• TOP
  • BLOG TOP
  • ギター
  • 独学派?スクール派?クラシックギターを最短で上達させる『ある』意外な近道とは!?

ブログトップへ

独学派?スクール派?クラシックギターを最短で上達させる『ある』意外な近道とは!?

「独学でもクラシックギターを
上達させる事は可能なの?」

そんな疑問を感じていませんか?

今回は独学で学ぶべきか
それともスクールなのか。

メリットやデメリットを踏まえて
客観的に解説していきます。

後半ではクラシックギターが
他のギターと比べて異なっている

3つの特徴も解説してるので
参考にしてみて下さい。

今回の記事を読み
書かれている事を
実行することで

クラシックギターの
上達スピードが何倍にも
加速する事が期待できます。

1. クラシックギターを独学で習得できるか

クラシックギターは
他の演奏と比べ
難易度が高い楽器です。

今の時代は昔と違い
教材雑誌やネット検索
YouTube動画などで

独学で学びやすい環境が
整っています。

そのため独学で学ぼうと思えば
学ぶことは十分に可能です。

とは言え、

先ほどお伝えしたとおり
クラシックギターは
難易度の高い楽器です。

独学でクラシックギターを
自在に演奏するためには
十分な練習と期間が必要になります。

「独学で学びたい!」

と考えているのであれば

まずは書店に向かい
クラシックギターの入門書を購入し
勉強していきましょう。

2. 他のギターとの主な違い

クラシックギターは
ギターという名前が付いているので
ギターであることは変わりありません。

そもそもギターというのは
エレキギター、クラシックギター、
アコギの3つに分類されます。

それぞれに特徴があるのですが
クラシックギターの
特徴に絞って解説していきます。

2-1. 姿勢

まずは、姿勢です。

クラシックギターを演奏する際に
誰もが気にする
ギターの角度や体の姿勢、
足の高さなどです。

まず理解して頂きたいことは

『正しい姿勢は存在しない』

ということです。

あなたがやりやすい姿勢があれば
その姿勢で演奏すれば問題ありません。

一般的なクラシックギターの
演奏スタイルというのは

足台を使いギターに角度を付け
演奏しやすくするやり方です。

このやり方で問題なければ
そのまま演奏すればOKです。

ただ、大抵の場合は
腰が痛くなります。

対策方法としては
2つ存在します。

●一つ目の対策:『ギターレストを活用する』

足台が無くても
演奏出来るように

ギターレストという
便利アイテムがあります。

使い始めの頃は
独特の浮遊感などに
慣れないかもしれませんが

徐々に慣れてくると思うので
足台が無かったり
体が痛むという場合は

ギターレストを使う事を
オススメします。

●二つ目の対策:『我慢する』

これは究極の対策方法となります。

ただ、実は多くの
クラシックギター演奏者は

足台による腰への痛みは
我慢しているのが現状です。

クラシックギターの演奏は
そういうものなのだと

ある意味、諦めてしまい
演奏をするのも1つの対策です。

2-2. 爪で引く

クラシックギターの
最大の特徴とも言えることに

『弦の素材が違う』

という特徴があります。

他のギターの弦は
スチール製になっており
とても固いです。

一方、クラシックギターでは
弦の素材にナイロンを使っています。

ナイロン製の弦は柔らかいため
クラシックギターの演奏では

基本的にはピックを使わず
爪を使って弦を弾きます。

とはいえ、あくまでも
一般的な演奏スタイルの話なので

あなたがこれまで
クラシックギター以外に

エレキギターやアコギで
ピックを使った演奏をしてきて
そのスタイルに慣れているのであれば

クラシックギターであっても
ピックを使っても問題ありません。

演奏しやすいスタイルで
楽しく曲を演奏していきましょう。

2-3. 曲

先ほどもお伝えしたとおり
クラシックギターの弦は
柔らかいナイロン製です。

ナイロン製を使うことで
爪で演奏するという特徴だけでなく
音色にも違いが出てきます。

柔らかいナイロン製の
弦を弾くことで

固いスチール製の弦と比べて
優しい音色を奏でる事が可能です。

やさしい雰囲気のある曲には
ナイロン製の弦を使った演奏は
とても適していると感じます。

3. クラシックギターは独学ではなくスクールに行った方が良い?

冒頭でもお伝えしたように
クラシックギターはほかの楽器と比べ
難易度が高めの楽器です。

そのため、独学を行うよりも
指導者の下で学ぶほうが
上達スピードは速くなります。

スクールに通う事で
金銭的負担がどうしても
かかってきてしまいます。

ただ、

その代わりのメリットとして
時間をお金で買う事が出来ます。

あなたが3年かけて独学で学ぶ事を
1年で覚える事が可能となるのです。

さらに独学と違って
スクールに通うと

一定の練習時間を
行う環境が整います。

独学の場合だと
どうしてもサボってしまったり

練習を後回しに
してしまう場合もあります。

スクールでは
同期の仲間や先生がいるので

強制的に練習を行う
という状況が整っています。

金銭的な負担が問題なければ
出来るだけスクールに
通う事をオススメします。

3-1. 悪癖は早めに直した方が良い

また、

スクールに通う事で
専門的な知識や経験を
兼ね備えた先生が

あなたの演奏を
チェックしてくれます。

独学でありがちなのが
一番初めの練習の際に
正しいフォームではなく

あなたが弾きやすいと感じる
持ち方や角度で演奏しがちです。

そうなると将来、
演奏がやけにやりにくく感じたり
壁を感じやすくなります。

例えば、

正しい箸の持ち方を覚えずに
箸がクロスしているような
変な持ち方のままの状態で

大人になってしまうと
後からとても恥をかきます。

さらに大人になってから
箸の持ち方を直そうとしても

何年もその持ち方に慣れているので
なかなか直す事が難しくなります。

演奏方法も同じように
スクールに通うことで

始めからあなたの
『悪癖』を先生が指摘し
将来困らないように修正してくれます。

スクールに通う事で
多くのメリットがあるので

出来るだけ独学ではなく
スクールに通う事をオススメします。

4. まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はクラシックギターが
他のギターと比べて

何が違うのかを3つに分けて
解説していきました。

また、クラシックギターを
独学で学ぶえべきなのか

それともスクールに通い
学ぶべきなのかの違いとしては

あなたの『悪癖』を
修正してくれる点が大きいです。

スクールに通うことで
自分では気づきにくい
持ち方や演奏方法の癖を

正しいフォームに
修正してくれます。

後から直そうとしても
とても時間がかかるかと思うので

初めのうちから
正しい演奏スタイルを知り

練習を行っていくほうが
非常に効率的に
上達する事が可能です。