• TOP
  • BLOG TOP
  • ギター
  • 「ギターの独学なんて無理!」と思ったら読んでほしい3つの独学テクニックとは!?

ブログトップへ

「ギターの独学なんて無理!」と思ったら読んでほしい3つの独学テクニックとは!?

ギターの独学は無理だと
思っていませんか?

今回は独学でギターを学ぶことに
壁を感じてしまったり
嫌気がさした時に

どうすれば
壁を乗り越えられるのか。

ということに焦点を絞って
お伝えしていきます。

後半ではギターの
練習を継続させる

3つの練習のコツを
紹介してきますので

最後まで読み飛ばさず
チェックしてみて下さい。

1. ギターは「独学って無理!」と思ったところがスタート

ギターを独学で学んでいると
どうしても限界を感じてしまい

「もう無理!」

と諦めがちになります。

ですが、

独学であってもギターを
プロ並みに上達させることは可能です。

「もう無理!諦めよう…」

そう思ったタイミングで
続けるのか諦めるのかで

あなたの将来は
大きく変わります。

ここでもうひと踏ん張りして
練習を続けることで

今よりも磨きがかかった
ギターを演奏している自分へと
成長することが出来ます。

諦めずにもう少しだけ
練習を続けましょう。

1-1. ギターは努力で『必ず』弾けるようになる楽器

ギターは努力を続けることで
必ず弾けるようになります。

上手く弾けないということは

「ギターの弾き方が悪い」

ということです。

それ以上でも
それ以下でもありません。

弾き方に才能はいりません。

あなたの努力次第で
なんとでもなります。

ギターを独学で練習し
上達させた方達も

同じように壁を感じ
その度に乗り越えてきました。

仕事や家事で忙しくても
寝る間を惜しんで練習を重ね

ギターの弾き過ぎで
指先に血豆が出来ても続けていき

やっと少しだけ
上達したと感じられます。

ギターは努力をすれば
必ず上達する楽器です。

逆に言えば、
壁にぶつかった時に

「もう諦めよう…オレには無理だ。」

と諦めてしまえば
上達するものも上達しません。

書店に行けば初心者のための
ギターの入門書や
DVDが沢山置いてあります。

そういった物を手に入れ
擦り切れるほど読み込み

練習を重ねれば
必ず上手くなります。

自分の可能性を信じて下さい。

2. 独学でギターを学んだ方が良い人もいる

ギターを習う際に
スクールに通わなければならない。

と感じているのであれば
それは誤解です。

確かにスクールに通うことで
得られるメリットは
いくつかあります。

ただ、逆に独学で学ぶことで
得られるメリットも存在するのです。

独学で学ぶ一番のメリットは

『個性の発達』

です。

どうしてもスクールに通うと
型にはまった演奏方法を教えられます。

すると他の人達と同じような
演奏しか出来ない平凡レベルの
ギタリストになりがちです。

逆に独学で学ぶことで
あなたの個性を存分に
伸ばす事が出来るため

あなただけの魅力あふれる
ギターを演奏することが出来ます。

音楽の世界で個性は
最大の魅力です。

自分の魅力を
最大限に伸ばせるのも
独学のメリットです。

3. ギターを独学で学ぶコツ

ギターを独学で学ぶことには
いくつかのコツがあります。

このコツを知らずに練習をしても
思うように上達しない可能性が高いです。

なるべく早く効率的に
ギターを上達させるために
以下のコツを意識しましょう。

3-1. 毎日の習慣にする

一つ目のコツは習慣化です。

独学で練習をするということは
あなたの好きなタイミングで
練習を行うことが出来ます。

「自由で良いな〜」

と思うかもしれませんが
ここに大きな落とし穴があります。

『好きなタイミングで練習していい』

ということは、

『いつ練習をするのか決める必要がある。』

ことを意味します。

つまり、

毎日のスケジュールの中で
どのタイミングで
どれだけ練習するのかを
整理しないといけません。

ここがしっかりと出来ないと
結局、練習することが
習慣化しません。

人間は習慣の生き物です。

例えば、

あなたは歯磨きをする時に
歯磨きをしなければ!

と思う前に自然と
歯磨きをしませんか?

自宅に帰ったら
手洗いうがいを
無意識にしませんか?

なぜ、毎日継続して
そのような事が出来るのか。

それは、

『習慣化している』

からです。

一度、習慣になれば
何も考えなくても
物事を継続することが出来ます。

人間のこの習性を上手く利用し
初めは意識的に
ギターの練習を行うことで

数週間後には
習慣化しています。

3-2. 1人でやらない

習慣化と同じく
継続させるコツとしては

出来るだけ一人で
練習をしないことです。

同じようにギターの練習をする人と
一緒に練習するように
約束しておくことで

練習しないといけない状況へと
自分を追い込むことが出来ます。

そうやって、
自分自身を追い込むことで

自然とギターが
上達していきます。

「一緒に練習をする仲間がいません…」

という場合は、

SNSなどで仲間を見つけて
日々の練習動画や練習をした
という投稿を行うだけでも

一人で黙々と練習するよりも
継続しやすくなります。

3-3. 自分が好きな音楽から練習する

ギターの練習というのは
コードを覚えたりと基礎的な
面白くない練習もあります。

そんな時はあなたが
好きな音楽から練習を
スタートすると良いです。

ついつい口ずさむような
好きな音楽であれば

自然と練習をしたくなり
ギターを上達させる事が出来ます。

4. どうしても独学が無理ならギター教室へ

それでも独学での練習で
挫折してしまったのであれば

ギター教室へと
通うことをオススメします。

ギター教室に通うことで
お金を払っているし

いついつにレッスンを
受けると決めてしまうので

嫌でも練習を
継続することが出来ます。

あなたのペースに合わせて
ギターのレッスンを行ってくれますし

先生の視点からあなたが
苦手な部分を教えてくれます。

そうすることで自分では
見えていなかった部分が
見えるようになり
ギターの上達が早まります。

5. まとめ

いかがでしたでしょうか?

独学であったとしても
ギターを上達させることは可能です。

ギターが上手く弾けないということは
必ず弾き方に問題あります。

その問題が解決すれば
誰であっても必ず
美しい演奏を行うことが出来ます。

独学で学ぶことで
あなたの魅力を最大限に
伸ばす効果もあるので

継続することを意識して
日々、練習をしていきましょう。

独学で学ぶためには
今回お伝えしたコツは
とても役立ちますので

「なぜか練習が継続しないな〜」

と感じる時にもう一度
読み返してみて下さい。

そして、

「どうしても無理!」

と感じた場合は
ギター教室へと通いましょう。

ギターは才能ではなく
努力の量で上達するか
どうかが決まります。

出来る限り時間を作るようにし
ギターの演奏を繰り返し
練習していきましょう!