• TOP
  • BLOG TOP
  • ギター
  • 弾き語りを上達させる5つのテクニックと『ある』コツとは!?

ブログトップへ

弾き語りを上達させる5つのテクニックと『ある』コツとは!?

弾き語りを上達させる
5つのテクニックを公開!

「上手く弾き語りを
する事が出来ない…」

と感じていませんか?

今回は弾き語りのレベルを
『グンッ』と引き上げる
5つのテクニックと

演奏の印象をガラッと変える
とっておきの『コツ』をご紹介!

「弾き語りが上手くなりたい!」

と感じているのであれば
今回の記事を参考にしてみて下さい。

1. 弾き語りが上手くなるにはテクニックが必要?

ギターの弾き語りを上達させるには
ある程度の基礎的なテクニックを
身につけておく必要があります。

基礎的なテクニックを身に着けた後は
テクニックを求めずに
演奏の引き出しを増やす事に
意識を向けたほうが良いのですが

まだ、弾き語りを始めたばかりで
基礎的なテクニックが完全に
マスター出来ていない場合は

まずは、一通りのテクニックを
覚える事を意識するようにしましょう。

テクニックを覚えることで
以前のあなたと比べると

演奏レベルを簡単に
上げることが出来ます。

2. 弾き語りが上手くなる5つのテクニック

ギターの弾き語りを
上達させるテクニックは
全部で『5つ』存在します。

それぞれのテクニックについて
詳しく解説していきます。

・テクニックその1:『ハンマリング・オン』

一つ目のテクニックは
『ハンマリング・オン』です。

ハンマリング・オンというのは
弦を”叩いて”演奏するテクニックです。

コツとしてはあまり力をこめずに押さえ
他の弦をミュートするために
指を立てる事です。

ハンマリングする時は弦を真上から
叩くように意識してみましょう。

斜めや横から指が当たると
音程が不安定になるので注意が必要です。

こちらに参考動画を載せておくので
チェックしてみて下さい。

ギターレッスン【ハンマリング・オンを覚えよう】

・テクニックその2:『プリングオフ』

続いてのテクニックは
『プリングオフ』です。

プリングオフというのは
弦を押さえている指を離すことで
滑らかな音を出すテクニックです。

ポイントは離し方です。

弦から指をはなす時に
少しだけ弦にひっかけるようにして
離すように意識しましょう。

押さえた弦をただ単に
離すだけでは音は出ません。

しっかりと弾くことが
ポイントです。

こちらに参考動画を
載せておきますので
チェックしてみて下さい。

ギターレッスン【プリング・オフを覚えよう】

・テクニックその3:『スライド』

続いてのテクニックは
『スライド』です。

スライドというのは弦の上で指を滑らせ
音程を変えていくテクニックです。

スライドは情感を表現したい時に
便利なテクニックです。

スライドのコツは目標の音で
キッチリと止まることです。

指の力を抜かないことも
大切なポイントです。

終わりの音をしっかり鳴らし
終点の音程がずれないように
意識して演奏しましょう。

こちらにスライドの参考動画を
載せておきますので
チェックしてみて下さい。

ギターレッスン【スライドを覚えよう】

・テクニックその4:『グリッサンド』

グリッサンドもスライドと同じく
弦の上で指を滑らせて音程を変えていく
ギターテクニックの1つです。

スライドとグリッサンドの
違いは『曖昧度』です。

スライドは3フレットから
7フレットまでなど

”どこからどこまで”というのが
明確に決められています。

グリッサンドはそのような
明確な枠組みが無く曖昧です。

グリッサンドについての
参考動画はこちらから
チェックしてみて下さい。

ギターレッスン【グリッサンドを覚えよう】

・テクニックその5:『ミュート』

最後のテクニックは
『ミュート』です。

ミュートというのは
音を消すというテクニックです。

当たり前ですが
鳴らしたい弦の音を鳴らす事は
演奏において非常に大切です。

それと同時に鳴らしたい音以外を
鳴らさないようにする事も
同じくらいに大切な事です。

ミュートを覚えることで
鳴らしたい音のみを鳴らし

他の音を鳴らさないよう出来るため
演奏レベルを上達させる事が出来ます。

こちらの参考動画で
ミュートについて
解説されているので
チェックしてみて下さい。

ギターレッスン【目指せ!脱初心者!その1】パワーコードとミュート編

3. 難しいと感じたら試してほしいギター弾き語りのコツ

ギターの弾き語りというのは
慣れないうちは

「難しい!」

と感じてしまうものです。

そんな時はこれからお伝えする
『ある』弾き語りのコツを
試してみて下さい。

このコツを試していくことで
弾き語りを上達させる事が出来ます。

そのコツというのは、

『メリハリ』

です。

AメロやBメロ、サビなど
場面ごとに音にメリハリを
持たせることによって

曲の印象はガラッと変わり
観客の心をギュッと握り離さない
演奏をすることが出来ます。

メリハリを付けるために
最も簡単な方法は

『盛り上げたい場面で
音の数を増やすこと』

です。

鳴らす音が増えることで
音に厚みが出てきます。

そうすることで人の感情を
揺れ動かすような演奏を
行うことが出来ます。

注意点としてはサビの部分などで
音を増やすのであれば

全体のバランスを整えるために
他の部分では意識的に
音を減らすようにしましょう。

このようにして曲に
メリハリを持たせる事で

全く印象が変わった曲へと
変化させる事が出来るのです。

ちょっとした意識ひとつで
曲の印象はガラリと変わります。

4. まとめ

いかがでしたでしょうか?

弾き語りを上達させるためには
まずは基本的なテクニックを
覚える必要があります。

今回お伝えした

『ハンマリング・オン』
『プリングオフ』
『スライド』
『グリッサンド』
『ミュート』

の5つのテクニックは
基本的な技とされていますが
非常に大切なテクニックです。

まずはこれらのテクニックを
マスターするよう意識する事で

演奏レベルを『グンッ』と
上達させる事が可能です。

その上で後半でお伝えした
演奏のコツである『メリハリ』を
意識するようにして頂ければ

弾き語りを上手く
演奏することが出来ます。

参考動画も一緒に紹介しているので
そちらもチェックしながら
練習してみて下さい。

継続して練習を繰り返すことで
誰であっても演奏レベルを
上げることは十分に可能です。

たとえ一日30分だけであっても
継続して練習することで

数ヶ月、数年先には驚くほど
あなたの演奏レベルが
上達している事に気がつくでしょう。