• TOP
  • BLOG TOP
  • 音痴
  • 諦めかけていたあなたの音痴を治す『タイプ別オンチ改善メニュー』とは!?

ブログトップへ

諦めかけていたあなたの音痴を治す『タイプ別オンチ改善メニュー』とは!?

あなたが人前で堂々と
歌を歌うことが出来ますか?

今回は歌うことが苦手な
音痴の方のために原因と対策を
詳しくお伝えしていきます。

実は音痴というのは
改善させる事は十分に可能です。

音痴の種類は大まかに
3種類に分かれます。

それぞれの音痴の原因と
改善方法を解説していきます。

一人で音痴について悩み
友人や恋人とカラオケに行けない…

今回の記事を参考にすることで
そんな状況からスパッと抜け出し

友人や恋人と好きな歌を
思いっきり歌い切りましょう!

1. 音痴を治す方法ってあるの?

音痴というのは練習次第では
改善させる事が可能です。

たとえ、完全に改善させる事は
難しいとしても音痴のレベルを
軽減させることは可能です。

現在、音痴に悩んでいたとしても
これからお伝えする改善メニューを
繰り返し実践していくことで

音痴を克服あるいは
軽減させる事が可能です。

一生、音痴として
生きていかないといけない。

という訳ではありませんので
安心して下さい。

2.なぜ音痴かもと思うのか?音痴の原因

まずは音痴の原因を
突き止めることが大切です。

音痴の原因が分かれば
改善策も立てやすいです。

あなたの音痴が一体
どういう原因で起こっているのか。

音痴の原因は主に
3つのタイプに分類されます。

この中であなたの音痴が
どのタイプなのかを一度
チェックしてみて下さい。

1.曲と自分の声の音がずれていると感じる

1つ目のタイプは曲の音に対して
自分の発する歌声がズレている
と感じる場合です。

このタイプの特徴は曲の音程を
しっかりと聴き分ける事は出来ているが

正しい音程を”発する”事が
苦手だと言えます。

聴く音と自分の発する歌声が
上手く頭の中でリンクしていないため
このような現象が起こってしまいます。

逆に言えば、

頭の中で聞こえる音と
自分の声を上手くリンク出来れば
音痴は改善すると言えます。

詳しい克服法は後ほど
お伝えしていきますので
安心して読み進めて下さい。

2.曲と自分の声のリズムがずれていると感じる

2つ目のタイプは曲と自分の歌声の
リズムが噛み合わないタイプです。

どうしても歌っている最中で
徐々にリズムがズレてしまう…

そんなタイプの方です。

このタイプの方というのは
歌詞や歌う事に集中しすぎてしまい

リズムを取る事に意識を
向けることが出来ていない。

と言えます。

リズムを意識することで
改善することが出来るので

後ほど具体的な改善方法を
お伝えするのでチェックして下さい。

3.出したい音の声が出ない

3つ目の特徴は出したい音を
上手く出すことが出来ない…

というタイプです。

1つ目のタイプと似ていますが
3つ目のタイプの方は、

自分が出せる音域の時は
問題なく歌うことが出来るが

自分の音域外の音を使う曲は
歌うことが出来ない。

というタイプです。

1つ目のタイプは
どんな音程であっても
曲と上手く合わせることが出来ない。

というタイプを言います。

1つ目と3つ目のタイプでは
どちらかと言えば、

3つ目のタイプの方が
改善はしやすいと言えます。

なぜかと言うと、

3つ目のタイプの方は
自分の音域の範囲内であれば
問題なく歌を歌えるため

単純に音域を広げれば
歌えるバリエーションが増え

自然と歌うことが
出来るようになります。

詳しい改善方法は
後ほどご紹介します。

3. 音痴の治し方

あなたの音痴のタイプは
3つのパターンの中で

どのタイプに分類されるのか
理解することは出来ましたか?

ここからは3種類の音痴に対して
それぞれの改善メニューを
具体的に解説していきます。

まだ、自分がどのタイプか
分かっていないという方は

読み進める前に
自分の音痴タイプを
チェックしてみて下さい。

1.曲と自分の声の音がずれていると感じる

3つの音痴タイプの中で
曲の音程と自分の声がずれてしまう。

というパターンの場合、
先ほどお伝えしたように

頭の中で曲の音程と自分の歌声が
上手くリンク出来ていないという
可能性が大きいです。

なので、まずは自分が発している
歌声を客観的に聴くことが

このタイプの音痴を
改善させる方法となります。

具体的な改善メニューとしては
自分の歌声を録音するようにしましょう。

自分の歌声を録音し
再生することを繰り返すことで

客観的に自分の歌声を
頭で理解出来ます。

スマートフォンの録音機能や
録音機を使用するのもアリですが

録音アプリを活用するのも
非常にオススメな方法です。

オススメのアプリとしては
こちらです。

●Feedback Recorder フィードバックレコーダー
DLはこちら
※Android非対応アプリです

通常の録音アプリだと
単純に録音した歌声を
後から再生するだけですが

こちらのアプリでは録音中の声を
リアルタイムでイヤホンから
聞く事が出来ます。

つまり、

その場で音程のチェックをしつつ
録音することが出来るのです。

おそらく自分の声を聞くと
最初の頃は歌の下手さに
泣けてくると思います。

その内、自分の声を聞くことに
嫌気がさしてしまい
徐々に練習の回数が減っていきます。

ただ、音痴を改善させる為には
自分の歌声と向き合う機会が
必ず必要になってきます。

初めは下手だと
感じていた歌声も

練習していく過程で
徐々に上達していく事が
実感できるはずです。

好きな歌や歌いやすい歌で
全然問題ありませんので
歌い続けることを意識しましょう。

2.曲と自分の声のリズムがずれていると感じる

曲と自分の声のリズムが
ズレてしまうというタイプは

単純にリズムを覚える事で
歌がずれにくくなります。

おそらく歌っている最中は
歌うことや歌詞に集中してしまい
リズムを取る余裕が無いと思います。

このタイプの改善メニューは

『ハミング』

です。

ハミングというのは
実際に歌うことはせず

口を閉じた状態で

「んー♪んん〜♪」

などとリズムに合わせて
言葉を使わずに歌う方法です。

ハミングを行うことで
歌詞や歌うことに対して
意識を向けなくてもいいので

無理することなく
リズムに集中することが出来ます。

これを数回繰り返し
曲のリズムが掴めてきたら

普段通りに歌うようにしていき
様子を見ていきましょう。

歌う→ハミング→歌う→ハミング

というように繰り返すことで
徐々にリズムが取れた状態で
歌うことが出来るようになっていきます。

繰り返しの練習が
とても大切なので

日々の習慣として
続けるようにしましょう。

また、日頃から曲を聴く時に
歌詞や歌声だけでなく

ドラムの音やテンポなど
曲のリズムに対しても
意識を向けるようにしましょう。

3.出したい音の声が出ない

自分の音域の時は
問題なく歌が歌えるが

それ以外の音域の時では
歌がうまく歌えない。

そんなタイプの方は
音域を広げれば全て解決します。

自分の音域外の音を
上手く出せないというのは

とても当たり前のことなので
安心して下さい。

改善メニューをお伝えする前に
発声の土台がきちんと出来ているか。

という事を確認して下さい。

発声の土台というのは
呼吸法です。

基本的に歌を歌う時は
腹式呼吸を使います。

お腹に息を溜めて
溜めた空気をお腹から出していき
発声を行っていきます。

この呼吸法を行うことで
体に取り込む空気量が増え
発声がしやすくなります。

すると音域も広がりますので
まずは胸や喉だけで呼吸を
行っていないかを意識していき

お腹で呼吸することを
意識するようにしましょう。

その土台が出来たら
次に発声練習を行っていきます。

練習方法はシンプルで
自分の声を徐々に高くしたり
低くしたりするだけです。

具体的な手順は以下のとおりです。

●ステップ1『自分の出しやすい声を出す』

まずは自分の音域内で
出しやすい高さの音を出します。

「あ〜〜」や「お〜〜〜」

など何でも構いませんので
腹式呼吸を意識して
数秒間、発声します。

●ステップ2『徐々に音を下げていく』

次に発している音を止めて
さっきよりも少しだけ低い音を
同じように腹式呼吸を意識して
数秒間、発していきます。

これを低く出来るところまで
繰り返し行っていきます。

●ステップ3『徐々に音を上げていく』

限界まで音を下げてたら
もう一度、歌いやすい音域の音を
数秒間、発声していきます。

そこから今度は徐々に
音を高くしていきます。

限界まで来たら終了します。

この練習を繰り返すことで
徐々に音域の幅が広がっていき
歌える曲が増えていきます。

歌っている最中は
姿勢にも気をつけましょう。

背中をまるめた状態では
いい声を出すことは出来ませんし
音域も狭くなります。

頭のてっぺんが上から
糸で吊るされている
という感覚をイメージし
背筋を伸ばすようにしましょう。

体の余分な力も抜くようにして
発声練習を行うだけでも

音域は広がっていきますので
是非、試してみて下さい。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか?

音痴の種類は大まかに分けると
今回お伝えしたように
3つに分類することが出来ます。

それぞれの音痴によって
原因が異なるように

改善させる方法も
音痴のタイプによって
異なってきます。

まずは、自分がどのタイプなのかを
しっかりと把握するようにして頂き

それを踏まえて今回お伝えした
改善メニューに取り組むことで
音痴を改善させる事は可能です。

繰り返しの練習によって
徐々に改善されるモノなので

焦らずに日々の習慣として
練習を行っていきましょう。