• TOP
  • BLOG TOP
  • 音痴
  • 音痴でも安心!カラオケを満喫する男女別おすすめ曲TOP3とは!?

ブログトップへ

音痴でも安心!カラオケを満喫する男女別おすすめ曲TOP3とは!?

音痴の方でも安心できる
男女別おすすめ曲TOP3をご紹介!

今回は男女別にオススメ出来る曲を
それぞれ3曲ずつ紹介させて頂きます。

さらに、カラオケでオススメする
歌いやすい曲の『4つ条件』と

これだけは避けたいNG曲の
4つの条件も公開します!

この4つの条件を参考にし
カラオケを笑いながら
乗り切って下さい。

1. カラオケで音痴な人でも歌いやすいおススメの曲 TOP3【男性】

●歌いやすいオススメ曲3位:『女々しくて』 ゴールデンボンバー
https://www.youtube.com/watch?v=loU6qOZOxG8

第3位はゴールボンバーの
『女々しくて』です。

テンポが一定のまま流れていて
盛り上がりやすい曲なので
カラオケで非常に歌いやすい曲です。

●歌いやすいオススメ曲2位:『リンダリンダ』 THE BLUE HARTS
https://www.youtube.com/watch?v=s07bqXuXF9U

リンダリンダは音程を気にするよりも
男らしく歌うほうが上手く聴こえる曲です。

あえて音程を気にせず
地声に近い形で歌っても
違和感の無い一曲です。

●歌いやすいオススメ曲1位:『明日があるさ』 ウルフルズ
https://www.youtube.com/watch?v=FdOi2unXlEI&t=173s

第一位はウルフルズの
『明日があるさ』です。

とにかくテンポが
よく歌いやすいです。

また、決まったフレーズが
何度も繰り返されるので

周囲の人間と一緒に
盛り上がる事が出来る曲です。

2.カラオケで音痴な人でも歌いやすいおススメの曲 TOP3【女性】

●歌いやすいオススメ曲3位:『さくらんぼ』 大塚愛

明るい曲なので盛り上がる事が出来ますし
比較的、同じ音域で歌う曲なので
音域が狭い方であっても歌いやすい一曲です。

●歌いやすいオススメ曲2位:『LOVEマシーン』 モーニング娘。

LOVEマシーンは一人でも良いですし
複数の方で歌っても盛り上がる曲です。

アイドルの曲というのは
歌いやすい傾向にあるので

歌が苦手な方はアイドルの曲から
手を付けてみる事をオススメします。

●歌いやすいオススメ曲1位:『恋するフォーチュンクッキー』AKB48
https://www.youtube.com/watch?v=dFf4AgBNR1E

歌いやすいオススメ曲の1位は
AKB48の『恋するフォーチュンクッキー』です。

一時期、大ブームとなり
YouTube上に多くの人や会社で
ダンス動画が投稿されました。

勇気を貰えるような歌詞や
歌いやすいテンポ、音域なので
カラオケで失敗しない定番曲と言えます。

3. 音痴な人でも失敗しない選曲方法

「歌うことに自信がありません…」

という場合は以下のような
曲を選ぶと歌いやすく
カラオケで恥をかかずに済みます。

・失敗しない選曲方法その1:リズムが単調

曲の中で何度もリズムが変化する曲は
リズムを合わせるのが難しかったり
音程がズレやすいので避けましょう。

なるべく一定のリズムで
歌い続けられる曲を選ぶ事で
音程を安定させる事が出来ます。

・失敗しない選曲方法その2:適度なテンポ

リズムだけでなく
テンポも大切です。

速すぎるテンポは歌いづらいですし
逆に遅いテンポだと自分の歌声の
細かい部分まで周囲の人に聴かれて
音痴だとバレてしまいます。

遅すぎず速すぎず
丁度いいテンポの曲が
歌いやすくオススメです。

・失敗しない選曲方法その3:音域が狭い曲

歌が苦手な方の特徴として
出せる音域が狭い場合が多いです。

そのため曲を選ぶ際には
なるべく音域が狭くても
歌えるような曲を選びましょう。

高い音だったり低い音を
求められている曲だと

声が裏返ったり詰まってしまい
上手く歌うことが出来ません。

なるべく音域が狭い曲を
選ぶようにしましょう。

・失敗しない選曲方法その4:盛り上がる曲

カラオケの時というのは
歌の上手さよりも雰囲気が
とても大切です。

たとえ歌が下手だとしても
その場が盛り上がっていれば

多少音を外したとしても
誰も気にする人はいません。

カラオケが苦手な方であれば
意識的に盛り上がる曲を選び

周囲の方と一緒に歌えるような
雰囲気を作ることで音痴であっても
カラオケを楽しむことが出来ます。

以上の条件を満たす曲であれば
歌うことが苦手であったとしても
カラオケを楽しむ事が出来ます。

4. 音痴な人が避けたほうがいい曲はどんな曲?

音痴な人が避けるべき曲は
以下のような特徴の曲です。

・避けるべき曲の特徴その1:不規則なリズム

曲の中でリズムが変化する曲は
リズムに合わせるだけでも大変です。

歌うことが苦手な方は
音程を取るだけでも
かなり集中する必要があります。

そんな状況の時に
リズムが不安定になれば

リズムを合わせることに
神経を使うことになり
音程がズレやすくなります。

・避けるべき曲の特徴その2:速いテンポや遅いテンポ

曲のテンポが速すぎる曲は
正確に歌うだけでも大変です。

歌が得意な人は意識をしなくても
自然と音程を合わせる事が出来ます。

ただ、歌が苦手な人からすると
意識しないと音程を合わせる事が出来ません。

テンポが速い曲の場合
歌詞を正確に歌う事に
意識を向けがちになるため

歌が苦手な人からすると
音程がズレてしまう原因となります。

また、遅すぎるテンポの曲も
選ばないほうが良いです。

遅すぎるテンポの曲というのは
歌声の美しさが際立つ曲です。

歌うことが得意な人であれば
自分の美しい歌声をアピールするのに
最適な曲と言えるのですが、

歌うことが苦手な人からすると
自分の歌声が目立ってしまい
周りに音痴だとバレる可能性が
非常に高くなってしまいます。

・避けるべき曲の特徴その3:広い音域が必要な曲

曲の中には非常に高い音を
求められている曲だったり

とても低い音を
求められている曲があります。

歌うことが苦手な人は
音域が狭い傾向にあります。

広い音域が必要な曲を選ぶと
途中で声が裏返ってしまい
周囲に笑われてしまいます。

・避けるべき曲の特徴その4:静かな曲

失恋ソングなどの静かな曲というのは
音痴の方は絶対に歌ってはいけません。

静かな曲というのは
歌手の歌声を引き立てるように
曲が作られているので

そのような曲を歌う事になれば
即座に音痴だとバレてしまいます。

以上の条件にあてはまるような曲は
カラオケで選ばないようにしましょう。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか?

音痴の方にとってカラオケというのは
楽しむ場ではなく苦痛の場だと
感じている方も多いと思います。

今回は音痴の方であっても
カラオケを楽しめるように

男女別にオススメ曲TOP3を
紹介させていただきました。

何を歌えば良いのかが
分からないという時は

お伝えしたオススメ曲から
選んでみて下さい。

また、カラオケでオススメする
歌いやすい曲4条件と

これだけは避けたいNG曲の
4つの条件を参考にして頂き
カラオケを楽しく乗り切って下さい。