• TOP
  • BLOG TOP
  • 音痴
  • 絶対音感なのに音痴な人の意外な理由とは!?2つの音痴パターンと解決策も紹介!

ブログトップへ

絶対音感なのに音痴な人の意外な理由とは!?2つの音痴パターンと解決策も紹介!

絶対音感があれば
歌がうまく歌える。

そういったイメージを
持っている方は多いです。

今回は絶対音感と音痴について
意外な関係性を紹介します。

なぜ、絶対音感があるのに
音痴な人がいるのか?

音痴を解決するために
知っておきたい
2つの音痴パターンとは?

音痴を克服し
友達や恋人とカラオケで

思う存分ワイワイと
歌って楽しみたい!

と感じている方は

今回の記事を
参考にして頂く事で
音痴を改善させる事が可能です。

1. 絶対音感でも音痴の人はいる

世間の認識では、

『絶対音感がある=歌が上手い』

と思われがちです。

確かに音が正確に
把握出来ていれば

当然、正確な音で
歌う事が出来ると思います。

ところが、意外にも
絶対音感を持っているのに
歌ってみると音痴だった…

という方は実際にいます。

なぜ、絶対音感があるのに
上手く歌が歌えないのでしょうか?

1-1. 「音を聴く」のと「声を出す」のは別

歌を上手に歌うためには
2つの能力が必要です。

1つ目の能力は

『音を正確に聴く能力』

です。

絶対音感であれば
努力すること無く
正確な音が理解出来ます。

とは言え、基本的には
絶対音感が備わっている方は
とても少ないです。

そのため大抵の方は
音楽に触れる機会を増やし

何度も曲を聴きながら
音程やリズムを
覚えていく必要があります。

2つ目の能力は

『正確に歌う能力』

です。

歌いたい歌のリズムや
音程を理解出来たら

その音を正確に
声に出す必要があります。

絶対音感が備わっているのに
なぜか音痴になってしまう方は

この歌う方の能力が
劣っている可能性が高いです。

曲の正確な音は
頭では理解しているけど

それを表現する事が
苦手に感じているのです。

1つ目の聴く能力が高くても
2つ目の正確に歌う能力が劣っていれば

結果的に、

『音痴』

になってしまいます。

音痴を解決させるためには
『聴く能力』と『歌う能力』
この2つの能力が必要です。

既に絶対音感が
備わっているのであれば

後は歌う能力を伸ばせば
音痴を克服することが出来ます。

歌う力も聴く力も
トレーニングで
伸ばすことが可能です。

あなたに足りない方の力を
練習していくことで

上手く歌が
歌えるようになります。

2. 絶対音感とは

「そもそも絶対音感というのは
どのような能力なの?」

と言いますと、

一度聴いただけで
音の音階や高さまで
正確に分かる能力です。

絶対音感というのは
音楽の世界にいる方であれば
誰もが羨む能力です。

車の走行音や
スプーンを落とした音
メールの着信音など

この世の全ての音というのは
音階で表す事が
可能だと言われています。

絶対音感の持ち主は
一度聴いただけで瞬時に
音階を把握する事が出来るので

楽器を学ぶ上で
絶対音感があると
とても役立つのです。

絶対音感が無くても
プロとして活躍している
アーティストは大勢います。

なので音楽の世界で
生きていくために
必ずしも必要な能力
というわけではありません。

ただ、もしあなたが
絶対音感を持っているのなら
それは大きな武器となります。

3. 音痴とは

音痴というのは一般的には
上手く歌えない人の事を言います。

少し専門的になりますが
音痴というのは大きく分けて
2つに分類する事が出来ます。

1つ目は『感覚性音痴』

です。
このタイプは生まれ持って
脳の中にある聴覚を司っている
場所に何らかの異常があるタイプです。

音が上手く聞き取れなかったり
正確な音程が分からなかったりと
聴く能力に問題があるケースです。

2つ目は『運動性音痴』

です。
このタイプは声量の調整や
リズムのとり方、発声方法など

歌うことに対して
苦手意識があるケースです。

世の中のほとんどの
音痴とされている方は

こちらのパターンだと
言われています。

なぜなら、

生まれつき脳に何らかの異常がある
というケースは割合的に見れば
かなり稀なケースだからです。

大抵の方は正しい歌い方を
知らない事が原因で
音痴と言われているだけです。

そのため正しい呼吸法や
発声方法を覚えていき

積極的にカラオケなどで
歌を歌うことで

大抵の場合は音痴を
克服することが可能です。

音痴の方というのは
自分の歌声に対して
自信が持てないため

より歌うことから
遠ざかってしまいます。

音痴を克服するためには
積極的に歌う事が
一番効果があります。

一人カラオケやお風呂場で
口ずさむだけでも構いませんので

日常生活の中で
歌うという行為を増やしていき
音痴を克服していきましょう。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか?

絶対音感があると聞くと

「歌が相当上手いのかな?」

と思いがちです。

ただ、歌を上手に歌うためには
『聴く能力』と『歌う能力』の
2つの能力が必要になります。

聴く能力だけあっても
歌う能力が無ければ
上手く歌うことは出来ません。

逆に歌う能力があっても
聴く能力が無ければ
同じように音痴となります。

2つの能力が上手く噛み合わさって
初めて上手く歌が歌えます。

もし、あなたが絶対音感を
持っているのに音痴なのであれば

それは歌う能力が
伸び切っていないからです。

正しい呼吸法や立ち方
音程のとり方やリズムなど

ボイトレや参考書で
歌うことに対して
勉強していくことで

意外と簡単に音痴が解決し
歌を上達させる事が出来ます。

音痴の方の中には
生まれつき脳に異常がある
稀なケースもありますが

大抵の場合は正しく
歌えていないだけです。

まずは、自分自身が
『聴く能力』と『歌う能力』の

どちらの能力が
劣っているのか。

ということを理解し
そこを伸ばす事で
音痴を克服する事が出来ます。

あなたの努力次第で
音痴を克服することは
十分に可能です。

諦めることなく
練習を行っていきましょう!

練習を行う際は
独学で学ぶ事も良いですが

出来るだけ音楽教室に通い
マンツーマンで
レッスンする事をオススメします。

音痴である内は他人に
自分の歌声を聴かれる事に
とても抵抗を感じるかもしれません。

ただ、指導してくれる先生は
音楽のプロフェッショナルです。

あなたの歌声を聴いて
苦笑することもなければ
ため息をつくこともありません。

歌を上達させる目的の為に
丁寧にあなたの歩幅に合わせて
レッスンを行ってくれます。

まずは無料で見学に行き
勇気を持って歌に対する悩みを
打ち明けてみては
いかがでしょうか?

きっと親切に相談に
乗ってくれると思いますよ!