• TOP
  • BLOG TOP
  • ギター
  • ギターを教則本を使って独学で習得!おススメの教則本は?

ブログトップへ

ギターを教則本を使って独学で習得!おススメの教則本は?

「ギター」は結構独学で勉強している方が多いようですが、教則本がたくさんありすぎて購入するのに迷ってしまうと思います。

ギター教室に通うより教則本で習得できるならそのほうがお得と感じて、独学で頑張る方も多いみたいです。

これから「ギター」を独学で習得したい方のために、教則本を失敗せずに購入するポイントやおすすめ教則本や初心者の方向けの教則本などたくさん紹介していきますので、楽しみにしていてください!

1.【ギターを独学で習得したい!】おススメの教材は?

「ギター」は趣味で始める方や好きなバンドマンの影響で格好良いと感じて始める方がいらっしゃるようです。

「ギター」を購入したのは良いけど、「どうやって練習したら良いのか?」、「教室に通ったほうが良いのか?」と考える方も多いみたいです。

ですが、今の時代は教則本があり内容が詳しく書かれていてわかりやすいようなので、教則本を使って独学で習得する方がたくさんいらっしゃるようです。

そこでこれから、教則本は必要なのかや種類と最低限揃えておいたほうが良い教材について色々紹介していきたいと思います。

1-1.教則本は必要?

まず「ギター」を独学で習得するのに教則本は必要かどうかということから説明していきたいと思います。

答えは五分五分と言ったところなのですが、初心者の方には、基礎から順序よく書いてある教則本はとても便利なのではないかなと思いました。

メリットとデメリットがあるようですが、メリットは基礎を学べることをあげられているようです。

デメリットは読むだけでは習得できないという点があげられています。

教則本を読んで実践することが重要のようです。

1-2.教則本の種類

肝心の「ギター」の教則本の種類はどんなものがあるのか初心者の方は特に気になることだと思います。

どんな種類があるのか見ていきましょう。
どうやら、「ギターの種類」によって必要な教則本の種類が変わってくるらしいです。

「ギター」の種類に合った教則本を選ぶのですが、ギターの種類を選んだら、

・初心者向け
・中級者向け
・上級者向け

と、あるのですがご自身のレベルに合った「ギター」の教則本を選ぶと良いと思います。

初心者の方は基礎から学べるのでとても便利なのですが、初心者向けのものでも最低限揃えておいたほうが良い教材がありますので、お次で紹介していきたいと思います。

1-3.最低限揃えておくべき教材

初心者の方が「ギター」を独学で習得するときに、最低限揃えておいたほうが良い教材があるようです!

初心者向けの教材がたくさんありますが、その中でもタイトルが全然違くて書いてある内容も異なるみたいなのです。

そこでここでは、初心者の方が最低限揃えておいたほうが良いと考えられる教材をいくか紹介していきたいと思います。

・ギターの基礎が事細かく書いてある教材

・理論派の方向けのギターの音楽理論が書いてある教材

・ギターを遊び感覚で感性と感覚で覚えられる教材

こんな感じのタイトルが書いてある教材があるのですが、初心者の方向けの教材でもその人の性格に合った教材があることがわかりました。

すべて網羅したい方は上にあげた教材を購入すると良いと思います。

最低限揃えておいたほうが良いともされているので、どんな方にもおすすめな教材です!

2.教則本を失敗せずに購入するチェックポイント〇つ

「ギター」を独学で習得するには教則本があったほうが良いのですが、選ぶにあたって失敗せずに購入するポイントがいくつかあるようです。

どのポイントを抑えて購入したら良いのか紹介していきますので、参考にしてくださると嬉しいです。

・内容をしっかり確認すること
・目的に合った教則本であること
・自分のレベルに合った教則本を選ぶこと

この3つのポイントが教則本を選ぶにあたって、重要になってくるようです。

確かに、自分に合わない教則本を購入しても意味がないですし、購入しても内容が目的に合っていなければ購入しても意味がなくなってしまいます。

なので、この3つのポイントを参考にご自身に合った教則本を選んでみてください!

3.初心者におススメの教則本〇選

さて、教則本を失敗せずに購入するポイントがわかったところで初心者の方向けのおススメ教則本が知りたいと感じることだと思います。

とは言っても、今の世の中「ギター」の教則本がたくさん出版されていて、どれを選んだら良いかわからないでしょう。

なのでこれから初心者の方向けの「ギター」のおススメな教則本を紹介していきます。

独学で習得する予定の方は必見です!

・「ギター朝トレ15分!忙しい人のためよ濃密練習法(CD付き)

こちらは、初心者の方向けで社会人の方におススメな教則本になっているようです。

社会人ともなれば、時間がなくて「ギター」を購入しても「意味がなかった」と感じる方が多いのではないでしょうか?

なので、こちらの教則本はそういう方向けに作られた教則本のようなのです。

・「究極のギター練習帳」

こちらは初心者向けやまだまだ上達できていない方向けに作られた教則本のようです。

ノウハウがしっかり書いてあって、付属のCDではご自身のパートを練習することができるみたいで、とても人気の高い教則本らしいです!

・「ギターが下手、原因の90%はリズム感」

こちらの教則本は、ひたすらリズム感を鍛えることに特化した内容がたくさん書いてあるようです。

リズム感は音楽関係をやるのに必要なことなので、「ギター」でテンポよく練習するためにこちらがおススメになっています。

初心者向けの教則本を紹介していきましたが、コードや楽譜が読めるようになったあとの次なるステップを踏むためにおススメしたい教則本があるようなので、次で紹介していきたいと思います。

4.コードや楽譜が読めるようになったら購入すべき教則本〇選

さて、初心者の方がある程度の知識や技術、コードや楽譜が読めるようになったら、次はどんな教則本にステップを踏んで行ったら良いのか気になることと思います。

初心者の方は覚えることがたくさんあって上達も早いようなので、どんどんステップを踏んで行き「ギター」を習得していきましょう。

・「ギター上達の為の全知識」

こちらの教則本は初心者〜中級者向けに作られたもののようです。

ライブなどの実践での知識が存分に詰まった教則本になっていて、知識だけの頭デッカチにならず、実践あるのみとか語られている教則本なので、とても人気の高い教材になっているみたいです。

・「アドリブ・ギター虎の巻〜テクニカル・フュージョン編」

こちらはアドリブでかなり必要なテクニカルなフレーズの作り方やコード理論などの考え方がわかりやすく書いてある教則本のようです。

オリジナリティをかき集めたい方にはおススメかもしれません。

・「ギター・マガジン 地獄のメカニカル・トレーニング・フレーズ」

こちらは、初心者の方でもどんな方でもとにかく技術を学びたいという方におススメな教則本になっているようです。

タイトル通り、かなり詳しく書かれているようなのでステップアップには効果的な気がします。

3つおススメな教則本を紹介していきましたが、そのほかにもたくさんあるので、ご自身にあった教則本を選んでみてください。

5. まとめ

今回は、ギターを独学で習得するにあたって教則本が必要なのかや種類、どんなポイントで選んだら良いか、おススメ教則本などたくさん紹介していきましたがいかがでしたでしょうか?

教則本は今の世の中種類が豊富にありすぎて、悩んだ挙句購入するのをやめてしまう方も中にはいらっしゃるようなので、もし必要であれば今回紹介させていただいた点を参考にしてくださると嬉しいです。

最後まで読んでくださってありがとうございました。