ブログトップへ

実は難しい?巻き舌ができない原因とは?

みなさんは、「巻き舌」にどのようなイメージを持っていますでしょうか。日本だと、子供のころに巻き舌をしていると「行儀が悪い」と言われて、止めるよう注意されることも多いですよね。そのまま育っていくと、巻き舌をできないまま大人になる、ということも日本では珍しくありません。

しかし、海外に目を向けてみると、巻き舌が意外と違う評価を受ける国も多いです。大学の第2言語の授業などで驚いた経験のある人もいるのではないでしょうか。例えば、「ロシア語」などは巻き舌を利用する言語の代表として知られています。興味がある方は、ロシア語などを話している動画を調べてみるとよく分かりますが、日本語で表すところの「R」の音が、ロシア語ではすべて巻き舌で発音します。ロシア語のあいさつに「Здравствуйте!(ズドラーストヴィチェ)」という言葉がありますが、この「ラ」の音は、巻き舌で発音されます。日本だと、「うわっ」と思うかもしれませんが、ロシア語では巻き舌が上手にできないと、相手に聞き取ってもらうことができません。ちなみにロシア語は、世界でもっとも難しい言語と言われることがある言語です。
また、国内に目を向けてみても、歌手の方はもちろん、声優・ナレーターなど、「声」を仕事としている人たちは、全員巻き舌を練習します。それくらい、実は発声法として巻き舌は重要なのです。

そんな巻き舌ですが、意外とできない人が多いことでも知られています。ロシア人の中でも、上手に巻き舌ができる人とできない人で分かれるようです。「本家の人たちができないなら、できなくてもしょうがないか」と諦めてしまうかもしれませんが、せっかくこの記事を読んだのであれば、巻き舌をできるように練習してみましょう。まずは、巻き舌ができない原因について考えていきます。

1. 巻き舌が全くできない原因

それではまずは、巻き舌ができない原因について見ていきましょう。日本人が巻き舌を苦手としている原因は、いくつかあると考えられています。どれに当てはまるか考えながら読んでみてください。

1 .「行儀が悪い」という風潮

日本では、子供のころに巻き舌をしていると「行儀が悪いから止めなさい」と注意をされることが多いです。その指摘や風潮が正しいかどうかは置いておいて、子供のころにそう言われたことによって、「巻き舌=悪いこと」というイメージがついてしまい、今に至るまで特に巻き舌を利用してこなかったということが原因の1つとして考えられます。

巻き舌に類似する舌の動きというのはあまりないので、子供のころから親しみがなければ、大人になるまで一切挑戦したことがないという人も多いと思います。それだけ特徴的な舌の使い方をするということでしょう。

2.日本語にない音

日本人が下手だと言われているものとして、他には「th」の発音や、「R」と「L」の発音の違いなどがよく言われますよね。これらに共通している原因が、「日本語にない」ということです。日本語では、「R」も「L」もそれほど大きな違いはありませんし、多少発音がおかしくて理解することはできます。「know」のように、最初の文字を発音しない、ということもありません。

これと同様に、日本語に巻き舌を利用した発音はありません。端的に言えば、巻き舌を使えなく困る場面が存在しないのです。そのため、巻き舌が一切できないという方が多いのです。

3.巻き舌は難しいというイメージ

今までできなかった方でも、テレビなどを見て巻き舌をうまく活用して歌っているアーティストを見ると、「私もこんな風に歌ってみたい」と思うこともあると思います。しかし、「どうせ巻き舌は難しいから」と練習もせずに諦めてしまっていませんか?そのイメージによって、実は巻き舌をできるようになるチャンスを逃しているかもしれません。せっかくなので、今回でそのイメージは払しょくしてしまいましょう。

2. 巻き舌が長く続かない原因

「巻き舌多少はできるけどなかなか長く続けることができない」という方もいると思います。実践してみると分かりますが、巻き舌を長くするのは、意外と疲れます。長く続けることができない原因はどこにあるのでしょうか。

1.口元がリラックスしていない

巻き舌だけでなく、歌を歌う際には口元のリラックスが非常に重要になります。いかに口元の力を抜いて、意識しすぎることなく行うかということが大事です。巻き舌はできるけど、短い間しかできないという方は、口元に力が入りすぎている可能性があります。少し力を抜くことを意識してみてください。

2.口を閉じて巻き舌をしようとしている

巻き舌は、少しだけ口を開けて、空気の出入口を作りながらすると長い時間でも続けてできるようになります。口を閉じて行うと、空気の逃げ場がなくなってしまい、スムーズに巻き舌ができなくなってしまうのです。なかなか続かないなあという方は、口を少しだけ口を開けて練習してみてください。

3. 巻き舌を使って上手に歌えない原因

「巻き舌はできるはずなのに、歌に上手に活用することができない」という人もいると思います。それでは、なぜ巻き舌を使って上手に歌を歌うことができないのでしょうか。

もっとも大きな原因として考えられるのは、「巻き舌を多用しすぎている」ということです。巻き舌ができなかった人が、練習してできるようになると、「巻き舌を歌に活用してみたい」という意思がどんどん出てきます。

そうすると、どうしても歌っている最中に、予定とは違うところで巻き舌を入れてしまったり、いつもより多く巻き舌を使ってしまったりします。これは、巻き舌だけのことではないですが、歌の技法というのは要所要所で使うからこそ相手を感動させることができます。そのため、あまりに多用してしまうと曲のイメージを損なってしまい、聴いている人にとっても「なんか聞きづらい」という印象を持たれてしまうことがあります。

あくまで原曲に忠実に歌うと、上手に聞こえますので、やりすぎには注意しましょう。

4. 巻き舌ができるようになるおすすめの練習方法

それでは最後に、巻き舌ができるようになるおすすめの練習方法について紹介していきましょう。巻き舌を習得したいという方は、ぜひ以下のような方法を試してみてください。

1.自宅で簡単にできる練習方法

最初は、自宅で簡単にできる練習方法です。おすすめは「ル」の音を繰り返し発音することです。「ル」の音がもっとも巻き舌をしやすいと言われています。最初は「ルルルルルルルルル」と発音するだけで構いません。慣れてきたら「ル」と「ル」の間隔を狭めるよう努力してください。そうすると、いずれ完璧な巻き舌ができるようになります。

2.ボイストレーニングで本格的に学ぶ

巻き舌は自宅でも練習することができますが、本格的な歌手や声優になりたいと思っているのであれば、最初からボイストレーニングに通うことも検討してください。ボイストレーニングでは、巻き舌だけでなく、発声の基礎となる腹式呼吸やビブラートなども一緒に学ぶことができます。プロになるためには、ボイストレーニングは必須と言えるでしょう。趣味ではなく仕事にしたいと思うなら、なるべく早めに通って方が良いでしょう。

5. まとめ

巻き舌にはいろいろなイメージがありますが、使う場面さえ間違えなければ、必ず活躍する場は存在します。だからこそ、気軽な練習からでいいので、ぜひ巻き舌ができるように今から特訓してみてはいかがでしょうか。