ブログトップへ

オーディションで特技を披露する時のコツとウケが良い特技について

オーディションにおいて特技は非常に重要視されます。芸能系のオーディションを受ける人は、ある程度目立っている人が多く、ありきたりな特技では埋もれてしまいます。 この記事ではオーディションで役に立つ特技や、それを披露する方法やコツなどを紹介していきます。さらに芸能人が実際に披露した特技の例なども合わせて紹介していきます。

1. オーディションの特技は何をやればいいの?

オーディションの特技に悩む人は多いです。特技というのはその人の過去の経験を表すもので、オーディションでは非常に重要視されます。オーディションに合格したいなら特技はしっかりとしたものを披露するようにしましょう。 ありきたりなものを披露してしまうと、受かることが出来ません。できるだけ人と違う特技を披露するようにしてください。

2. オーディションで特技を披露する際に注意すること

オーディションで特技を披露する際に注意すべき点がいくつかあります。せっかくいい特技を持っていてもこの注意点を守ることが出来なければ、合格することは出来ません。しっかりと注意点を把握して、特技を披露するようにしてください。

2-1. 事務所の規定をしっかりと確認する

その事務所によって規定というのが存在します。規定というのは特技を披露する時間などです。あまりにも時間がかかるものですと面接官の印象も悪くなります。 まずは事務所の規定を確認して、その規定に沿った方法で特技を披露するようにしましょう。規定はオーディションの概要に記載されている場合があるので、自分で確認する必要があります。もし書いてないなら自分で問い合わせて聞いてみるのもいい方法だといえます。

2-2. 絶対に嘘をついたり盛ったりしない

一番やってはいけないのは嘘を付くことです。嘘をついたり盛ったりするのは絶対にやめたほうがいいでしょう。面接官はいろんな人の特技をチェックしています。嘘をついていたり盛ったりすると必ず見抜かれます。 さらに、ここで実際にやってみてと言われることもあります。嘘をついたり盛ったりしていると実際に見せることが出来ません。自分のできる範囲の特技を記載するようにしましょう。 オーディションで嘘をつくというのは、相手に与える印象が非常に悪くなってしまいます。自分の特技に自信がなくても絶対に嘘をつくのはやめましょう。

3. オーディションで特技を披露するときのコツ

オーディションで特技を披露するときは、とにかく勢い良くやることが大事です。恥ずかしがって特技を自信がなさそうに披露する人がたまにいますが、これは絶対やめるようにしましょう。 あとは、わかりやすい特技を披露したほうがいい印象を与えられます。複雑なものや時間が掛かってしまうものはやめたほうがいいです。一度見ただけで理解できるような簡潔な特技がオーディションでは好まれます。

3-1. みんなが得意とするようなものは「ひとひねり」加える

例えばダンスを特技欄に記載する人はたくさんいます。ダンスを特技欄に記載したら実際にダンスを見せてとオーディション時に言われると思います。その時に普通にダンスをするのではなく、ちょっといつもよりキレをアップさせて踊ったり、激しく踊ったりすると相手にいい印象を与えられます。 ただ普通に踊るのは相手にインパクトを与えることが出来ません。多少大げさでも構わないのでちょっと激しく踊って、相手に大きなインパクトを与えるようにしましょう。

3-2. 簡単にできてウケが良い特技をやる

オーディションで受けがいいのは語学です。日本語だけじゃない海外の言葉を話せると面接官にいい印象を与えることが出来ます。 あとは、モノマネなども好まれます。モノマネをするときは一般的に知られている人をチョイスするようにしてください。知名度があまり無いような人のモノマネをしても伝わらないので、ある程度知名度があるような人を選ぶようにしましょう。

4. あの有名芸能人はオーディションでどんな特技をやったの?

オーディションで披露する特技がないというような人のために、有名芸能人たちが実際に行った特技をいくつか紹介します。何をすればいいかわからないような人は参考にしてみてください。

桜井日奈子がやった特技

桜井日奈子は2014年に受けた「岡山美少女・美人コンテスト」で「美少女グランプリ」に輝いてその後芸能事務所に加入します。その時のオーディションでは歌やダンスを披露する人が多い中、彼女は何をすればいいかわからず悩んでいたらしいのです。悩んだ挙句、部活でやっていたバスケットボールのドリブルを披露しました。 ボールがなかったので急遽お母さんに電話をして、バスケットボールを持ってきてもらったらしいです。こういう部活系の特技を披露する人は多いです。実際に彼女みたいにちょっとした技術を披露するのが合格する鍵だといえます。

北川景子がやった特技

北川景子はなんとオーディションで芋版を実際に掘って審査員にプレゼントしたらしいのです。周りの人たちがかなりハイレベルな特技を披露している中、何も特技がなかった彼女は「もうどうにでもなれ」と思い芋版を掘ることに。意外性がウケたのが、見事合格を果たします。 こういう意外性がある特技もオーディションではウケがいいです。北川景子のようにありきたりなことをするよりも、できるだけ珍しい特技を披露するようにしたいところです。

5. まとめ

オーディションでの特技は合否に直結することが多い項目です。できるだけ他の人がやっていない特技を披露することが合格への近道だといえます。 特技がなくて何を披露すればいいのかわからないような人でも、意外に近くにヒントは転がっています。誰もやっていない特別な特技を披露して合格を勝ち取ってください。