ブログトップへ

カラオケでビブラートを簡単にかける『ある』意外なコツとは!?

カラオケでビブラートが出来ると
とてもかっこいいですし
憧れますよね。

今回はカラオケで気持ちよく
簡単にビブラートをかける
『ある』コツを伝授します。

さらに

カラオケで高得点を狙うための
理想的なビブラートについても
詳しく解説していきます。

この記事を参考にすることで
カラオケで歌を歌うたびに

周りの友人や
狙っている女の子から

「歌が上手いですね!」

と褒められるでしょう。

1. カラオケでビブラートをかけるコツ

カラオケで歌っている時に
さりげなくビブラートをかけると

確実に

「歌が上手い!」
と思われますし

歌っている方も
とても気持ちが良いです。

ビブラートの方法を
分類してみると

・のどを動かす方法
・アゴを動かす方法
・横隔膜を振動させる方法

の3つの方法があります。

プロの歌手が使っている
ビブラートは3番目の
横隔膜を振動させる方法です。

なぜこの方法を
使っているのかと言うと

最も音が安定し
キレイに揺らす事が
出来るからです。

こういう話をすると
横隔膜のビブラートを
知りたくなると思います。

もちろん練習すれば
誰でもキレイなビブラートを
出すことは十分に可能です。

とはいえ

練習には一定期間かかるので
すぐに行えるようなコツというのは
残念ながら存在しません。

ビブラートのコツということで
お伝えするとすれば

アゴを動かすビブラートが
最も手軽に覚えやすいです。

最終的にはしっかりとした
トレーニングを行い

横隔膜を使ったビブラートを
自在に使えるようにしてほしいですが

はじめの内は、アゴのビブラートを
使い慣れていきましょう。

アゴを動かすビブラートでは
音を揺らしたいタイミングで

上下にアゴを動かしていく事で
発する音を揺れていきます。

繰り返し練習することで
徐々に上手くなっていきます。

どのビブラートを行う時でも
必ず意識するべき事は

『脱力』

です。

緊張した状態では
声がうまく出せませんし

音も伸びず
揺らす事も出来ません。

そうなってしまっては
上手くビブラートを
かける事が出来ません。

まずは全身の力を抜いて
軽く上にぴょんぴょんと跳ね
余分な力を抜きましょう。

人前であれば
軽く深呼吸するだけでも
余分な力が抜けます。

身体がリラックスすれば
伸びのある美しい歌声が
出しやすいです。

一人の練習だと自分の歌声を
客観的に聴けません。

練習する際は必ずスマホなどで
歌声を録音するようにしましょう。

そうすることで
客観的に自分の歌声を
チェックすることが出来るので

どこが出来ていないかが
カンタンに理解する事が出来ます。

自分の声を録音して
再生するというのは

とても恥ずかしいと
感じるかもしれませんが
練習効果は絶大です。

恥ずかしがらず
是非、試してみて下さい。

2. ビブラートをかけるだけでカラオケの採点が上がる?

カラオケの採点システムには
ビブラートの項目が存在します。

ビブラートが上手く出来ると
得点をプラスする事が出来ます。

逆にビブラートが出来なければ
それだけ得点が伸びないので
高得点がなかなか取れません。

ビブラートが出来るだけで
周りの友人や異性から

「歌がうまいね!」

と褒められるだけでなく
カラオケで高得点を
狙う事も出来ます。

これほど便利な
歌唱テクニックは
そうそうありません。

しっかりと練習していき
カラオケで高得点を狙いましょう。

3. カラオケでのビブラートのタイプと種類

カラオケでの
ビブラートタイプには

ひし形や拡張形、ノンビブ
ボックス型a-2、b-1などなど

細かく分類していくと
全部で『15種類』に分類されます。

その中でも理想とされている
ビブラートタイプが
ボックス型とされています。

一定の音程と幅で
ビブラートを行うため

とても心地よく聴こえます。

ボックス型はaからcまであり
それぞれ1〜3に分かれています。

分類の基準は音の揺れ具合や
幅の広さによって分類されています。

一番バランスが良いのが
a~cの中間のbタイプで
さらに1〜3の2のタイプです。

つまり

b-2タイプのビブラートが
バランスの取れた
ビブラートだと言われています。

これが少し緩やかな
音の揺れと幅になれば
cタイプのビブラートになり

テンポが早いタイプであれば
aタイプのビブラートとなります。

bタイプを標準とすることで
曲に合わせてビブラートを
切り替える事が出来ます。

カラオケで採点すると
自分のビブラート型も

簡単に診断出来るので
試してみて下さい。

自分がどのタイプなのかを
理解することで

どうすればbタイプの
ビブラートへと

近づくことが出来るのか
自然と分かるようになります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

カラオケでビブラートを
かけるだけで周囲の友人や
狙っている女の子に

「歌が上手いね!」

と褒められる可能性は
とても高いです。

ビブラートを本格的に
使えるようになるためには
一定の練習期間が必要です。

そのためすぐに
行うというのは
現実的に難しいです。

ただ

今回お伝えした
アゴを動かす事で
音を揺らす方法であれば

動かすリズムを掴めば
比較的カンタンに
実践する事が出来ます。

初めの内はその方法を使い
カラオケでビブラートを
かけてみて下さい。

そうすることで
あなたが現在どのタイプの
ビブラートなのかがわかります。

理想的なビブラートは
b-2のタイプです。

ビブラートの
タイプが分かれば

b-2にするためには
リズムを遅くするべきなのか

それとも早くするべきなのかが
自然と分かるようになります。

そうして調整していくことで
自然とビブラートが
上達していきます。

カラオケでの
練習も良いですし

YouTubeなどで歌手が実際に
歌っている映像を
観察してみるのもいいです。

音楽教室に通って
プロに指導してもらうのも
オススメです。

もし周りにビブラートが
とても得意な友人がいれば
一緒に練習するのもありですし

スマホアプリや
カラオケアプリを使って
一人でも練習することが可能です。

練習方法は探せば
いくらでもあるので

あなたがやりやすい方法で
練習を行ってみて下さい。

歌う技術は歌うことで
誰でも伸ばすことが出来ます。

たとえ今のあなたが
歌が苦手で悩んでいても
それは解決できる悩みです。

諦めずに継続して
練習を行っていきましょう!

きっと素敵な歌声を
手に入れる事が出来ます。