• TOP
  • BLOG TOP
  • 音痴
  • 音痴って何が原因?音痴の種類と改善方法をチェック

ブログトップへ

音痴って何が原因?音痴の種類と改善方法をチェック

会社や学校の飲み会で、カラオケに行くことってありますよね。

そういったときに嫌になるのが、音痴だと自分で思っている人。

自分が歌がうまくなく、みんなの前で歌を披露したくないとと思うことはよくあることです。しかし、音痴ってどういうことなのでしょうか。今回はそんな音痴について紹介していきます。

1. 音痴の正式名称は「先天的音楽機能不全」

音痴には正式名称があることをご存知でしょうか?

ほとんどの方は知らないのが普通ですよね。音痴は先天的音楽機能不全と呼ばれています。

先天的と呼ばれているため、生まれつきで音痴というのは決まっていると思われがちですが、生まれつきだけでなく、後天的にも影響を受けている可能性もあります。つまり、音痴というのは、後天的に治すことも可能になります。

周りから音痴と呼ばれている人にとっては朗報ではないでしょうか。後の章で、音痴の改善方法についても紹介していきます。

1-1. 音楽教育分野では「調子外れ」と表現する理由

音痴の正式名称は先天的音楽機能不全であることを紹介しました。

しかし、音楽業界においてはまた違った表現をされています。音痴は調子外れと呼ばれています。

音痴な人のイメージってどういったイメージでしょうか。カラオケとかで音痴といわれて思いつくのは、音程が外れていることではないでしょうか。つまり、正しい音程に対して、出すべき音程から外れています。

それを出すべき調子から外れているので、音楽業界においては音痴のことを調子外れと呼んでいます。

2. 音痴とは種類で分かれている

音痴は歌が下手というイメージはわかると思います。

しかし、音痴はどういった原因でそうなっているのでしょうか。ちなみに音痴であることを理解していない人もいますよね。

歌が下手といえど、様々な種類で音痴な方がいるでしょう。リズムがまったく取れておらず、ずれてしまっている方、音程があっていない方、声の大きさが安定していない方、どの場合においても音痴という言葉は使われているのです。

しかし、こういった原因から見てみると音痴にも種類があることがわかります。そして、大きく分けると音痴には2種類に分けることができます。それぞれの種類に合わせて紹介していくので、もし、自分が該当する場合はどちらに該当するのかも確認してみましょう。

2-1. 運動性が原因の「のど音痴」

先ほど、様々な音痴の種類があることを紹介してきました。

声量がうまく合わせることができない、リズムを合わせることができない、自分の思っている音程を出すことができないなど多くの種類の音痴の原因があります。その中で、運動性が原因になっている音痴を紹介します。

これは、自分の耳で聞いている音程は正しく聞き取ることができているが、自分ののどを通して正しい音程を出すことができないひとのことを指しています。

つまり、のどの筋肉や、体全体の能力不足で、自分の思った通りの音程を出すことができていないです。

正しい音程を聞き取ることができているので、こののど音痴の方は、耳ではなく、のどの筋肉を鍛えるなどのことをチャンレンジすると、音痴は治りやすいのではないでしょうか。

2-2. 感受性が原因の「耳音痴」

のど音痴について紹介しましたが、つづいて紹介するのが耳音痴になります。

この耳音痴は、比較的先天的な感受性が低い人に多いのが傾向としてあります。どういったことかというと、先ほどの、のど音痴は聞き取っている音程は合っていましたが、耳音痴の人はこの聞き取っている音程があっていないことを指しています。

これは他から聞こえてきている音に対してもそうですし、自分が歌っている声に対しても音程が合っているのか、合っていないのかもわからないです。

おそらく、カラオケに行って音痴と呼ばれている人のほとんどがこの耳音痴に該当するのではないでしょうか。

ちなみに自分が耳音痴かどうかを認識できていない人もいます。そういった方はどうすれば自分が耳音痴なのかを調べることができるかというと、まずカラオケ店に行ってみましょう。カラオケには採点機能があります。

この採点機能は、音楽に合わせてバーが出るようになっています。この音程バーに対して、しっかりと合わせることができるのかを確認してみましょう。

半音外れている程度のずれであれば、耳音痴ではないと思われます。

しかし、明らかに音程バーに合わせることができない場合は耳音痴かもしれません。この耳音痴はのど音痴に比べて、治していく難易度は高くなります。しかし、耳音痴であっても努力していくと治すことができるので、ぜひあきらめずに努力していきましょう。

3. 音痴を改善する方法

音痴な人にとってはこういったどうやったら自分の音痴を治すことができるのかを知りたいですよね。音痴を改善する方法はたくさんあります。

のど音痴の方、耳音痴の方、それぞれで音痴を治す方法について紹介していくので、自分の音痴を治したい方は参考にして練習してみてください。

3-1.のど音痴を治す方法

のど音痴は先ほども言った通り、耳で聞く音程は合っているが、自分が発している音程が合わすことができないため、正しく音を発することができないことを紹介しました。

そこで、まず紹介するのが大きな声で歌を歌うことです。非常にシンプルなことなので、こんなことで自分の音痴は治るの?と思う方もいるかもしれません。

まず、息をお腹のみぞおちの下あたりにためることを意識してください。そして、その息を履いて歌を歌ってみましょう。

こうすることで、自分の吸った息を意識しながら、歌を歌うことになるので、音程を維持しやすくなります。

シンプルすぎる方法ですが、効果はあります。

続いて紹介するのが、一曲だけ集中的に練習することです。

のど音痴の人の中でも、自分が音程を外してしまいがちな高さがあるのではないでしょうか。

人それぞれ、高い音を出しやすい人と、低い音を出しやすい人に分かれています。

しかし、毎回毎回違う歌を歌っていると、自分が得意な音程と、得意ではない音程がわかりません。それを1曲に集中して歌うことにより、原因を探っていきます。

また、こうすることで正しい音程を自分は出すことができるという自信にもなります。

そして、もう一つ紹介するのが、楽器に合わせて音程を出す練習です。例えば、ピアノのミの音を始めに聞き、それに合わせて、ミの音を出してみましょう。

シンプルな方法ですが、こうして発声することは自分の耳を鍛えるトレーニングにもなりますし、のどを鍛えることにもなります。ぜひ、試してみてください。

3-2.耳音痴を治す方法

耳音痴はのど音痴と違い、トレーニング方法が変わってきます。

耳音痴の方は自分がどういった音を発しているのかもわかっていませんし、ほかの音に対してもわからないのが特徴です。

そういった方に合ったトレーニングとしては次の音階がわかる状態でトレーニングをする方法です。

ここの特徴は耳で聞くことも重要ですが、自分の発する音と他から聞く音では骨を通して変わる分違いがあります。

ですので、トレーニングにはピアノとボイスレコーダーを用意しましょう。

まず、直接耳にピアノを当てて、ドレミファソラシドを聞いてみましょう。

この時自分の骨を通して、音階が聞こえてきます。
その音階を自分で再現して、ボイスレコーダーにとってみましょう。

そのボイスレコーダーの音を確認して、自分が発している音と、ピアノから骨を通して聞こえてくる音を聞き比べます。この違いがあるところが自分が聞き取れない音程になります。

この音程を何度も何度も聞いて再現する練習をしていきましょう。このように繰り返し行うと、音程を少しずつ取れるようになっていきます。

4. まとめ

音痴の正式名称から、音痴の改善の仕方まで、紹介していました。

音痴の人は無意識に自分の音痴は治らないものだと思っている方が多いのではないでしょうか。

しかし、音痴の種類が何であったとしても努力次第で治すことができます。ぜひ、自分の歌をさらに楽しめるように音痴を治すトレーニングをしていきましょう。