• TOP
  • BLOG TOP
  • ギター
  • 独学でもプロギターリストになれるの?『3ステップ独学練習メニュー』を公開!

ブログトップへ

独学でもプロギターリストになれるの?『3ステップ独学練習メニュー』を公開!

独学でギターを覚えることで プロになることは 可能なのでしょうか? 今回は独学で ギターを覚える事で どのようなメリットや デメリットがあるのか。 逆にスクールに通うことで 得られるメリットとデメリットも 解説していきます。 後半では独学で学ぶために 欠かせない3つの用意するモノ について解説しています。 独学でギターを覚えることを 考えているのであれば 今回の記事を参考にしてみて下さい。

1.独学でギターを習得することは可能?

独学でギターを 習得することは 十分に可能なことです。 昔と違って今の時代は 書籍やネットを使えば 知りたい情報を簡単に 知ることが出来ます。 そのため独学であったとしても ギターを習得することは可能です。

1-1.独学でギターを習得するとは?

独学でギターを習得する ということは、 基礎的なコードや 演奏技術ができ 楽譜を見れば人前で 1曲演奏する事ができる状態に なることを意味します。 コードの押さえ方や 楽譜が読めない状態というのは 習得しているとは言えません。

1-2.独学のメリット・デメリット

独学でギターを 学ぶことには メリットもあれば デメリットもあります。 独学のメリットは 3つ存在します。

・メリットその1:個性を伸ばせる

スクールに通うと良くも悪くも 形式通りの演奏スタイルを 叩き込まれます。 確かに形式通りの演奏方法なら 上手く演奏を行えます。 ただ、悪く言えば個性が潰されます。 元々備わっている あなた本来の個性を潰し 誰もが行っている演奏方法に 修正されてしまいます。 音楽の世界では個性は とても大切な要素です。 独学で学ぶ場合 あなたの個性を潰すこと無く どんどん伸ばすことが出来ます。 そうすることで あなただけの個性として 光り輝くモノとなり得ます。

・メリットその2:自由なスケジューリング

独学でギターを習うことで あなたのスケジュールに合わせて 練習を行うことが出来ます。 例えば、 スクールに通っている場合であれば 営業時間などを気にして スケジュール調整を 行わなればなりませんし 教室まで移動するという 手間もかかります。 独学であれば会社終わりに 家で練習を行うことが出来ますし 予定が入っているのであれば 柔軟にスケジュール調整が行なえます。

・メリットその3:経済的負担の軽減

スクールに通うためには レッスン料を毎月支払う必要があります。 月に何回通うのかによって 月謝は変わってくると思いますが 最低でも1万ほどはかかります。 独学であれば当然ですが 月謝を支払う必要は一切ありません。 浮いたお金で楽器や 教材を購入することも出来ます。 メリットだらけの独学ですが 同時にデメリットも存在します。

・デメリットその1:悪い癖が付いてしまう

先ほどの個性を潰すと 矛盾してしまいますが 独学で学ぶことで 自分で気が付かない 悪い癖というのが 付く場合があります。 最も可能性として高いのは ギターの持ち方です。 正式なギターの持ち方ではなく 自分が持ちやすい方法で 練習を繰り返す内に癖となり 後々、演奏が非常に やりにくくなる可能性があります 個性を潰す可能性もありますが 始めたばかりの頃はまずは 基本フォームを 正しく覚える方が 将来的に伸びやすくなります。

・デメリットその2:上達スピードの低下

独学で学ぶことの 最大のデメリットと言っても 過言でないのが上達スピードの低下です。 人はどうしても怠ける生き物です。 独学で学ぶとは言っても 少しだけサボる日も出てくると思います。 練習よりも遊びやテレビを 優先する時も出てくるでしょう。 一方でスクールに通うと 目の前に講師がいて 左右には同期の生徒達がいます。 サボろうにも サボりようがありません。 こういった環境に身をおくことで 自分から甘えが消えていき 自然と上達スピードが上がります。 講師からアドバイスがもらえることも 上達スピードを高める1つの要因です。

・デメリットその3:モチベーションの低下

独学は基本的に一人で ギターの練習を行います。 一人で練習をしていると 日によってはなぜか やる気が出ない日もあります。 スクールには同期の生徒に あなたと同じように ギターを学びたいと思い 通っている生徒たちが大勢います。 そういったギター仲間がいると やる気が出ない日であっても 一緒に練習することで 切磋琢磨する事が出来ます。 独学の場合は基本的に それがありません。 独学で学習することには こういったメリットと デメリットが複数存在します。 これらを理解した上で 独学を行うのかどうか 判断してみて下さい。

1-3.スクールのメリット・デメリット

独学のメリット・デメリットの部分で 少しだけ触れましたが スクールに通うことにも メリットとデメリットが いくつか存在します。 まずはメリットから紹介します。

・メリットその1:時間の節約

スクールに通うことで ギターに関してプロレベルの人物から 教えを受けることが出来ます。 そうすることでプロ視点から あなたの演奏の悪い癖や 逆に優れている点を教えてくれます。 悪い部分は修正していき いい部分はどんどん伸ばしていく。 そういった練習の繰り返しにより 独学で学んでいる場合と比べて 何倍も早く上達する事が出来ます。

・メリットその2:悪い癖を修正できる。

独学で楽器を覚えようとすると ついつい自分のやりやすい方法で 覚えてしまいます。 自分のやりやすい方法で 覚えるというのは 個性を伸ばすとも言えますが 直すべき癖を放置する危険もあります。 ギターの持ち方や 姿勢など教えてもらわないと 気がつかない部分に関しては 初期の段階で修正しておくことで 演奏のやりやすさが変わってきます。 ・メリットその3:ギター仲間が増える スクールに通うことで あなたと同じように ギターに興味があり 覚えようとしている生徒と 出会うことが出来ます。 そういった仲間がいることで 切磋琢磨し合える事が出来ますし モチベーションを 高め合える事が出来ます。 スクールに通うことで このように3つのメリットが得られます。 逆にスクールに通うことで デメリットも存在します。

・デメリットその1:経済的負担が増える

スクールに通う場合は レッスン料が発生します。 仕方のないことですが 経済的な負担はどうしても 増えてしまいます。 自分自身の経済状況と相談しながら 通うかどうかを判断して下さい。

・デメリットその2:型通りの演奏しか出来なくなる

スクールで教えられる内容は 誰もが教わるような型に沿った 演奏方法が基本となります。 基礎はたしかに大切ですが 型にはまった演奏ばかりすることで 個性が潰される危険もあります。 このあたりは通うスクールの 質によってかなり影響してきます。 レベルの低いスクールに通えば 型通りのアーティストになりますし 評価の高いスクールであれば しっかりとあなたの個性を伸ばしつつ 正しい演奏を身につけることが出来ます。 スクールの見分け方は 基本的には以下の3点で分かります。 ・ネットで上位にされているかどうか ・口コミなどの評価は高いかどうが ・見学した際の対応は丁寧だったか この3点で満足行くのであれば そのスクールに通うことで 成長出来る可能性が高いです。

2.始める前に用意するもの

ギターの練習を始めるには 最低限いつか用意するモノがあります。

2-1.ギター

まずはギター本体です。 何十万円もするような 高級ギターを購入する必要はありません。 数千円〜数万円程度の あなたが無理なく購入できる範囲の ギターを選びましょう。

2-2.教則本

ギターの基礎的な知識を 知るために書店に向かい 入門書などを手に入れましょう。 なるべく初心者向きと 書かれているような イラスト付きの 分かりやすい物を選ぶと良いです。

2-3.仲間

最後にギター仲間を作りましょう。 練習そのものは ギターと書籍があれば 行うことが出来ますが やはり仲間がいることで お互いに教え合える事が出来ますし モチベーションを 高め合える事が出来ます。

3.独学の方法

独学で学ぶ場合の 具体的な方法として 詳しく解説していきたいと思います。

3-1.最初にすべきこと(コードを覚える

まずはコードを覚える事が 何よりも大切です。 コードを覚えないと まともに演奏することが出来ません。 書籍などを参考にし 指の位置やコードの名前など 基礎的な部分を覚えていきましょう。

3-2.譜面を読めるようになる

コードを覚えたら次は譜面です。 譜面が読めないと 演奏を行うことが出来ません。 演奏記号や音階などの知識を増やし 譜面を見ながら演奏が 出来るようになりましょう。

3-3.どんな練習をするのか?

それでは具体的に どのような練習を行えばいいの 解説していきます。

3-4.【参考】1日の練習メニュー

基本的にギターを 始めたばかりの頃は 入門書に書かれている コードの練習を 徹底的に覚えましょう。 ひたすらコードの練習を行い どのコードの時に 指をどう動かせばいいのかが 自然に出来るようになりましょう。 無意識に指を動かす事が 出来るようになったら 譜面を読めるようになりましょう。 譜面は演奏記号や音階などを 覚えれば直ぐに 読めるようになります。 譜面が読めるようになれば 後は実際に演奏をしてみましょう。 あなたが好きな曲であれば 練習もしやすいと思うので 学生時代によく聴いた曲や 現在でも口ずさむような曲を 練習曲にしましょう。

4.独学でもプロになれるのか?

独学ではプロになれないと 思われがちですが そんなことはありません。 結局のところ、 プロになれるのかどうかは どれだけ熱意を込めて 取り組めるのかにかかっています。 スクールに通うかどうかは 関係ありません。 もしあなたに音楽に対する 半端ない熱意とその道で生きていく という覚悟があるのであれば 独学であったとしても プロになることは可能です。

5. まとめ

いかがでしたでしょうか? 独学でギターを学ぶことには メリットもあれば デメリットもあります。 逆にスクールに通うことでも メリットがあれば デメリットもあります。 それぞれのメリットと デメリットを参考にして頂き 独学で学ぶのか スクールに通うのかを 判断して頂ければと思います。