• TOP
  • BLOG TOP
  • ビブラート
  • 自然なビブラートに必須の『2つの要素』と最速最短で覚えるための3ステップを完全公開!

ブログトップへ

自然なビブラートに必須の『2つの要素』と最速最短で覚えるための3ステップを完全公開!

「自然なビブラートをかけるには
どういった事に取り組めば
良いのでしょうか?」

そのような疑問を
感じている方も多いと思います。

今回はビブラートを覚えるために
必要不可欠な『ある』2つの要素と

最短でビブラートを
マスターするための

『3ステップ練習法』

を解説していきます!

現在、ビブラートが
上手く出せていない方は

今回の内容はとても
参考になりますので
是非一度チェックしてみて下さい。

1.自然にビブラートは会得できない?

巷で言われている事の1つに

『ビブラートは自然に身につく』

という考え方です。

この考え方について
半分は正解であって
もう半分は不正解だと言えます。

「どういうことですか?」

というと、

まずビブラートという
発声テクニックには

どのような基礎能力が
必要なのかを知る必要があります。

ビブラートというのは

『音を揺らすことで
感情を表現する技』

のことを言います。

この技を使うためには
『ロングトーン』の技術が
必要不可欠となっています。

ロングトーンというのは
一定時間、同じ音程で
発声し続けることを言います。

ロングトーンが出来ていないと
伸ばした音を揺らす技である
ビブラートは上手く行えません。

そして、

ロングトーンを行うためには
呼吸法を見直す必要があります。

正しい呼吸法を身に付けないと
多くの空気を吸い込む事が出来ません。

多くの空気を吸い込めないと
当然ながら音を長く
伸ばすことが出来ません。

ここの土台部分が
しっかりと出来ていなければ

ビブラートは永遠に
身につかないでしょう。

逆に言えば呼吸法からしっかりと
発声のトレーニングを行っていけば
自然とビブラートに辿り着きます。

なので、

「ビブラートは自然に身につくのか?」

という問いに関しては

あなたの基礎能力が
どれだけのレベルなのかによって
答えが変わってくるのです。

あなたがロングトーンが
出来ているのであれば
答えは「YES」となりますし

腹式呼吸やロングトーンが
上手く出来ていない
ということであれば
答えは「NO」となります。

2. 歌で自然なビブラートかける方法

自然なビブラートというのは
無理をして出している
という感じが全く無く

どっしりとした安定した
声を響かせている
ビブラートです。

このようなビブラートを出すためには
やはり基礎トレーニングが欠かせません。

まずは、先ほどお伝えしたように
腹式呼吸を覚えていきましょう。

喉や胸で呼吸をするのではなく
お腹を使って呼吸をすることで

自然と取り入れる空気を
多くしていけるはずです。

取り入れる空気量が増えていけば
発声する声が安定してきます。

今まで音が途切れてしまっていたのが
最後までしっかりと
発声することが出来ますし
音の力強さも格段に上がります。

そういった基礎が出来た上で
どのようにすれば

自然なビブラートを
かけられるのかと言うと、

お腹の筋肉を使うようにして
ビブラートをかけて下さい。

腹式呼吸が出来ている段階で
なんとなくお腹の筋肉を揺らす感覚が
掴めている場合が多いです。

発声する時に喉だけで行う場合と
お腹から行う場合では
音の安定性が全く変わってきます。

それと同じく、

喉だけを使って行うビブラートと
お腹から行うビブラートとでは
やはり全く違ったモノになります。

自然なビブラートをかけるには
お腹を使った方法で
行えるようにしましょう。

3. 自然のうねりでかかるビブラート練習方法

それでは具体的に
どのような練習をすれば

自然なビブラートを出す事が
出来るようになるのか

3つのステップに分けて
解説していきます。

ステップ1:『正しい呼吸法を覚える』

まずは呼吸です。

腹式呼吸をしっかりと行えなければ
ビブラートはもちろんですが
キレイな歌声は出せません。

腹式呼吸の練習方法としては
まず、仰向けに寝て下さい。

その状態でお腹に手をあてて
呼吸と連動してお腹を動かして下さい。

吸った時に膨らませ
吐いた時にしぼませる。

これを意識的に行いましょう。

慣れてくれば自然と体が
この動きを行うようになります。

仰向けの状態で行ったら
次は立った状態で
お腹を同じように動かします。

呼吸と連動してお腹が動いている
という感覚を覚えましょう。

ステップ2:『ロングトーン』

続いては音を長く伸ばす練習です。
腹式呼吸が出来るようになると
以前と比べて格段に音の伸びが
上がってくると思います。

まずは、あなたの出しやすい
高さの音で構いませんので

なるべく長く途切れないように
音を出していきます。

その後、出した音よりも少し
低い音を出すようにして下さい。

これを交互に繰り返すことで
音を変化させる感覚を
掴むことが出来ます。

慣れてきたら徐々に音を変化する
タイミングを早めていき

最終的には波を打つような
変化にしていきましょう。

ここでのポイントは

『リラックス』

です。

緊張状態だと
喉やお腹は硬くなり
上手く音が出せません。

リラックスすることで
音が伸ばしやすく
発声練習がやりやすくなります。

ステップ3:『お腹から揺らす』

ビブラートを行う時は
喉ではなくお腹を使って
音を揺らしましょう。

お腹の上のあたりには
横隔膜という筋肉があります。

この筋肉を動かすことで
自然なビブラートを
出すことが出来ます。

この筋肉を揺らすことを練習し
ロングトーンを行うことで
ビブラートは完成します。

具体的な練習メニューとして

『息切れ状態になる』

です。

息切れの時というのは

「はぁはぁはぁはぁ」

という息の仕方になると思います。

この時にお腹の動きと見てください。

小刻みに動いている事が
分かると思います。

これがお腹の筋肉を
揺らすということです。

慣れてきたら今度は
発声しながらお腹だけ揺らし
音が揺れるようにしてましょう。

慣れてくれば
自然とビブラートを
行えるようになります。

この3ステップを踏むことで
自然なビブラートを
かけることができます。

特にステップ1と2は
とても大切な部分なので
念入りに練習するよう
心がけましょう!

ビブラートの練習方法というのは
幾つか存在しますが

その練習法は大抵の場合
腹式呼吸を覚える方法であったり
ロングトーンを覚える方法です。

つまり、

腹式呼吸やロングトーンを
覚えてしまえば
自然なビブラートを
出しやすい状況となるのです。

ついついビブラートを覚えようとして
音を揺らすことだけに意識を向けて
練習してしまいがちですが

実は呼吸法やロングトーンから
練習を重ねていくことが
最短でビブラートを覚える道なのです。

焦らずコツコツと練習していき
確実にビブラートを行えるよう
取り組んでいきましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

「ビブラートは自然に身につくから
特に練習する必要はない」

という考えの根本としては
しっかりとした土台がある
という考えがあります。

土台というのは
記事内でもお伝えしたように
呼吸法とロングトーンです。

ビブラートというのは
この2つの土台があった上で
初めて習得出来る技です。

まずは、

この2つに意識を向けて
取り組んでいくことで
ビブラートを覚えることが出来ます。

今回お伝えした
3ステップに従いビブラートを
練習していきましょう!