• TOP
  • BLOG TOP
  • ピアノ
  • ピアノ弾き語りを上達させる意外すぎるコツと正しい練習手順とは!?

ブログトップへ

ピアノ弾き語りを上達させる意外すぎるコツと正しい練習手順とは!?

ピアノ弾き語りには
意外なコツが存在します。

独学では気が付きにくい
弾き語りを上達させる
『ある』コツについて
詳しくお伝えしていきます。

さらに、ピアノ弾き語りが
難しいと言われている理由や

正しい練習方法についても
具体的に解説しています。

「ピアノの弾き語りを上達させたい!」

という方は今回の記事を参考にして頂き
最短で弾き語りをマスターしていきましょう。

1. ピアノの弾き語りが難しいと感じる理由

ピアノの弾き語りは
ギターの楽器と比べると
難しいと言われています。

なぜならピアノの音は
無機質な音になりやすいからです。

「どういうことですか?」

と言いますと、

例えば、

ギターの弾き語りの場合、
歌いながらギターを
ジャカジャカと弾けば

メロディに表情が表現され
音楽として成り立ちます。

ところがピアノの場合だと
ただ音を鳴らすだけでは
無機質なメロディとなってしまい
音楽として不十分なのです。

通常は無機質な音を避けるため
『コード転換』という工夫をして
メロディに表情を加えていきます。

要するにピアノという楽器は
ギターと比較するとメロディに
表情を加えるのに手間がかかる。

ということです。

ピアノの弾き語りが
難しいと言われる理由は

このコード転換を歌いながら
行う必要があるからです。

通常の伴奏だけでも神経を使うのに
歌いながらメロディに表現を加えるのは
非常に大変なことなのです。

こういった理由もあり
ピアノの弾き語りというのは

ギターの弾き語りと比べると
難易度が高いと言われています。

2. ピアノの弾き語りのコツ

それではどうすれば
ピアノの弾き語りが
上手く行えるのでしょうか?

先程お伝えしたように
ピアノの演奏というのは
無機質な音になりやすいです。

それを避けるためにコード転換を行い
メロディに表現力を加えていきます。

弾き語りというのは演奏と歌うことを
同時に行っていく演奏方法です。

歌いながらピアノのメロディにも
気を使っていくというのは
少々難しい作業となります。

それを解決するコツは
ある意外な方法なのです。

その意外な方法というのが

『演奏と歌を同時にしない』

ということです。

先程、弾き語りというのは
演奏と歌を同時に行う
演奏方法だとお伝えしました。

ところが弾き語り上手く行うコツは
演奏と歌を別々に行うことなのです。

どういうことかと言いますと、

『歌うことと演奏を曲の中で
細かく分離する』

ということです。

人間の脳というのは
同時に2つの作業を行うことは
出来ないような構造になっています。

ところが、

仕事ができる人や
料理人のなどを見てみると

複数の作業を同時に
行っているように見えます。

実は彼らは複数の作業を
同時に行っているのではなく

それぞれの作業を
細かく切り替えているのです。

メールチェックの時はそこに集中。
書類のチェックの時はそこに集中。
具材を切る時はそこに集中。
炒める時はそこに集中。

などと、ひたすら1つの事に
集中するという行為を
繰り返しているのです。

その結果、他の人から見ると
複数の作業を同時に行っている
というように映るのです。

ピアノの弾き語りも同じ理屈です。

歌いながら弾くのではなくて
コードをジャーンと鳴らしたら歌う。

コードが変わる時は演奏に集中して
またコードをジャーンと弾いたら
歌うことに集中する。

このように作業を2つに分けて
それぞれに集中することで

ピアノの弾き語りの難易度を下げ
上手く弾く事が可能となります。

3. ピアノの弾き語りの練習メニューと順番

それでは弾き語りのコツも
分かった事ですし

実際にピアノの弾き語りを
どのように練習すれば良いのかを
具体的な手順に基づいてお伝えします。

手順は3つあるので
順番に1つずつ進めて下さい。

・手順1:演奏を覚える

はじめから弾き語りを行っても
上手く弾ける可能性は低いです。

まずは演奏をマスターしましょう。

演奏がしっかり出来れば
指が演奏の感覚を覚えているので
弾き語りの時に歌を歌いやすくなります。

・手順2:鼻歌を入れていく

演奏が問題なく行えるようになったら
次は鼻歌を加えていきましょう。

なぜ鼻歌なのかと言いますと
歌詞に集中しなくてもいいからです。

いきなり歌詞を歌おうとすると
歌うことに気が取られてしまい
演奏が上手く行えなくなる傾向があります。

それを避けるために
まずは意識しないでも行える
鼻歌を加えていきましょう。

ピアノのメロディに合わせて
鼻歌を歌うことで歌うタイミングを
覚えていくようにしましょう。

・手順3:歌詞を加えていく

鼻歌を歌いながら
演奏が出来るようになれば

歌うタイミングは何となく
理解出来ている状態です。

後はそこに歌詞を
加えていきましょう。

歌詞を加えることで
音を伸ばすことにも
集中しないといけません。

先程お伝えしたコツを使い
演奏と歌うことを区別し
1つ1つ行っていくことで

弾き語りが行いやすいと
感じるようになると思います。

以上の3つの手順を参考に
ピアノの弾き語りを
上達させていきましょう。

4. 挫折しそうになったら

冒頭でもお伝えしたように
ピアノの弾き語りというのは
難易度が高い演奏方法です。

なので壁にぶつかりますし
挫折しそうになることもあります。

それが自然なことです。

まずはその事実を受け入れましょう。

挫折する原因としては
自分の能力の低さに愕然としてしまい
これ以上続けても未来が無いと
絶望を感じてしまうことです。

ただ、冷静に考えてもらいたいのですが
何か新しいことを行った時というのは
失敗しながら覚えていくのが自然です。

たまたま新しいことが
その人の得意な事だったために

失敗することなくスムーズに
上達する人も一部います。

そういった方でも初めは
少しぎこちないものです。

人間の脳というのは失敗する事で学習し
成長していくように作られています。

失敗が多ければ多いほど
そこから成長する可能性が
高いということです。

なので、

新しい事にチャレンジしているのだから
失敗するということは当たり前のこと
自然なことなのだと自覚しましょう。

そしてどうしたら上達するのか
一生懸命に考えるようにしましょう。

必ず上達させる方法はあるものです。

ピアノの弾き語り教室に通うのも良いですし
YouTubeで弾き語りが上手い方も
参考にしてみても良いと思います。

あなたがやれる範囲で
行動するようにしていきましょう。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか?

ピアノ弾き語りは一般的には
難易度が高いと言われています。

その理由としてはピアノの演奏は
ただ弾くだけでは無機質になってしまい
アレンジを加える手間があるからです。

歌いながらピアノに
アレンジを加えるのは
難易度が高いということから

ピアノの弾き語りは
難しい演奏方法と言われています。

ただ、今回お伝えした
弾き語りのコツを意識し
練習していくことで

ピアノ弾き語りを
上達させる事が可能です。

手順に従い練習することで
必ず弾き語りを上達させる事が出来るので

今回の内容を参考にして頂き
ピアノ弾き語りを
上達させていきましょう。