• TOP
  • BLOG TOP
  • ピアノ
  • 初心者におすすめのピアノ弾き語り11曲とソロ演奏との違いを解説!

ブログトップへ

初心者におすすめのピアノ弾き語り11曲とソロ演奏との違いを解説!

ピアノ弾き語り曲として
初心者のオススメの11曲を公開!

今回は初心者にオススメする
弾き語り曲を11曲お伝えします。

さらに、ピアノの弾き語りと
ソロ演奏では何が違うのか?

なぜ弾き語りは難しいと
言われているのかを
徹底解説していきます。

後半ではクラシック経験者が
弾き語りを始める際に
注意しておきたい選曲ポイントや

クラシック経験者にオススメの
難易度別の弾き語り曲を
7曲お伝えしていきます。

ピアノの弾き語りを
上手く弾けるようになりたい。

という場合は、今回お伝えする
弾き語りとソロ演奏の違いや

オススメ曲を参考にして頂き
弾き語りを上達させて下さい。

1. ピアノ弾き語りとソロの違い

ピアノ弾き語りとソロの違いは
『歌を歌うかどうか』です。

ソロ演奏の場合ですと
ピアノの演奏に全神経を
集中させる事が出来ます。

一方で、弾き語りの場合
演奏をする事に加えて
『歌う』という動作が加わります。

「たったそれだけのことか」

と思ってしまいがちですが
歌う動作が加わることで
一気に難易度は上がります。

演奏することと歌うこと
2つの動作を同時に
行う必要があるため

どちらかに集中しすぎてしまえば
片方が疎かになりがちです。

2つの動作をバランスよく行う事が
弾き語りを上手く行うコツです。

2.クラシックが弾ければ、弾き語りは簡単に弾けるのか?

クラシックというのはソロで
ピアノを演奏することを言います。

そのためクラシックが
出来るということは
ピアノ演奏は十分に
行えるということです。

ただ、弾き語りの場合は
演奏をしながら歌うという
別の技術が必要となります。

2つの動作を同時に行うには
練習が必須となるので

クラシックが弾けるとしても
弾き語りが出来るとは限りません。

3. ピアノの弾き語りを始める時に準備するもの

ピアノの弾き語りを始める場合
揃えておきたい物は2つあります。

1つ目はピアノ
2つ目は楽譜です。

楽譜に関しては弾き語り用ではなく
コード譜で問題ありません。

弾き語り用の楽譜ですと
難しく書かれている場合があり

ピアノをある程度経験していないと
楽譜通りに演奏する事は難しいです。

ピアノの弾き語りの場合
メロディーの部分は歌声で行うため
コードさえ分かれば弾き語りが可能です。

4. ピアノ弾き語りにおススメの曲【ピアノ初心者】

ピアノ弾き語りで比較的
演奏しやすい曲というのは

基礎的なコードが多く
演奏の難易度が低い曲です。

まずはそういった曲から
取り組んでいくことで
徐々に様々な曲も
演奏出来るようになります。

基礎的なコードが多く
初級編としてオススメ曲は
11曲あります。

1曲目:やってみよう WANIMA
https://www.youtube.com/watch?v=3PWFYx9SyAU

2曲目:そよかぜスニーカー
https://www.youtube.com/watch?v=eYtHwApVFNk

3曲目:糸 中島 みゆき
https://www.youtube.com/watch?v=JIZ3w4IHfmA

4曲目:にじ 中川ひろたか
https://www.youtube.com/watch?v=8CjhjcJOdWM

5曲目:海の声 浦島太郎(桐谷健太)
https://www.youtube.com/watch?v=hfW8L0EEjPc

6曲目:ありがとうの花 坂田修
https://www.youtube.com/watch?v=kPfQIWdJ1Ac

7曲目:未来予想図Ⅱ DREAMS COME TRUE
https://www.youtube.com/watch?v=7rfcSqoDmxg

8曲目:栄光の架橋 ゆず
https://www.youtube.com/watch?v=2NB1CY8c6L4

9曲目:ふるさと 岡野貞一
https://www.youtube.com/watch?v=5R3f4pt9GP8

10曲目:上を向いて歩こう 坂本九
https://www.youtube.com/watch?v=HiOudiRaJBU

11曲目:勇気100% 馬飼野康二
https://www.youtube.com/watch?v=idzU7mOmvvI

5.ピアノ弾き語りにおススメの曲【クラシック経験者】

弾き語りというのはソロ演奏よりも
歌うことも同時に行うため
難易度が上がります。

クラシック経験者なのであれば
自分が普段演奏できるレベルよりも

難易度が低い曲であれば
弾き語りが行いやすく
オススメです。

難易度別にオススメする
弾き語り曲は7曲あります。

1曲目:手紙~拝啓十五の君へ~ アンジェラ・アキ【初~中級】
https://www.youtube.com/watch?v=v7XQjzLjP30

2曲目:にじいろ 絢香 【初〜中級】
https://www.youtube.com/watch?v=CIMD3dok904

3曲目:M PRINCESS PRINCESS 【中級】
https://www.youtube.com/watch?v=l5MqCvbm9Mw

4曲目:涙そうそう 夏川りみ 【中級】
https://www.youtube.com/watch?v=d0L9__4s6ZY

5曲目:ハナミズキ 一青窈 【中級】
https://www.youtube.com/watch?v=NLg_ybPQTss

6曲目:川の流れのように 美空ひばり 【中~上級】
https://www.youtube.com/watch?v=V7cYf4CFy0w

7曲目:Everything MISIA 【中~上級】
https://www.youtube.com/watch?v=J01rR3ByAjM

このあたりの曲であれば
比較的有名な曲ですし
難易度別に選択可能です。

あなたの普段の演奏レベルより
下の難易度の曲にすることで
弾き語りが行いやすいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ピアノの弾き語りは
クラシックと比べ
難易度が高いです。

「演奏に歌声をプラスすればいいから
別に難しいことではないのでは?」

と思うかもしれません。

ただ、

演奏しながら歌うという行為は
思っているよりも難しいということです。

演奏に集中してしまえば
上手く歌うことが出来ませんし

上手く歌うことに集中してしまえば
演奏がやりにくくなります。

歌うことと演奏すること
2つの動作がバランスよく
行うことが出来ないと
弾き語りは出来ません。

そのため通常のソロ演奏と
弾き語りというのは
必要とされる技術が異なります。

もしクラシックなど
ピアノ演奏の経験がある場合は

弾き語りを行う際は
普段、演奏している曲よりも
難易度を下げる事をオススメします。

弾き語りとなると演奏だけに
集中することが難しいので

普段演奏している曲を
そのまま弾き語りをしようとしても
上手くいかない事が多いです。

まずは自分の演奏レベルよりも
下の曲で練習するようにしていきましょう。