• TOP
  • BLOG TOP
  • ギター
  • ギター教室に通うべき?それとも独学?メリット&デメリットを解説!

ブログトップへ

ギター教室に通うべき?それとも独学?メリット&デメリットを解説!

ギターを習うなら
教室に通う?それとも独学?

今回はギターを覚える時に
独学で覚えるべきか
それとも教室に通うべきか

それぞれのメリット・デメリットを
具体的に解説していきます。

あなたがどちらを選択するのが
ベストなのかをチェックしてみて下さい。

1. ギターは独学よりも教室に通うべきか?

1-1. ギター初心者が独学でも弾けるようになるのか?

巷ではギター初心者が
独学で弾けるようになるのはムリ!

という声もありますが
独学であっとしても大丈夫です。

今の時代はネットで検索すれば
わからない事は簡単に
調べることが出来ますし

YouTubeで検索すれば
ギター上級者が解説している動画を
無料で視聴することが出来ます。

もちろん教則本を手元に置いて
練習することも出来ます。

非常に恵まれた環境ですので
たとえ初心者であっとしても
独学で弾けるようになることは
十分に可能なことです。

1-2. ギター教室で習うこととは?

教室に通うと担当講師が
あなたの演奏をチェックし
適切なアドバイスをくれます。

習う内容についてはレベルによって
カリキュラムが変わるので
人それぞれ習う事は違います。

初心者の方であれば
基本的なコードや持ち方、
姿勢などから教わりますし

中級者や上級者の方であれば
より音に迫力を出す方法だったり
感情を表現するテクニックを
教わることとなります。

共通して言えることは
あなたが伸ばすべき部分を
練習することが出来るということです。

足りない部分を鍛えることで
確実に演奏レベルは上達していきます。

2. ギターを独学で練習する方法

独学でギターを練習する事には
メリットもあればデメリットもあります。

どのようなメリットと
デメリットがあるのか
具体的に解説していきます。

2-1. メリット

・メリット1:スケジュール調整が自由

教室に通う場合だと一般的には
レッスン日を予め決めておき

当日にキャンセルする場合は
キャンセル料が請求されます。

独学であればスケジュールは
あなたが自由に決められます。

そのため急な予定が入っても
調整がやりやすいです。

・メリット2:費用がかからない

独学の場合、必要な教材としては
教則本などです。

後はネットで調べる事が出来るので
特に必要ありません。

教室に通う場合であれば
毎月のレッスン料がかかりますし
電車や車を利用する場合は
交通費もかかります。

独学で練習することで
圧倒的に節約する事が出来ます。

2-2. デメリット

・デメリット1:成長スピードが遅い

教室と独学の一番の違いは
成長スピードです。

教室の場合であれば講師や
周りの生徒からあなたの演奏に対しての
アドバイスを貰うことが出来ます。

独学の場合だと自分一人なので
演奏の時にやってしまっている
無意識の癖などに気が付きにくいです。

そのため教室に通うよりも
上達スピードが遅くなりがちです。

・デメリット2:挫折しやすい

練習をしていると難しいコードや
難易度の高い演奏方法を覚えようとしても
なかなか上手くいかない時があります。

教室に通っている場合であれば
どこでつまづいていて何を改善させれば
上手く弾けるようになるのを
講師が判断しアドバイスをくれます。

独学の場合だと冷静に自分の状況を
客観的に見る事が難しいので

壁に直面してしまうと
中々乗り越える事が出来ません。

そのため、

「もういいや」

と諦めてしまうケースも多いです。

・デメリットその3:怠けやすい

独学の特徴の一つとして
スケジュール管理を自分のさじ加減で
簡単に調整できる点にあります。

ただ、逆にいえばいくらでも
サボる事が出来る環境と言えます。

しっかりとした意思の力が無いと
少しずつ怠けてしまい最終的には
練習することを放棄してしまいます。

3. ギター教室の特徴

ギター教室に通う場合
いくつかの特徴があります。

その特徴について
詳しく解説していきます。

3-1. 独学との違い

3-2. メリット

・メリット1:上達スピードが早い

教室の場合、独学とは違い
講師や生徒が周りにいます。

その結果、あなたの演奏に対して
客観的なコメントをくれますし

授業の構成をあなたが
上達しやすいように
組み立ててくれます。

そうすることで独学の時と比べ
確実に上達スピードが伸びます。

・メリット2:自信が持てる

独学の場合だと教則本や
YouTubeなどを参考に
練習を行います。

「この部分はこのような
手の動きで弾きましょう」

というように実際に目の前に
講師がいるような状況で
練習を行えます。

ただ、しっかりと同じような
手の動きで弾けているのかは
自分だけだと判断がしにくいです。

逆に教室であれば本当に目の前に
講師がいる状況なので

あなたが正確に弾いていれば
そのことを褒めてくれます。

褒められることで自分の演奏が
間違っていないと自覚が出来るので
自然と自信が持てます。

・メリット3:仲間が出来やすい

教室に通っている生徒は
あなたと似たような目的で
通っている方が多いです。

生徒の年齢層はバラバラですが
あなたと同い年くらいの方もいます。

通う目的が同じなので
話も合いやすいので
ちょっとしたきっかけで
すぐに打ち解け合えます。

仲間がいることで教室以外でも
定期的に集まって練習が出来ますし
何よりもモチベーションが上がります。

モチベーションは練習を
継続していくためには
欠かせない要素です。

・メリット4:人脈が広がる

基本的に講師というのは
プロの演奏者として業界で
それなりに活躍している人物です。

その方と交流を深めることで
講師の友人のプロを紹介してもらったり
音楽業界の人脈を広げる事が出来ます。

プロとして活動していくつもりなのであれば
人脈はとても大切な要素です。

3-3. デメリット

・デメリット1:料金

教室に通うことのデメリットとしては
毎月のレッスン料がかかることです。

これは仕方のないことではありますが
レッスン料の支払いが厳しい場合は
教室に通わずに独学を選択しましょう。

・デメリット2:講師との相性

教室では講師の方と
レッスンを行っていきます。

人対人なので合う合わないが
当然あります。

教室によっては
講師の方を変更することが
可能なところが多いのですが

「別の講師を変えて下さい」

とは中々、言いづらいです。

・デメリット3:時間がかかる

教室でレッスンを受けるという事は
教室に向かう必要があります。

自宅の近くにレッスン教室があれば
さほど気にならないかもしれませんが

教室までの距離が遠い場合だと
通うだけでも時間がかかります。

そのため、中々スケジュールが
合わせられず月額のレッスン料が
毎月のように請求されるような
状況にもなりがちです。

4. ギターの練習方法の選び方まとめ

いかがでしたでしょうか?

ギター教室に通う場合と
独学で学ぶ場合には、

メリット・デメリットが
それぞれ存在しています。

どちらが正しくて
どちらが間違っている。

という事は一切なく
あなたの状況によって
選ぶ道は変わってくると思います。