• TOP
  • BLOG TOP
  • 音痴
  • 音痴の人でも歌が上手くなる3つの方法とは!?音痴の原因と改善メニューを公開!

ブログトップへ

音痴の人でも歌が上手くなる3つの方法とは!?音痴の原因と改善メニューを公開!

1. なぜ歌がヘタだと感じるのか?

あなたは自分の歌声は
下手だと感じていますか?

歌を上達させるためには
まず、なぜ自分の歌声が

下手だと感じるのかを
考える事が大切です

自分の歌声が下手だと感じる理由は
大きく分けて2つに分かれます。

それは、

・他人から下手だと言われた経験がある
・人前で歌う事が恥ずかしい

この2つです。

他人から下手だと言われると

「そうか〜自分の歌は下手なのか…」

と感じてしまうかと思います。

もう一方の人前で歌う事が
単純に恥ずかしいという方は
実は音痴では無い可能性もあります。

または歌う機会が少ないから
歌うことに慣れていないだけで

歌う慣れてくると普通に上手く
歌える可能性も十分にあります。

まずは、自分の歌が下手だと
思いこんでいる理由が

他人から言われたのか
自分で思い込んでいるのか

を考えてみましょう。

そうすることで
音痴を改善するヒントが
徐々に見えてきます。

2.歌が上手い人の特徴

ところで、歌が上手い人と聞くと
どのような人物の事だと思いますか?

「やっぱり高音がキレイに出せる人ですかね?」

「ビブラートが上手くデキる人かな?」

「場面ごとに音程をしっかり出せる人では?」

など、

様々な考え方があると思います。

一般的には歌を上手く歌うには
最低限、以下の条件を
満たしている必要があります。

・リズムが取れている
・正しい音程で発声できる

周りのリズムに合わせて
歌を歌うことができ

音程もしっかり合っていれば
歌が上手いと思われる事が出来ます。

細かい部分を言えば、
呼吸法や姿勢など
様々な要素はありますが

基本的にはリズムと音程の
2つの条件を満たす事が重要です。

3.自分が歌がヘタだと感じる原因を知ろう

歌が下手だと感じる理由として
おそらく、先ほどお伝えした

リズムと音程のどちらか
あるいは両方の要素が

満足のいくレベルまで
満たされていない可能性が高いです。

リズムが上手く取れない方の特徴としては
なぜか歌っている最中や歌い出しが
ズレてしまう事が多いです。

音程などはそこまで問題なくても
リズムが曲とズレてしまうことで

周りから音痴であると
思わているだと思います。

おそらくリズムが
上手く取れない原因としては

歌うことや歌詞に
意識が集中してしまい

リズムを取ることまで
意識が向けることが出来ない。

という状況なのだと思います。

このタイプの方は
曲のリズムを意識することで
音痴を改善させる事が可能なので

後ほどお伝えする練習法で
リズムを意識するように
して頂ければと思います。

また、リズム以外の原因としては
音程が上手く取れない
というタイプです。

音程が上手く取れない方は

『まったく音程が合わない』

というパターンなのか

『一定の音域は問題ないが
それ以外の音域だと音程が取れない』

の2つにパターンが分かれます。

全く音程が合わないタイプだと
耳から入ってくる音と
自分の発する声を頭の中で
調整するのが苦手なケースです。

この調整が上手く出来ないから
音程に合わせて自分の声を
発声することが出来ないのです。

このタイプの方は頭の中で外部の音と
自分の声を調整できるようになれば
上手く歌を歌うことは可能です。

具体的な改善法も後ほど
詳しく解説していきます。

また、

一定の音域であれば
問題なく歌えるが、

それ以外だと途端に
歌えなくなってしまう。

というパターンだと、

発声できる音域が
狭い可能性が高いです。

音域が狭い事で音域内の音であれば
問題なく歌うことが出来るのですが

音域外の音となると途端に
音程を合わせる事が難しくなります。

こちらに関しても対処法があるので
後ほどお伝えする改善方法を
チェックするようにしましょう。

4. 歌が上手くなる練習方法

それでは具体的に音痴を改善させる
練習方法をお伝えしていきます。

まずは、リズムが取れないタイプの
練習方法についてお伝えします。

リズムが取れない方というのは
先ほどもお伝えしましたが

歌うことや歌詞に
意識が集中していしまい

リズムを取る余裕がない事が
大きな原因だと言えます。

そのためリズムを取るためには
一旦、歌うことを止める必要があります。

歌いながらリズムを取ろうとしても
意識が歌うことに向かってしまい
一向にリズムを取ることが出来ません。

リズムを取る練習に最適なのが

『ハミング』

です。

ハミングというのは口を閉じて

「ふ〜ん♪ふ〜んふふ♪」

などとリズムに合わせて
歌う方法を言います。

この練習方法であれば
歌詞や歌うことをせず

単純にリズムに沿って
口ずさむだけなので

意識をリズムに
向ける事が出来ます。

慣れてくればハミングを止めて
実際に歌うようにしていけば

次第にリズムを意識した状態で
歌う事が可能となっていきます。

次に音程が上手く取れないタイプの
改善方法についてお伝えします。

音程が取れないタイプは

・音程が全く取れない
・自分の音域外の音になると取れない

の2つのパターンに分かれます。

音程が全く取れない
というタイプは

周りの音に合わせて
自分の声を調整する事が

上手く出来ていない
可能性が高いです。

そのため、頭の中で
耳から入ってきた音と
自分の声を調整する事が出来れば

上手く発声することができ
問題なく歌を歌うことが
出来るようになります。

具体的な改善方法としては
自分の声を録音することです。

自分の声がどの程度の音程で
発声させれているのかを

自分の耳から客観的に
理解することが出来れば

徐々に正しい音程へと
修正することが出来ます。

自分の声を聞くには
録音をする必要があります。

スマホの録音機能を使うことで
自分の声を聞くことも出来ますが
オススメのアプリが1つあるので
紹介させていただきます。

それが、

●Feedback Recorder フィードバックレコーダー
https://itunes.apple.com/jp/app/feedback-recorder-%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%BC/id887723943?mt=8

です。

通常の録音機能だと
言葉を発して録音を行うので

自分の声を聞くのは
録音が終わった後だと思います。

このアプリの良いところは
自分の発した声がイヤホンから
リアルタイムに聞こえてくるところです。

音楽を流しながら
録音も出来るため

自分の歌声を聞きながら
録音することが出来ます。

こうすることでその場で
自分の音程がチェックできるので

音程を取ることに
苦手意識がある方に
とてもオススメのアプリです。

一方、自分の音域であれば
問題なく歌えるタイプは

単純に元々の音域が狭いだけなので
発声練習によって音域を広げれば
問題なく歌うことが可能です。

音域を広げるためには
まずは呼吸法から意識しましょう。

腹式呼吸を心がけ
お腹で空気を吸い込み
吐くことを繰り返しましょう。

背中が丸まっている場合は
姿勢をピンとさせます。

無意識に入っている
余分な力を抜いて
リラックさせたら

以下の発声方法を行います。

・徐々に音を上げていく

数秒間で構いませんので

「ド〜〜〜」や「レ〜〜〜」

などと自分の音域で
音を発声し続けます。

その後、徐々に音を上げていきましょう。

出せる限界まで
音を上げていきます。

・徐々に音を下げていく

限界まで音を上げたら
今度は少しずつ音を下げましょう。

ポイントは”少しずつ”です。

徐々に下げていき
普段の音域まで下がってきたら

それよりもさらに低く
音を下げていきましょう。

限界まで音を下げきったら終了です。

これを繰り返すことで
徐々に音域が広がっていき
出せる音程が増えていきます。

音程の幅が広がれば
歌える曲も増えていくので

自然と上手く
歌えるようになります。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか?

音痴だと感じている方が
歌を上手く歌うには

まずはなぜ音痴だと
感じているのかを考えましょう。

もしかしたら、人前で歌うことが
恥ずかしいだけで音痴ではない
という可能性もあります。

逆に過去に音痴だと言われて以来
自分が音痴なのだと感じている方は

どの音痴のタイプなのかを
知る必要があります。

リズムが取れないのか
音程が取れないのか。

音程が取れない場合は
全く音程が取れないのか
一定の音域なら音程が取れるのか。

音痴のタイプが大体分かってくれば
改善方法を知ることが出来ます。

今回お伝えしたタイプごとの
改善メニューに取り組むことで

音痴を改善させることが出来るので
繰り返し練習を行うようにしましょう。