーディションもたくさんあります。

アイドルオーディションのようなものであれば、年齢制限が低くなるのも頷けますが、純粋な歌手を募集しているオーディションでは、幅広い年齢層の方が挑戦できるものが多いようです。

3.歌手デビューに年齢は関係ない!遅咲きだったと言われる歌手をご紹介します

歌手になるのに年齢が遅いのはやっぱり不利…と感じてしまっている方に向けて、遅咲きだったと言われている歌手の方をご紹介していきます。

現在活躍中の歌手の方が多いので、40歳から歌手を本気で目指したいと考える人にとっては希望の光となるのではないでしょうか。

3-1.木山裕策

愛する家族、そして子供たちへの思いを歌った「HOME」という曲をご存知でしょうか。この曲を歌っている歌手は木山裕策さん、彼のデビューは39歳です。

彼は、昔からバンド活動を行っていましたが、デビューすることなく一般の会社員として働いていました。そして、家庭も持ち子供4人に囲まれた幸せな日々を送っていたといいます。

そんな彼を37歳の時に病が襲います。甲状腺に腫瘍が見つかり、その摘出手術を受けることになったのですが、最悪声がもう出ることがないかもしれないといった宣告をされてしまったのです。

それを聞かされた彼は、自分の本当にやりたい夢を思い出し歌手になろうと決意しました。そして、オーディション番組に出演して見事デビューへの切符を手に入れたのです。

その後は紅白にも出場するなどの大活躍も見せました。まさに遅咲きであり、40歳から歌手を目指す人のお手本となるような人ともいえますね。

3-2.秋元順子

秋元順子さんの話を聞けば、40歳で歌手を目指すのなんて全く遅くないと確信できることでしょう。彼女がデビューした年齢は、なんと58歳です。

彼女はしばらく辞めていた音楽活動を再開して、歌手を地道に続けていました。そして、インディーズからではありますがCDをリリースします。

その曲が同年代から支持を受け始め、次の年には紅白歌合戦への出場も果たすのです。もちろん、紅白歌合戦では歴代の初出場最高年齢となります。

秋元順子さんのように、年齢関係なく夢は絶対に叶うのだと信じて努力を続ければ、本当に叶うということを自ら体現している人といえます。

3-3.綾戸 智恵

ジャズピアニストでもあり、シンガーとしても知名度の高い綾戸智恵さんも、遅咲きの歌手として広く知れ渡っています。

彼女のメジャーデビューは41歳、まさに40歳から歌手を目指している人の憧れの的といっても過言ではありません。

また、彼女は歌手としての才能だけではなく、軽快で絶妙なトーク能力も持っており、女優として活躍する場面もあります。

遅咲きの歌手として活躍をしながら、歌手以外の部分でも才能を見せつけるなんて、非常に尊敬できる存在といえますね。

4.歌手オーディションを受けるのに40歳が遅くない理由

ここではっきりさせておきおたいのは、歌手オーディションを受け歌手を目指すことに年齢は関係なく、40歳でもまだまだ歌手を目指すべきであるということです。

というのも、現在歌手に憧れて歌手オーディションを受ける人たちというのは、10代や20代という若い年齢の人が多いのは間違いありません。

スター性や、早い飲み込み、柔軟性などやはり若い人に有利なのは間違いないでしょう。しかし、今の芸能界というのは、年齢というよりもどれだけ良い人材なのか?といったところに重点をおいているようです。

昔は、オーディションや新人歌手などに対して莫大な費用と掛けることができていましたが、今の時代は不況であり、そういった面に関して予算を回せない事務所も多いのです。

ですので、年齢に関わらずに人間的に魅力や才能がある歌手がオーディションに受かりやすい傾向にあるといえます。

また、歌手オーディションには年齢制限がないオーディションも多数開催されているので、年齢ではなくその人の実力と魅力でチャンスをものにできる時代になっているのです。

5.40歳でも受けられる歌手オーディションをご紹介!

40歳から歌手を目指し、これからオーディションを受けようと考えている人にぴったりの歌手オーディションをご紹介していきます。

5-1.新人ボーカル発掘オーディション2018

こちらのオーディションは、まだ世に出ていない宝の原石を発掘して、それをプロデュース唯一無二の最高のアーティストを作り上げるプロジェクトを行っているミュージックプラネットが企画をしているオーディションです。

年齢制限はあるものの、20歳~49歳と非常に幅広く40歳から歌手を目指している人は確実に受けておくべきオーディションとなるでしょう。

合格することができれば、有名プロデューサーから自分だけのオリジナル楽曲を提供してもらうことができ、そのCD制作、またその楽曲でのLIVE出演も決まっています。

さらには、強力なバックアップ体制の元、経験豊富なプロのボイストレーナーから本格始動も受けることができるので、さらに自分の歌唱力を高めることができます。

開催場所は東京と福岡、普段都会に住んでいない九州の方にもチャンスがあり、合格後は合格した地域を主戦場として活動していくことができます。

40歳からの歌手オーディション、非常に不安はありますが、そこで一歩踏み出さなければ夢は掴めません。是非新人ボーカル発掘オーディション2018に挑戦してみましょう!