• TOP
  • BLOG TOP
  • ギター
  • 独学でギターを覚えるにはどれくらい練習すればいいの?一人前に成長させる●●の法則とは!?

ブログトップへ

独学でギターを覚えるにはどれくらい練習すればいいの?一人前に成長させる●●の法則とは!?

どれだけ練習すれば
一人前のギタリストになれるのか
気になりませんか?

今回はギターの
練習時間にまつわる

『ある』法則について
詳しく解説します。

この法則を守り
練習を続けることで

かなりの高確率で一人前の
ギタリストになる事が出来ます。

さらに、

独学練習を始める前に
確認しておきたい

5つのポイントについても
具体的に解説していきます。

後半ではギター学習に最適な
3つの専門サイトも
紹介していきます。

今回の記事を参考にすることで
独学であってもギターのレベルを
伸ばすことが可能となります。

1.ギターは独学で弾けるようになる?

ギターは独学で弾く事は
可能なのでしょうか?

答えは『YES』です。

独学であったとしても
必死に練習をしていくことで
ギターを上達させる事は可能です。

独学なので教えてくれる講師は
いないかもしれませんが

教則本やDVDなどを参考にし
練習を重ねていくことで

ギターのレベルを
上げていく事は十分に可能です。

1-1.弾けるとはどういうこと?

ギターを弾ける事の定義は
人によって異なります。

プロを目指しているのあれば
プロとして活躍することが

ギターを弾けるという事を
意味するかもしれませんし

趣味でギターを
弾けるようになりたい。

と考えている場合であれば
何かの曲を一曲演奏出来る事が

ギターを弾ける
という事だとも言えます。

人によって定義が
変わってくるので

あなたがどういった目的で
ギターを覚えたいのかを
明確にすることで

答えは自然と
出てくると思います。

1-2.独学習得すると決める前に確認しておきたいポイント5つ

ギターの練習を開始する前に
5つの確認事項があります。

●ポイントその1『音楽の経験はあるのか』

ギター以外でも構わないので
過去に何かしらの音楽活動を
行っていたのか確認しましょう。

もし、何かしらの音楽活動を
していたのであれば

そういった経験は
ギターの練習でも役立ちます。

逆にこれまで特に
音楽活動をしていなかった場合は

全くのゼロからの
スタートという事になります。

音楽活動をしていた人比べて
上達に時間がかかることを
覚悟する必要があります。

●ポイントその2『楽譜は読めるのか』

2つ目のポイントは
楽譜が読めるかどうかです。

楽譜が読めるのであれば
勉強する時間が省ける分、

練習時間を多く取れるので
上達スピードが早まります。
一方、楽譜が読めないのであれば
ギターの練習だけでなく
楽譜を読むための勉強も必要です。

その分、練習時間が減るため
上達スピードが遅くなることを
覚悟する必要があります。

●ポイントその3『手先は器用か』

手先の器用さは
意外と大切です。

ギターは手先を使って
演奏を行います。

手先が器用であれば
それだけ色んな動きが
スムーズに出来るため
上達しやすいです。

手先がそこまで
器用で無かったり
不器用なのであれば

器用な人よりも多くの時間を
練習時間に充てる必要があります。

●ポイントその4『一日にどれだけ練習できるのか』

また、一日の練習時間が
どれだけ確保出来るかも大切です。

平日と休日で考えてみて
大体の練習時間が分かったら

その時間はしっかりと練習し
サボることのないようにしましょう。

●ポイントその5『ギターが弾ける友人はいるのか』

ギターが弾ける友人がいるのかも
確認しておきましょう。

もし、そういった
友人がいるのであれば

一緒に練習をすることで
自分だけでは気が付かなった

『無意識の癖』

を指摘してくれます。

また、

モチベーション維持にもなるので
ギターの仲間は積極的に作りましょう。

2.どれぐらい費用がかかる?

ギターを独学で始めるのであれば
最低限、ギターと教則本は
用意しておきましょう。

ギターを持っていない場合は
まずは購入する必要があります。

ギターの値段はピンキリなので
いくらとは言えませんが

大体3万円〜10万円あたりだと
イメージしておきましょう。

また、教則本に関しては
1500円〜3000円程度です。

人によって予算は違うと思うので
あなたが出せる金額内で

ギターと教則本を
揃えていきましょう。

3.独学で習得するにはどれぐらい練習が必要?

独学でギターを習得するためには
どのくらいの練習時間が
必要なのでしょうか?

正直、この部分に関しては
個人差があるため

「キッチリこの時間
練習すればいいよ!」

という時間は存在しません。

ただ、目安として
一万時間の法則を
参考にすると良いです。

一万時間の法則というのは
どんな分野のプロであっても
一万時間は練習をしてきている。

という法則です。

人によって一日の中で
練習に使える時間は違うと思うので

自分が一日に何時間練習に使えるかを考え
その時間で一万時間を割ると、何日で到達するかがわかります。

ちなみに1日6時間時間で4年半、1日3時間で9年ほどかかる
計算になります。
仕事など日常的に行うこと以外だと、かなり大変なことが
わかりますね。

4.独学で習得するのにおススメのサイト3選

●オススメサイトその1
MFCミュージック

ギターに関する検索で
常に上位に表示されているサイトです。

初心者に向けて分かりやすく
ギターの知識やテクニックを
細かく解説しています。

初心者が独学で
ギターを覚えるのに
参考にして欲しいサイトです。

●オススメサイトその2
音楽活動のヒント

このサイトはギターだけでなく
音楽活動全般について
書かれているサイトです。

プロを目指す事を
目標としている場合は

こちらのサイトも
チェックしてみて下さい。

●オススメサイトその3
RAIZO OFFICIAL BLOG

こちらのブログは投稿者が
プロのギタリストです。

初心者の状態から
どうやってプロになったのか。

どういった考え方を持てば
プロになれるのかを
解説されているブログです。

プロを目指す方にとって
とても参考になりますし
勇気づけられるブログです。

5. まとめ

いかがでしたでしょうか?

独学でギターを覚えるためには
どれだけの時間を
練習すればいいのか

気になる方も
多いと思います。

記事内でお伝えしたように
この質問に関しては
明確な答えは存在しません。

どれだけやれば
ギターは上手くなる。

という保証は
どこにもありません。

ただ、ギターが上手い人というのは
例外なく多くの時間を
ギターに費やしています。

今回お伝えした
一万時間の法則を参考にし

一日●●時間のペースなら
どれだけの期間練習すればいいのかを
計算してみて下さい。

その時間を基準に
ギターの練習に取り組むことで

徐々に演奏が
上手くなっていくと思います。

後半でお伝えした
オススメの3サイトは

初心者がつまずきやすいポイントを
しっかりと押さえているので
そちらも参考にしてみて下さい。