• TOP
  • BLOG TOP
  • 音痴
  • 音痴はボイストレーニングで克服できる?!音痴の原因とそのトレーニング方法とは?

ブログトップへ

音痴はボイストレーニングで克服できる?!音痴の原因とそのトレーニング方法とは?

音痴は生まれつきだと思っていませんか?実は音痴にはそれぞれ原因があり、苦手な部分を改善することで、音痴というコンプレックスを克服できるんです!自分の音痴である原因を見つけて、正しいトレーニングを積み重ねましょう。

1. 音痴の3つの原因とかんたんな治し方

「音痴」といっても種類があり、原因によって治し方が異なります。 主な原因として考えられるのは、「音程がとれていない」「声が出ていない」「リズムが取れていない」という、3つに分類されます。 それでは、それぞれの音痴の原因と治し方を見ていきましょう。

1. 音程

音程が合わない人には2種類あり、「運動性音痴」と「感覚性音痴」に分けられます。 運動性音痴とは、音程はわかっているのにその音が出せないという、声を出す部分が弱いタイプ。 一方、感覚性音痴は音程がわからないという、改善するのが難しい聴く力が弱いタイプです。自分自身で音痴だと自覚していないタイプは後者に当たり、自覚がない分改善するのに時間がかかる傾向にあります。 ~トレーニング方法~ ①ピアノで「ドレミファソラシド」と弾く ②ピアノと同じ音を声で出す ③音階を変えてピアノで弾き、同じ音を声で出す このトレーニングで、聞こえる音と出している音のずれを意識することがで音感が鍛えられます。 慣れてくると和音でピアノを弾いても、どの音か理解することができるようになりますよ。 このトレーニングでは音感を鍛えるだけでなく、自分の音域を理解することもできるので、カラオケなどでキーを変更して好きな歌を歌えるようになります。

2. 声が出せない

歌の際に「高音がずれる」「低音がずれる」「高音から低音に移行する時にずれる」という人は、呼吸が浅く、声帯が弱いことが原因だと思われます。 これらの原因を治すには ・腹式呼吸 ・声帯強化 をトレーニングする必要があります。 ~腹式呼吸~ まずは腹式呼吸の感覚を体感してみましょう。 ①椅子に座り、頭を下げて上半身を折り曲げる ②肩や首の力を抜き、手を床の方に下げる ③そのままの状態で、ゆっくりと息を吸ったり吐いたりする この時に、胸よりもお腹が膨らんでいることを体感できると思いますが、その呼吸こそが腹式呼吸です。 次に腹式呼吸のトレーニングをしていきましょう。 ①体全体の力を抜き、仰向けに寝そべる(お腹に風船が入っているようなイメージ) ②風船がしぼむようなイメージで、ゆっくり息を吐く(お腹がへこむ) ③空気を全部吐き切ったら、風船が膨らんでいくイメージで、ゆっくり息を吸う(お腹が膨らむ) ④空気が吸えなくなくなったら③に戻る 腹式呼吸の練習のコツは、「息を吸い切った時に力まない」「吸う:吐く=1:1で行う」ということです。 毎日練習することで、立った状態でも腹式呼吸ができるようになりますので、是非試してみてくださいね。 ~声帯強化~ 声帯には中音域~高音域の発声をよくする「輪状甲状筋」と、発声を安定させる「閉鎖筋」という2つの筋肉により、声帯をコントロールしています。 この2つの筋肉を鍛えて、音痴を改善させましょう。 ・輪状甲状筋のトレーニング ①軽く口を開け、低い声で「おー」と声を出す(のどぼとけが下がる) ②出来るだけ高い声で「いー」と声を出す(のどぼとけが上がる) ③「お」と「い」の喉の動きのまま、声を出さずに息だけ出す ④「おーいー」と口を動かさず、喉の動きだけでゆっくりと繰り返す ⑤慣れてきたら喉の動きだけで「おいおいおい」と早く行う 女性の場合はのどぼとけはありませんが、のどぼとけと同じ位置が上下するので、手で触って確認しましょう。 ・閉鎖筋のトレーニング ①「あ」の口をしたまま息を吐く ②息を吐きながら低い声で「あああああ…」と発声する ③「あ゛あ゛あ゛…」とボツボツした声のようになるまで出す ④のどへの負担があるため、1日5~10程度にする

2-3. リズムが取れない

リズム・テンポのずれは、体全体でリズムをとることがポイントです。 ~リズム感のトレーニング~ ①メトロノームの音に合わせて手拍子を打つ 「1・2・3・4…」 ②裏拍で手拍子を打つ(“と”の部分で手拍子を打つ) 「1と2と3と4と…」 繰り返してトレーニングすることで、自然とリズム感を身につけることができます。

2. ボイストレーニング前の下準備

ボイストレーニングを行う前にやっておくべき下準備があります。 3つの準備を行うことで、よりボイストレーニングを効果的なものにできますので、是非試してみてくださいね。

1. ストレッチ

ボイトレ前に筋肉をほぐし、リラックスしておくことが大切です。「首回り」「顔」「全身」のストレッチを行いましょう。 ~首のストレッチ~ ・ゆっくりと首を前後、左右に倒し、その後に首を回す 首の周りの筋肉を緩めることで、声帯周りの筋肉をほぐし、喉に負担をかけずに自然な声を出す事ができます。 ~顔のストレッチ~ ・口を大きく開けた状態で、顎を開けたり閉じたりしながら、頬全体の筋肉をしっかり動かす。 顔回りの筋肉がほぐれていないと、口の中があまり開かず、鼻腔共鳴をすることが難しくなるので、しっかりとほぐしましょう。 ~全身のストレッチ~ ・肩回り、腕、開脚、手首足首などの関節をほぐす 体に無駄な力が入っていると伸びやかな声がでないので、上半身はしなやかな状態でボイトレに挑みましょう。

2. 腹式呼吸

先程ご紹介した腹式呼吸とは別の方法もご紹介しておきます。 ①姿勢を正した状態で軽く息を吸う ②吸った息をゆっくりと長く吐き続け、吐ききる ③吐ききった状態で5秒間キープする ④力を抜いて空気を吸う

3. 音痴を克服するためのボイストレーニング方法

音痴の原因には「声が響かない」「滑舌が悪い」ということも考えられます。 どのようなボイストレーニングが必要かみていきましょう。

1. 声を響かせる

声を響かせるためには、上顎から鼻の周囲・頬骨にかけて、鼻腔を共鳴させることがポイントになります。 鼻腔共鳴のトレーニングは… ①口から声を出さないように、上顎・舌・下顎をつける ②この状態でハミングする ※鼻の頭が振動していれば鼻腔共鳴ができています。 ③声を出す位置を、眉間や頭頂部から出すようなイメージでハミングする ※出す位置や、強さで鼻腔共鳴の仕方が変わります。 この感覚がつかめたら、口を開けてハミングしてみましょう。

2. 滑舌をよくする

舌の筋肉が硬くなっていることが原因で、滑舌が悪くなり可動域が狭くなっている可能性があります。 滑舌をよくするトレーニングは… ①口をしっかりと閉じる ②舌を下唇と下歯茎の間に差し込む ③舌の先に力を入れて、右端から左端にゆっくり移動する ④左端まで行ったら、力を入れたまま右端に戻る(3往復) ⑤そのまま上唇と上歯茎の間に移動して③④と同じ動きをする(3往復)

4. まとめ

音痴はトレーニングで克服することができるので、是非練習してみてくださいね。