ブログトップへ

タレントになるためのオーディションの探し方と受け方まとめ

今やユーチューブなどやSNSを使って人気が出て、素人の人がテレビでも活躍するようになる世の中、それでもやはりテレビに出て知名度を上げるにはタレントのオーディションに参加してグランプリを取ったり、芸能事務所に認められて契約することが重要になってきます。しかし、そもそもタレントになるためのオーディションとはどこで募集していて、どんなことをしているのでしょうか。

タレントになりたくても実際はどうやってなったらいいかわからない人も多くいます。
今回はそんなテレビでも人気が出るようなタレントになるためのオーディションの探し方からオーディションを受けるためにすべきこと、心構えなどを紹介していきます。

1.タレントのオーディションの探し方

まず、タレントになるための一般的な道のりとしてはオーディションを受けて、事務所に入ることか、芸能事務所の人にスカウトされることです。もしくはタレント養成所や芸人の専門学校に入るという手もあります。
女優のオーディションなどであれば可愛いことが重要だったり、演技力や歌唱力が重要になってきますが、タレントというと大きいくくりの中では逆に大きすぎて何をしていいかわからない人も多いのではないでしょうか。
主にタレントになるためのオーディションの探し方は3つあります。
まず一つ目は雑誌から探すことです。
雑誌というのは週刊で発行されているような雑誌の広告の部分でも探すことはできます。
しかし、それではあまりに少ないですし、見つけるのが困難な上に情報も少ないのでオーディション専用の雑誌を買うのがおススメです。
オーディションの雑誌というのは全盛期に比べるとかなり少なくなっています。しかし、大手の雑誌は何冊か発行されており、その中でも白夜書房から発行されているAuditionという雑誌がおススメです。
Auditionにはタレントのオーディションの他にも演劇や歌手のオーディションの情報が掲載されています。
Auditionはオーディションの情報が掲載されている雑誌では一番メジャーであり、毎月1日に発売されているので定期的に購入しやすいです。
また、Auditionには気になったオーディションをそのまま受けるための履歴書が同封されています。
そのため、新たに履歴書を買わずにAuditionを購入するだけで済むので便利です。
次にタレントのオーディションを探す手段はインターネットを使う方法です。
最近ではこのインターネットからオーディションを探すのが主流であり、芸能事務所のサイトや「オーディション」と検索することでいくつも発見することができます。
オーディション情報サイトはたくさんありますが、その中でも特におススメなサイトはStarbankです。
Starbankはあらゆるオーディションの情報が網羅されているサイトであり、先に自分のプロフィールやどんなオーディションに受けたいのかを選んでおくことで、オーディションに簡単に受けることができますし、複数のオーディションに遅れるので便利です。
ネットを使うことで毎回履歴書を書くという意外に面倒な手間を省くことができるので、無駄な努力が無くなります。
ただしStarbankではタレントのオーディションももちろんありますが、アイドルや女優、レースクイーンなどを多く募集しています。
なので、毎日サイトに訪れることでかかさずチェックして自分が受けたいオーディションを見逃さないことが非常に重要です。
Starbankのもう一つおススメの点と言えば特定の芸能プロダクションに所属していない人や契約していない人の方が優遇されることです。
この優遇措置があることでバックに誰もついていないフリーの人にもチャンスがありますし、まだオーディションを受けたことがない人にも安心してオーディションを受けることができます。
また、Starbankでは男女を問わないオーディションからグループ参加出来るものなどオーディションでも様々なパターンを取り扱っているのでたくさんの人のニーズに合うことでしょう。
最後に紹介するオーディションの探し方はSNSです。
特にSNSの中でもツイッターは非常に便利です。
最近ではツイッターにてタレントのオーディションを告知している芸能事務所などもありますし、個人の人が情報を発信してくれているので一番最新の情報を手に入れることができます。
また、ツイッターを使うことで、同じタレントになろうと志す人と連絡を取り合うことも可能で、情報交換をしたりすることもできるので非常に便利です。
しかし、逆にデメリットとしては情報が多すぎて探し切れないこともありますし、すべては追えないので使い方次第で有益にもなりますし、不利益にもなるでしょう。
いち早く新しいオーディションの情報を知りたい時に使いましょう。

2.タレントのオーディションの受け方

ここまではタレントになるためのオーディションの探し方を紹介しました。
しかし、オーディションは見つけてもやみくもに受けていても合格しませんし、どういった流れでオーディションをやるのかを知っておくことで事前に準備できることや考えておくことも違ってきます。
そのため、こちらではタレントのオーディションの流れと受け方を細かく紹介していきます。
まずはオーディションの一般的な流れを紹介します。
履歴書を送る
オリエンテーションによってその人の能力を見る
カメラテストや面接
最終審査
合格発表
まず一つ目は履歴書を送ることです。これは先ほど紹介した三つのタレントになるためのオーディションの探し方を実践して自分が受けたいオーディションに紙の履歴書を送るか、インターネットを使って必要事項を入力して登録することでエントリーが可能です。
タレントと言えど顔もかなり重要になってきますし、特技や自分には何ができるのかというアピール。また、志望動機などで少しでも気になるようなものがないとすぐに落とされてしまうので気をつけましょう。
特に写真を張り付ける場合は明るく清潔感のあるようなイメージを与えられる写真を選びましょう。さらにタレントになる場合は特技や特徴、自分のキャラクターなどをはっきりしておくことでわかりやすさとキャッチーさがでるのでそこらへんをアピールすることでより良くなるでしょう。履歴書を送って書類審査を通ったらそのオーディションにて与えられた課題や数分程度の自己アピールをするオリエンテーションをするのが一般的です。
課題の場合はその受けるオーディションや事務所によってもかなり違うので、柔軟に対応できるようにしておきましょう。また、自由にアピールできる場合は何をしたら自分を一番アピールできるのか考えましょう。
最近ではタレントによりキャラクター性を求められているので、わかりやすいキャラクターがあると通りやすいと言われています。
つぎに行うのはカメラテストや面接です。
ここにきてやっと事務所の人と顔を合わすことになるパターンが多いのでここからが本番です。ここでは基本的にカメラ移りや華があるか、どんな人間性なのかを見られているので無理に気負いし過ぎず普段通りに臨んだ方がいいでしょう。
面接も通過すると最終選考になります。この最終選考もそのオーディションによって内容は大きく異なりますが大勢の前で何かをしたり、ネットで中継されたり、最近では視聴者の投票などで決められることもあるので運も大きく関わってきます。
そして、最終選考を終えれば後は合格発表を待つだけです。
タレントになりたい人はたくさんいて、それぞれが必至なのでまずは自分なりのオリジナルなキャラクターや特技を把握しておくことが一番重要です。
キャラクターとは、なにか憧れるようなすごい事と弱点があるなどの共感性が合わさることで生まれます。
なので、自分はそういう人間か自己分析と戦略が重要になってきます。

3.タレントのオーディションで心がけるべきこと

タレントになるためのオーディションを受ける上で心がけるべきことはいったいなんなのでしょうか。
まずは先ほども紹介しているキャラクター性を持つことです。
タレントになるためには何か人から注目される一面は絶対に必要です。
他人といかに自分は違うのかをアピールしましょう。
また、オーディションを受けるのもタレントとして活動するのにも時間内ではっきりと自分の言いたいことを出し切ることが重要です。
なので、短い時間で緊張せずに思い切り自分を出せるようにしましょう。

まとめ

今回はタレントになるためのオーディションの探し方や受け方を紹介しました。
タレントになると言うのは非常に運の要素もかかわってきますが、今はSNSなども使って世界に自分の事を主張することもできますし、どんなところから注目されるかわからないので、諦めず取り組みましょう。