• TOP
  • BLOG TOP
  • ギター
  • 独学からプロギターリストへ上り詰めた『5名のアーティスト』とは!?

ブログトップへ

独学からプロギターリストへ上り詰めた『5名のアーティスト』とは!?

独学でプロのギタリストになった
人物は一体誰なのでしょうか?

今回は独学で学びプロデビューした
5人の有名ギタリストを紹介します。

また、5人がどのような練習方法で
ギターを上達させていったのかも
具体的に解説していきます。

さらに後半ではプロになるための
『ある』秘訣を公開します。

1.ギターを独学で磨いたアーティスト一覧

プロのギタリストの中には
独学で学んできた人物も
いらっしゃいます。

具体的には以下の5名が
独学でギターを学び

プロギタリストとして
活躍する事になったと
判明しています。

①YUI
②マシュー・ベラミー
③松井 祐貴
④Billy
⑤エリック・モングレイン

①YUI シンガーソングライター

・プロフィール

YUIは1987年3月26日
今年(2018年)で
31歳を迎えられました。

福岡県糟屋郡古賀市出身です。

小学生の頃から歌手になりたい
という思いがありノートに詩を
書きためていました。

アヴリルラヴィーンの
『Let Go』との出会いにより

「自分と歳がそんなに変わらないのに
かっこいい曲を自分で作っているんだ」

と衝撃を受けました。

高校は学費の関係や
病のことがあり中退。

中退後はストリートライブで
福岡市天神の路上であぐらで
ギターの弾き語りを行っていました。

その後、ソニー・ミュージックの
オーディションに応募したことで
正式にデビューが決定しました。

・YUIの練習方法

詳しい練習方法については
公式に発表されている情報は
ありませんでしたが、

アヴリルラヴィーンさんに
強い憧れをお持ちだったので

彼女の演奏を見ながら
練習したのではないかと
思われます。

それと同時に自身のオリジナル曲を作曲し
ストリート弾き語りをしていたのかと思います。

②マシュー・ベラミー

・プロフィール

マシュー・ベラミーは
1978年6月9日生まれ

今年(2018年)で
40歳を迎えられます。

イギリスのケンブリッジ生まれの
ミュージシャンです。

マシューベラミーさんは
6歳の頃にピアノを独学で始め
地元のコンテストで優秀しています。

バンドを組むようになってからは
独学でギターを弾くようになり

その独特な弾き語りがきっかけで
有名になりました。

ミュージシャンや作曲家、
音楽プロデューサーとして活動しており

扱える楽器はギター、ピアノ、オルガン、
マンドリン、メロトロン、クラリネットなど

複数の楽器を
使いこなす事が出来ます。

・マシュー・ベラミーの練習方法

マシューベラミーの詳しい練習方法は
公開されていないため不明です。

ただ、6歳からピアノを独学で始め
地元のコンテストに優勝していることから
のめり込むように練習した事が予想されます。

複数の楽器を扱えることから
楽器に対して高い好奇心があり
のめり込むように練習した結果、

周りの人間が圧倒するような
技術を身につけることが
出来たのだと思われます。

③松井 祐貴

・プロフィール

松井祐貴は1986年12月16日生まれ
今年(2018年)で32歳を迎えられます。

神奈川県横浜市出身で
ソロギタリストとして
アコースティック・ギターを
演奏されています。

14歳の頃からギターを始め
独学でギターの特殊奏法を
習得されました。

YouTubeでその独特の
スタイルが話題となり

ソロギタリストとして
デビューすることとなりました。

・松井 祐貴の練習方法

松井祐貴の独学からデビューまでの過程で
公開されている情報を整理すると

以下のような流れで
練習をしていたようです。

中学2年の夏から
独学でギターを始めました。

中学〜高校1年生まで
『ゆず』の曲をコピーし続け
高校1年生の頃からは
『山崎まさよし』のコピーを始めました。

『ゆず』と『山崎まさよし』の曲は
独学の練習曲として
合っているのかもしれません。

④Billy

・プロフィール

Billyは1980年11月16日生まれ
今年(2018年)で
38歳を迎えられます。

日本のミュージシャンとして
2016年11月まで活動されていました。

Billyは15歳の頃から独学で
ギターと作曲を自ら進んで行っていました。

Billyが25歳の頃に25歳以下限定で
開催されたオーディションに合格し
ギタリストとして活動することになりました。

Billyの名前の由来は
NARASAKIというミュージシャンから

「ビリー・アイドルみたいな風貌」

と言われたことが
きっかけとなりました。

そこからギタリストだけでなく
作曲なども手がけるようになり
活動の幅を広げていきました。

・Billyの練習方法

Billyが行ってきた
具体的な練習方法は
今のところ公開されていません。

ただ、Billyは90年代のオルタナティブ・ロックに
大きな影響を受けている事が分かっているので

その音楽を参考にして
独学でギターや作曲を
練習したのではないかと思われます。

⑤エリック・モングレイン

・プロフィール

エリック・モングレインは
1980年4月12日生まれ

今年(2018年)で
38歳を迎えられました。

カナダ出身でプロのギタリストとして
アコースティックギターを担当しています。

モングレインは14歳の頃から
独学でギターを始めています。

そこから路上ライブで
ギターを弾き事を繰り返し
徐々に演奏レベルを上げていきました。

YouTubeに演奏動画を投稿したり
自身のウェブサイトで
アルバムをリリースするなど
ネットを多様する事でも知られています。

・エリック・モングレインの練習方法

エリック・モングレインの場合
耳で聞きながらギターを練習していたようで

音に対する感覚がもともと
鋭かったのではないかと思われます。

声の聞き分けが得意であったり
音で記憶に残る事が多い場合は

エリック・モングレインと同様に
ギターの音を聞き練習する方法が
良いのかもしれません。

2.ギターは独学でもいい?上達するための秘訣とは

独学でギターを上達させ
デビューされた方たちを調べていくと
一つだけ共通点があります。

それは、

「演奏したい!」

という強い想いです。

暇さえあればギターを触っている。

それだけ好きだからこそ
上達するのも自然なことです。

独学であったとしても
音楽に対する強い想いがあれば

プロとしてデビュー出来ると
今回お伝えした5名が証明しています。

3.ギターを独学で磨いたアーティストと練習方法まとめ

いかがでしたでしょうか?

独学でもプロになることは出来ます。

今回お伝えした5名の方は
とてつもない才能が
あったというよりも

とてもつもない
音楽に対する好奇心があった。

と言えると思います。

どんなに才能があっても
継続して練習しなければ
成長は望めません。

逆に才能が劣っていても
誰よりも練習することで

最後には才能のある人物を
超えていくことが出来ます。

あなたの音楽に対する好奇心が
本物なのであればプロとして
活躍する事は十分に可能なのです。