• TOP
  • BLOG TOP
  • 音痴
  • 音痴を直す魔法の3ステップとは!?タイプ毎の改善方法と4つのポイントを公開!

ブログトップへ

音痴を直す魔法の3ステップとは!?タイプ毎の改善方法と4つのポイントを公開!

音痴を改善する事は
意外とカンタンです。

音痴の方というのは
音を聴くことや発声すること
リズムを取ることに対して

ほんの少しだけ
苦手意識があるだけです。

その苦手意識を克服することで
音痴を直す事は十分に可能です。

今回は音痴を直すための
3ステップを具体的にお伝えします。

この順序通りに練習することで
あなたの音痴はみるみる消えていき

気がついたら大好きな仲間や
気になる女の子とカラオケで
盛り上がっていることでしょう。

1. 【音痴を直したい】音痴の原因

音痴を直す為には
まずは『音痴の原因』を
突き止める必要があります。

原因が分かればどうすれば
改善させることが出来るのかが
次第に理解することが出来ます。

まずは音痴の原因として
可能性の高いTOP3を
ご紹介したいと思います。

1-1.リズムに乗れていない

まずはリズムに乗れていない事が
原因のパターンです。

このタイプの場合だと
歌声を発する行為そのものは
何も問題はありませんが

リズムに乗るという部分に
苦手意識があるため
上手く歌うことが出来ません。

逆に言えばリズムに
乗ることさえ出来れば
歌を上手く歌うことが可能です。

後ほど改善方法を紹介するので
そちらをチェックしてみて下さい。

1-2.音が外れている

2つ目のパターンとして
音が外れてしまうタイプです。

このタイプは先ほどの
リズムが取れないタイプと似ています。

先ほどのタイプは
音のリズムを合わせるのが
苦手がタイプでしたが

このタイプは周りの音程を
聴き分ける事が苦手なタイプです。

楽器や曲の音、周りの歌声など
どの音程で歌っているのかを
聴き分ける事が苦手であるため
音程が外れてしまうのです。

このタイプの方は
周りの音程を認識する力を
伸ばしていくことで改善します。

後ほどお伝えする
改善メニューに取り組み
音痴を克服しましょう。

1-3.高い音や低い音が出ない

3つのタイプは音域が狭く
高音や低音が出しづらく
上手く歌うことが出来ないタイプです。

このタイプはリズムにも乗れるし
周りの音程を正確に
聴き分ける事も出来ます

そのためどの音を出せば良いのかも
なんとなく分かっています。

ただ、自分自身の音域が狭く
出したくても上手く出せない。

ただ、それだけです。

このタイプは音域を広げることで
音痴を改善させる事が可能なので

後ほどお伝えする改善法を
実践してみて下さい。

2. 【音痴を直したい】練習方法

それでは具体的に
どのような練習をすれば
音痴を改善出来るのか。

詳しく解説していきます。

2-1.自分の歌っている声を録音しよう

まず、実践して頂きたいのは

『声を録音する』

という方法です。

この方法で音痴を克服できるタイプは
音が外れてしまうタイプの方です。

音が外れてしまうタイプの方は
声を聴く事に対して苦手意識があります。

そのため、

まずは声を沢山聴くことが
音痴を改善させる近道となります。

それと同時に自分の声が
どのような音程なのかを

客観的に理解することで
より自分の声を改善させる
スピードが早まっていきます。

・歌声を沢山聴くこと
・自分の声を客観的に聴くこと

この2つの条件を満たした
練習メニューこそ
声を録音するという方法です。

録音方法は録音機などを
使っても構いませんが

今だとスマフォのアプリなどで
簡単に録音する事が可能です。

オススメのアプリとしては

●Feedback Recorder フィードバックレコーダー
https://itunes.apple.com/jp/app/feedback-recorder-%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC/id887723943?mt=8

こちらがオススメです。

録音しながら自分の声を聞けるため
音痴の改善には最適なアプリです。

iPhoneのみに対応しているようなので
現在お使いのスマートフォンが
iPhoneであれば是非、活用して下さい。

2-2.リズム感を身に付けよう

2つ目の練習方法は
リズム感を身につける方法です。

こちらは当然、リズムに乗ることに
苦手意識を持っている方にオススメの
トレーニングメニューです。

トレーニングメニューと言っても
単純にリズムに意識を向けて
曲を聴くよう心がけるだけです。

リズムが取れない方は多くの場合、
歌詞や自分の歌声に集中しすぎてしまい
リズムを聞く余裕が無い事が多いです。

そのため、一度歌うことをせずに
リズムに意識を集中させて
曲をじっくりと聴くようにしましょう。

そうすることで曲のリズムが
自然と掴めてくると思います。

リズムが掴めれば
後はそれに合わせて歌えば
徐々に音痴を克服できます。

どんなリズムで曲が流れているのかを
意識することを心がけましょう。

2-3.高い音や低い音を出す練習をしよう

3つ目の練習方法は
高音や低音の発声練習です。

この練習法を行っていただきたいのが
音域が狭いタイプの方です。

音域が狭いタイプは
音域さえ広げることが出来れば
簡単に音痴を改善出来ます。

音域を広げる方法としては
自分が普段から出している音程で
「あ〜〜〜」や「ら〜〜〜」などと
数秒間発声していき

徐々に音程を上げていく
または下げていくというのを
繰り返し練習していきましょう。

地味に感じると思いますが
この方法を繰り返すことで
徐々に音域が広がっていきます。

是非、試してみましょう。

3. 【音痴を直したい】音痴克服の際、取り入れるといい4つのポイント

先ほどお伝えした
タイプ別3つの改善法を実践することで
音痴を改善させる事は可能です。

ただ、より早く簡単に
音痴を改善させる為の
とっておきの秘策を4つご紹介します。

先ほどお伝えした練習メニューに
4つのポイントを加えて頂き
最速で音痴を改善させましょう。

3-1.姿勢

1つ目のポイントは

『姿勢』

です。

「なーんだ姿勢か」

と思うかもしれませんが
意外と姿勢は大切です。

背中が丸まっている状態では
確実に良い声は出せません。

天井から糸で
吊るされているイメージで
姿勢をピシッと直す事で

本来のあなたの実力を
フルに発揮することが出来るのです。

3-2.呼吸方法

正しい呼吸法を覚えることも
発声をするために非常に重要です。

発声に適している呼吸法は
腹式呼吸と呼ばれる方法で
吸った空気をお腹に蓄え

お腹にある空気を
徐々に吐き出していく
呼吸法が一般的です。

腹式呼吸を行うことで
より沢山の空気を
吸い込むことができます。

多くの空気を吸い込むことで
声に安定感が生まれますので

練習の時には呼吸法にも
意識を向けましょう。

3-3.恥ずかしがらずに歌う

3つ目のポイントは

『恥ずかしがらず歌うこと』

です。

「え?そんなことですか??」

と思うかもしれませんが
かなり大切なことです。

自分は音痴だと自覚していると
どうしても歌うことに抵抗があり
歌う事を避けてしまいます。

初めは1人で歌う練習をしていき
徐々に歌うことに慣れる形で
全く問題ありませんが

徐々に人前で歌うことにも
慣れていく必要があります。

相当な恐怖感があると思いますが
人前で歌うことに慣れることで

「今の自分の歌声は昔のように
恥ずかしいレベルじゃないんだ」

と実感することで
自信にも繋がります。

少人数で構いませんので
人前で歌う機会を
徐々に増やしていきましょう。

3-4.日常生活にリズムを取り入れる

4つ目の方法は日常生活に
リズムを取り入れる方法です。

この方法はリズムに乗る事に
苦手意識がある方が
特に行う必要があるのですが

日常生活の中では
様々な音が流れています。

コンビニを出入りした時の音や
CMの音楽、店内のBGMなど

そういった音に対して
リズムを意識しながら
聴く癖をつけてみて下さい。

すると自然とリズムに乗る行為が
簡単に出来るようになります。

リズムを使ったゲームなどを
積極的に取り組むのもアリです。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか?

音痴を直すステップとしては

・ステップ1:自分のタイプを知る。
・ステップ2:タイプ別の改善法を試す。
・ステップ3:4つのポイントを実践する。

という3ステップで
行うことがとても大切です。

「自分は音痴だから…」

と上手く歌う事を
諦めてしまいがちですが

ステップに沿って
練習をしていくことで
確実に上手く歌えるようになります。

今回の記事を参考にして頂き
音痴を克服し音楽を楽しみましょう!