ブログトップへ

音痴って遺伝なの?治し方もチェック!

会社や学校のイベントでカラオケに行くことがありますよね。

その時に音痴で歌を歌いたくないという方もいると思います。

しかし、そもそも音痴ってどうしてそうなっているのでしょうか。

遺伝と言われたりもしますが、果たして本当にどうなのかひも解いていきましょう。

1. 音痴は遺伝しない

音痴と一言で言っていても、様々な種類があることをご存知でしょうか。

たとえばカラオケにいって、音痴だなって思うときがあります。

しかしそのときに音痴だと感じる理由は考えてみると多くあります。

リズムが取れていない、正しい音程が出せていないなど、原因は様々です。

これらすべてが遺伝であるのか?といわれますが、それは違うということが言われています。

音痴にも様々ありますが、これらの原因は後天的なものです。

1-1. 昔は遺伝すると言われていた

音痴は遺伝によるものだと言われてきました。

それはなぜかというと、音楽にしっかりしている人の子供は音痴になることなく育っているのに対して、音痴の人の子供は音痴になっている傾向が強いということからきています。

しかし、音痴の原因が遺伝によるものかというとそうとも言えません。
実際は後天的な原因により音痴になっているのです。

1-2. 本当は音痴な親の歌が影響して後天的音痴になるだけ

音痴は後天的な原因によってなっているという話をしました。

つまり親が音痴でも子供が音痴でない場合は多くありますし、音痴であっても努力によって克服することができるということです。

では音痴になる人の傾向としてどういったパターンが多いのかというと、音痴な親の鼻歌や歌を聞いて子供も音痴になっているケースが見受けられます。

小さい子供は大人が思っている以上に、周囲で流れている歌を聞いています。
その音がしっかりと合っていないため大人になって歌を歌うときに音痴になることがあり、結果として音痴は遺伝なのだと勘違いされてしまっているのです。

音痴の子供も音痴という結果だけを見ると遺伝が関係すると思われがちですが、実際はこのようなことが原因となり後天的に音痴になっているのです。

2. 子供が音痴になるのを防ぐ方法

子供の音痴の原因が後天的なものだとお伝えしました。

音痴の原因が後天的なものならば、その音痴を防ぐことも可能だということです。

ここでは子供が音痴にならないようにするにはどうしたらよいのかを、子供の耳について紹介していきながらひも解いていきましょう。

2-1. 子供は音痴で当然

音痴の理由の一つとして、耳で聞いた音をしっかりと再現することができないことが挙げられます。

これは二つの原因があります。

一つ目の理由は耳でしっかりと音を聞き取ることができているが、声で再現するときに喉の筋肉が発達していないため、声で音程を再現することができないということです。

これは、耳では音を聞き取ることができているので、のどの筋肉であったり、発声の方法を学ぶことで改善することができます。

そして二つめの理由が、耳で正しい音を聞き取ることができていないパターンです。

人は聞き取ることができる音程しか、再現したり、声に出して歌うことができません。

つまり、正しい音程を聞き取ることができていない段階で、上手く歌うことはできず、音痴になっているというパターンです。

子供は音を聞いている回数も多くありませんし、その音を再現してきた経験も多くありません。

それを考えれば子供は総じて上手に歌を歌うため必要な経験が絶対的に不足しているので、音痴になりやすいのは当然のことかもしれません。

なので、子供が音痴だからといって、親が悲観する必要はありません。

そういうものだと思って、認識しておきましょう。

2-2. 「耳の黄金期」とは

子供が音痴であることは、子供の経験値の問題であることを紹介してきました。

しかし、子供の能力を考えると、早い段階で音痴を克服することが可能であるというデータがあります。

それは耳がよく聞こえる年齢というのがあるからです。

この年齢のことを耳の黄金期と呼ばれています。

この耳の黄金期は0歳から3歳までといわれています。

よく英語は小さいうちに初めているほうが良いといわれています。

英語耳なんて呼ばれるにはこの時期にしっかりと英語の発音や周波数を耳で聞き取る経験をしていることが重要になります。

つまり、この時期を活かすことが音痴を防ぐことにつながるということを覚えておき、子育てに活かしていきましょう。

2-3. 親が音痴ならCDなどでうまい歌を聞かせるといい

耳の黄金期が0歳から3歳までであることを紹介しました。

この時期に耳はしっかりと発達していき、機能を果たしていくようになります。

つまり、この時期に音痴な歌を聞いていることによって、子供が音痴になっていることが後天的に音痴になっている原因の一つです。

逆を言えば、この0歳から3歳の間にしっかりとした歌を耳にしていれば、音痴になりません。

しかし、親が音痴であればどうすればいいの?という声も上がるかもしれません。

いたってシンプルな方法を紹介すると、CDを使ってうまい歌を子供に聞かせてあげるだけでも効果があります。

このように良質な音楽を聞かせることを意識していきましょう。

また、音楽教室に通わせることもおすすめします。

小さいころからピアノなどの音楽をやっている子供もいますよね?

こうした子供は小さいころから、うまい歌や音楽を聴いているので、音痴になることを防ぐことができています。

非常に簡単な方法から、プロの音楽で学ぶことなど、様々な方法でアプローチをしていくことができます。

3. すでに音痴でもほとんど治せる

子供が音痴になる原因について紹介してきました。

しかし、大人になっても音痴になっている場合はどうしたらいいの?という話ですよね。

これまで触れてきましたが、遺伝で音痴になるわけでもなく、後天的な理由で音痴になります。

このことから、音痴を治すことも後天的に行っていくことができます。

音痴の種類には様々なものがあることに触れましたが、続いてはその音痴をどうやって治していくのかについて紹介していきます。

3-1. 音痴の治し方

まず、音痴の種類は大きく分けて2種類があることに触れました。

1つめが耳で正しく音楽を聴くことができているが、のどの筋肉などの未発達により、音を再現することができないということです。

そして、2つめがそもそも耳で正しい音を聞き取ることができていないことでしたよね。

まず1つめの音の再現がうまくできていないときの音痴に治し方について紹介していきます。

この音痴の種類を喉音痴というのですが、この喉音痴の治し方の一つとして、大きな声を出して歌うことが挙げられます。

シンプルすぎる方法なので、疑問に思う方もいるかもしれませんが、これだけでも効果がでます。

息を吸って、みぞおちあたりに息をためることを意識します。

おなかから息を吐くことを意識することで、自分の息を維持しようという意識を持つことができます。

普段なにげなく行っている歌うという作業ですが、こうして、自分の息を声に変えていることを意識することで、声の安定を図る練習にもなりますし、実際音程を安定させる手助けになるでしょう。

もう一つ紹介するのが、楽器の音を自分の声で再現する方法です。

ピアノで「ファ」の音を聞き、その音を再現してみましょう。

歌を歌うときは、多くの音を短い時間で発していますが、こうして一つの音を練習することで、音の再現に対して安定させることできます。

一つ一つの音それぞれでできるようになれば、音楽を歌うこともできるようになるでしょう。

3-2.耳音痴の治し方

 

耳で正しく聞き取ることができない音痴の方を耳音痴と呼びます。

自分が発している声は骨を通して聞こえていますよね?

しかし、ほかの人の声は骨を通さずに聞こえてきます。

この違いが耳音痴の原因になっていることが多いです。

ですので、ピアノとボイスレコーダーを使って、音痴を治す方法を紹介します。

ピアノに耳を当てて、ドレミファソラシドを聞いてみましょう。

この時、骨を通して聴くことを意識してください。

そして、この音を自分で歌ってみて、ボイスレコーダーにとってみてください。

そのボイスレコーダーで再現できているのかどうかを確認してきながら、自分の音程のずれの認識していき、修正していくことで耳音痴を治していくことができます。

4. まとめ

音痴は遺伝ではなく、後天的な理由でなっていることを紹介してきました。

音痴は努力で治す人もいますし、そう考えると音痴になったのも後天的だったのだなということも頷けますよね。

今、音痴な人はトレーニング次第で治すことが知れて希望を持つことができます。

ぜひ、自分の音痴の種類を認識し、効果的なトレーニングを積み、自分の音痴を治していきましょう。