• TOP
  • BLOG TOP
  • 弾き語り
  • 弾き語り配信に欠かせない4つの必須機材&3つの便利機材とは!?

ブログトップへ

弾き語り配信に欠かせない4つの必須機材&3つの便利機材とは!?

弾き語り配信に必須の『4つの機材』と
あると便利な『3つの機材』を公開!

さらに、

弾き語り配信でやりがちな
視聴者を苛立たせる
『ある』決定的なミスと
改善方法を紹介していきます!

これから弾き語り配信を
行っていきたいと考えている方は
今回の記事を参考にして頂き

質の高い弾き語り動画を
配信して頂ければと思います。

1. 弾き語りをネット配信するための必須機材

●必須機材その1:【オーディオインターフェイス】

オーディオインターフェースでは
以下のような機能があるものが
弾き語りに向いています。

・ループバック機能

この機能があることで
あなたのPC内で流れている曲を
視聴者が聞くことが出来ます。

弾き語りを配信する時というのは
生放送の場合もあるでしょう。

そのため視聴者に向けて何か喋るという
タイミングもあると思います。

無音で喋るよりも
何かBGMがあったほうが
喋りやすいです。

ループバック機能があれば
BGMを流す事が出来るので
生放送をする場合は必要な機能です。

・入力数

弾き語りをするのであれば
ボーカル用とギター用の
2本のマイクがある方がいいです。

2本のマイクをする立てるためにも
INPUT数が2つ以上あるものが良いです。

・ファンタム電源

コンデンサーマイクを使用する場合、
オーディオインターフェースに

ファンタム電源(48V)が
付いている必要があります。

ダイナミックマイクを使う場合であれば
特に必要ありません。

「具体的にどの機種を選べばいいの?」

と感じるかと思うので
オススメの機材を紹介します。

『TASCAM オーディオインターフェイス DSPミキサー搭載
96/192kHz対応 USB2.0 US-366』
https://www.amazon.co.jp/TASCAM-%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%B9-DSP%E3%83%9F%E3%82%AD%E3%82%B5%E3%83%BC%E6%90%AD%E8%BC%89-192kHz%E5%AF%BE%E5%BF%9C-US-366/dp/B00B7DN59W/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1527215645&sr=8-1&keywords=US-366

『Roland ローランド オーディオインターフェイス QUAD-CAPTURE UA-55』
https://www.amazon.co.jp/Roland-%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89-%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%B9-QUAD-CAPTURE-UA-55/dp/B005175BEC/ref=sr_1_1?s=musical-instruments&ie=UTF8&qid=1527215693&sr=1-1&keywords=UA-55

●必須機材その2:【マイク】

マイクの種類はコンデンサーマイクと
ダイナミックマイクの2種類がありますが

シャウトなどの激しい
歌い方をする人以外は
コンデンサーマイクがオススメです。

因みにマイクの本数ですが
用意出来るのであれば2本が理想です。

ボーカル用とギター用に
マイクが2本あると質の高い
配信をする事が出来ます。

どうしても難しいという場合は
コンデンサーマイク1本で
配信を行いましょう。

コンデンサーマイクで
オススメ出来る機種は
こちらです。

『audio-technica オーディオテクニカ コンデンサーマイクロホン AT2020』
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%AA%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8B%E3%82%AB-audio-technica-AT2020-%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%9B%E3%83%B3/dp/B000Y0FBY6/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1527216145&sr=8-1&keywords=AT-2020

●必須機材その3:【マイクケーブル】

マイクケーブルは3mほどあれば
問題ないかと思います。

マイクケーブルに関しては
どれを選んだとしても

ある程度の品質が保証されているので
お好きな物を購入して下さい。

●必須機材その4:【マイクスタンド】

マイクスタンドも
弾き語りを配信するには
必要な機材の1つです。

こちらも製品によって
特に差がありませんので
お好きな物を購入して下さい。

2. 弾き語りのこだわり配信機材

ここからは必須ではありませんが
あると便利な配信機材を紹介します。

●便利機材その1:【ポップガード】

ポップガードというのは
歌う時に飛び散ってしまう唾などが
マイクに付かないようにするための機材です。

●便利機材その2:【ショックマウント】

ショックマウントというのは
ノイズを軽減させる為の機材です。

この機材があるだけで
余分な振動を拾わずに
質の高い音を届けることが出来ます。

●便利機材その3:【ヘッドフォン】

録音する時や編集する時に
ヘッドホンがあると便利です。

音の変化や違いを
正確に聞き分けるためにも
癖の無いヘッドホンが好ましいです。

価格が比較的安価でオススメの
ヘッドホンはこちらです。

『SONY 密閉型スタジオモニターヘッドホン MDR-CD900ST』
https://www.amazon.co.jp/%E3%82%BD%E3%83%8B%E3%83%BC-SONY-MDR-CD900ST-%E5%AF%86%E9%96%89%E5%9E%8B%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%82%B8%E3%82%AA%E3%83%A2%E3%83%8B%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%98%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%9B%E3%83%B3/dp/B000UPEJCU/ref=sr_1_fkmr0_1?s=musical-instruments&ie=UTF8&qid=1527218691&sr=1-1-fkmr0&keywords=%E3%80%81SONY%E3%81%AEMDR-CD900ST

3. 弾き語りを上手に配信するコツ

弾き語りを上手に配信するためには

『バランス』

がとても大切です。

多くの配信者が
行ってしまいがちですが

歌声とギターの音のバランスが
非常に悪い場合が多いです。

例えば、歌声と同じぐらいの音で
ギターの音が流れてしまうと

歌声が聞こえづらくなってしまい
視聴する側からすると
とても不快な気分になります。

弾き語りは歌がメインなので
ギターの音はなるべく
抑えめにする必要があります。

改善方法は非常にシンプルで
マイクの距離や角度を
変更するだけで良いです。

それだけで音のバランスは
劇的に改善されます。

一度、録画した自分の動画をチェックし
音のバランスがおかしくないかを
確認してみて下さい。

もし悪いようであれば
マイクの角度や距離を調節し

最適な角度や距離を
見つけていきましょう。

4. まとめ

いかがでしたでしょうか?

弾き語りを配信する為には
いくつかの機材が必要です。

今回は最低限、必要な機材と
あると便利な機材に分けて
オススメ機材をさせて頂きました。

また、上手に弾き語りの配信を
行うコツについても解説したので
そちらも参考にしてみて下さい。