• TOP
  • BLOG TOP
  • 弾き語り
  • 初心者必見!ギターの弾き語りレベルを飛躍させる正しい練習法とは?

ブログトップへ

初心者必見!ギターの弾き語りレベルを飛躍させる正しい練習法とは?

弾き語りのレベルを
上達させたいと思いませんか?

今回は初心者におすすめの
ギター弾きたり練習曲を
3つご紹介していきます。

さらに弾き語りを上達させる
正しい手順も解説していきます。

この順番通りに練習することで
効率よく弾き語りを
上達させる事が出来ます。

「弾き語りのレベルを上げて
人前でかっこよく演奏したい!」

という場合は今回の記事を
参考にしてみて下さい。

1. ギター初心者の練習は弾き語りがいい理由

ギター初心者の場合は
弾き語りから練習をすると

取り組みやすいですし
上達しやすいです。

なぜ、弾き語りから
始める方が良いのかと言うと

音楽というのはコード進行とリズムがあり、
その中をメロディーが流れていく
というのが基本的な形です。

弾き語りをすると
ギターがリズムとなり
歌声がメロディーとなるため

音楽の基本原理を学ぶのに
非常にオススメの練習法なのです。

基本的な部分を
弾き語りで学ぶことで

それ以降の上達スピードに
違いが出てきます。

ギター初心者の場合は
まずは弾き語りから
取り組んでみましょう。

2.ギター弾き語り初心者が選ぶべき練習曲3選

最初の弾き語り練習曲として
オススメする曲が3つありますので
そちらを紹介していきたいと思います。

●STAND BY ME Ben E. King
https://www.youtube.com/watch?v=pHa4pvspCqc&feature=youtu.be

基本的なコードだけで演奏が出来るため
初心者の練習曲として定番の1曲です。

弾きやすいリズムなので
弾き語りがしやすいです。

C・D・G・Emの
4つのコードを覚えれば

STAND BY MEは問題なく
演奏することが可能です。

●さくら(独唱) 森山直太朗
https://www.youtube.com/watch?v=p_2F2lKV9uA&feature=youtu.be

コードの種類時代は先程の
STAND BY MEよりは多いですが
難易度の高いコードはありませんので
初心者の弾き語り曲としてオススメです。

曲の中で多用されているコードは
C・D・Gの3つですので

まずはこの3つのコードを
覚えるようにしましょう。

●チェリー/スピッツ
https://www.youtube.com/watch?v=Eze6-eHmtJg&feature=youtu.be

初心者の登竜門と言われている
Fコードが入っているので

上記の2曲と比べると
難易度が高くなります。

ただ、それ以外のコードは
非常に基礎的なものばかりです。

上記2曲が弾けるようになったら
挑戦してみることで徐々に
演奏レベルを上げることが可能です。

3. 弾き語りの練習方法

弾き語りの練習には
いくつかの手順があります。

手順を間違えてしまうと
上達が遅れてしまったり

間違った演奏方法を覚えてしまい
後々、苦労する事になりかねません。

今からお伝えする手順を踏めば
スムーズに上達させる事が出来るので
参考にしてみて下さい。

・ステップ1:基本コードの習得

まずは基本コードと言われている
基礎的な8つのコードを覚えましょう。

8つのコードは以下の通りです。

1:C
2:D
3:Dm
4:E
5:Em
6:G
7:A
8:Am

この8つのコードを覚えることで
基本的な曲であれば
弾けるようになります。

他にもコードはありますが
まずはこの8つをマスターしましょう。

初めは指の配置などを1つずつ
確認しながら行っていき
慣れてきたら確認しなくても
コードが弾けるようになりましょう。

先程お伝えした
STAND BY MEですと

|G |G |Em |Em |
|C |D |G |G |

このようなコードの
組み合わせとなっています。

ワンフレーズだけでも
弾けるようになると
非常に嬉しく感じるものです。

練習を繰り返していき
8つのコードをマスターしましょう。

・ステップ2:ストロークを覚える

ストロークというのは
右手でジャカジャカと

一定のリズムで
ギターを弾くことです。

先程お伝えした8つのコードと
ストロークを覚えることで

初心者向きの曲であれば
70%は弾けるようになります。

ストロークのリズムは
数えだしたらキリがありませんが

ギターを習い出した始めの段階では
8ビートと16ビートのリズムを
覚えるようにしましょう。

この2つは最も基礎的なリズムで
全ての曲の土台となっています。

8ビートと16ビートが
どんなリズムなのか。

という事については
以下の動画を参照してみて下さい。

●8ビートストロークの弾き方(初心者のためのギター講座)
https://www.youtube.com/watch?v=58sLzC38KqA&t=203s

●16ビートストロークを弾こう:初心者のためのギター講座 16beat strumming
https://www.youtube.com/watch?v=6j1g4Pc5BjQ&t=44s

4. まだギターを持っていない場合の初心者のギターの選び方

まだギターを持っていない場合は
これからギターを購入するかと思います。

弾き語りにオススメのギターとしては
以下の条件を満たしたものがオススメです。

・条件1:弾きやすい

ギターの弾きやすさは非常に大切です。

弦の高さやネックの太さが
自分の手の大きさに合っているか
ボディのサイズはどうなのか?

といった部分を気にして
弾きやすいギターを選びましょう。

弦の高さはセッティングで
変更することが出来るので
後から修正する事が出来ますが

ボディのサイズなどは
後から変更できないので

十分に吟味してから
購入するようにしましょう。

・条件その2:チューニングが合う

チューニングが合うかどうかも
ギターの演奏には非常に大切です。

どのギターを選んでも
チューニングが合うと思われがちですが

あまりにも安すぎるギターだと
チューニングが合わないことも
しばしばあります。

チューニングが合うかどうか
しっかりと確認してから
購入するようにしましょう。

・条件その3:自分の声に合う

弾き語りで発する自分の声と
ギターの音色が合うものが理想的です。

材質によって音の雰囲気が変わりますし
大きめのギターだと音色の大きい分、

弾き語りの時にあなたの歌声を
遮ってしまう可能性があります。

以上3つの条件が
ギター選びのポイントです。

とはいえ、

・弾きやすい
・チューニングが合う
・自分の声に合う

の3つの条件を
満たしているのかどうか

初心者の頃というのは
分からないものです。

そんな時は楽器屋の店員に
相談するのが一番の解決策です。

あなたがどういった使い方で
ギターを使いたいのかを
明確に伝えることで

あなたに最適なギターを
紹介してもらう事が出来ます。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか?

ギターの弾き語りというのは
初心者の練習法としては
非常に効率的な方法です。

これからどんな演奏スタイルを
目指そうとも初めは弾き語りから
取り組む方法が望ましいです。

練習曲としては今回お伝えした
3つの曲が非常に簡単なので
オススメできます。

もし、ギターをこれから
購入する予定なのであれば

今回お伝えした
3つの条件を満たすような
ギターを選ぶようにしましょう。

「いまいち条件を満たしているのか
自分だけでは良くわからない…」

という場合は楽器屋の店員に
積極的に相談しましょう。

きっとあなたに最適なギターを
紹介してくれますよ。