• TOP
  • BLOG TOP
  • ピアノ
  • 初心者必見!ピアノ弾き語りにオススメする『意外な』楽譜とは!?

ブログトップへ

初心者必見!ピアノ弾き語りにオススメする『意外な』楽譜とは!?

ピアノの弾き語りに
最適な楽譜は一体どれなのか?

弾き語りをする練習する際に
楽譜を用意しようと
書店に向かうかと思います。

書店には様々な種類の楽譜が並んでいて
どの楽譜を購入すれば良いのか
迷うことも多いと思います。

今回は複数ある楽譜の中から
弾き語り初心者の方が選ぶべき
楽譜の種類について
詳しく解説していきたいと思います。

実は弾き語り用の楽譜は
初心者には不向きなのです。

その気になる理由と
おすすめの練習法をお伝えします。

さらに楽譜を購入しなくても
練習する事が出来る方法も
公開していきます!

「ピアノの弾き語りを
これから上達させていきたい!」

という場合は今回の記事を
参考にして頂ければと思います。

1. ピアノの楽譜、弾き語りとソロの違いについて

ピアノの楽譜を探していると
一つ疑問を感じることがあります。

それは、

「楽譜の種類が分かれていて
どれを購入すれば良いのかが
いまいち良くわからない。」

ということです。

そんな疑問を
解消するために

『弾き語り楽譜』と『ソロ楽譜』

2つの楽譜の違いについて
詳しく解説していきます。

【弾き語り楽譜】

歌うことをメインに構成されていて
歌に合わせて伴奏するように楽譜が作られています。

【ソロ楽譜】

ピアノで弾くことをメインに
構成された楽譜です。

弾き語りはあくまで
歌う事がメインとなります。

そのためソロ楽譜のように
メロディーだけの楽譜とは
少し構成が変わってくるのです。

2.ピアノの弾き語り楽譜の選び方

先程お伝えしたように
楽譜には大きく分けると

『弾き語り楽譜』と『ソロ楽譜』の
2つの種類が存在します。

「弾き語りをしたいから
弾き語り用の楽譜を購入しよう!」

と思いがちですが
ちょっと待ってください。

確かに弾き語りをするのであれば
弾き語り用の楽譜を手にするべきです。

ただし、ピアノ経験者である場合に限ります。

楽譜は大きく分けると
弾き語り用とソロ楽譜に分かれますが

細かく分類すると

・メロディ譜
・弾き語り譜
・コード譜
・ピアノソロ譜

の4つに分類されます。

それぞれの違いは以下の通りです。

【メロディ譜】

メロディーが音符で書いてあり、
その上にコードが書いてある楽譜のこと。

【弾き語り譜】

弾き語り用に構成された楽譜

【コード譜】

歌詞カードの歌詞の上に
コードが書かれている楽譜のこと。

【ピアノソロ譜】

ピアノだけをソロで
弾くため用に構成された楽譜

弾き語りを始めようとする場合
大抵は弾き語り譜を選びがちです。

ところが弾き語り譜には
『ある』欠点があります。
それは、

『初心者には難しい』

ということです。

弾き語りの楽譜を書いている方は
大抵はピアノ上級者の方です。

そのため初心者が楽譜を見て
弾き語りをしようとしても
難しいと感じてしまいがちです。

難しいと感じてしまうため
挫折してしまうという現象が起きやすく
ここに大きな落とし穴があります。

ピアノがある程度弾ける場合は
弾き語りの楽譜を見ても
問題なく練習することが出来ますが

初心者の方はいきなり
弾き語り楽譜を読むことは
おすすめしません。

「それではどの楽譜を選べばいいの?」

と言いますと、

メロディー譜やコード譜が
おすすめです。

弾き語りの場合はメインは
あくまで『歌声』です。

メロディーは歌声を
際立たせるため役目しかありません。

そのため楽譜のとおりに弾けるよりも
コードで弾けるように練習した方が
弾き語りを上達させる近道となります。

あなたがピアノ経験者なのか
初心者なのか分かりませんが

自分の現状に合わせて
弾き語り楽譜なのか
メロディー譜やコード譜なのか
選択するようにしましょう。

3. ピアノの弾き語り、楽譜がなくても練習できる方法

ピアノの弾き語りの場合は
演奏ではなく歌声が主役です。

そのため楽譜通りしっかりと
演奏するよりもコード弾ければ
弾き語りは行なえます。

そのためメロディー譜や
コード譜を手元に用意し

まずは弾きたい曲のコードを
覚えるようにしましょう。

コードを覚えたらそこに歌声を乗せて
徐々に弾き語りにしていきましょう。

コードさえ分かってしまえば
弾き語りに楽譜は要らないので

サイトでコードを調べて
練習していくのも良いと思います。

4. ピアノのコードを調べられるサイト

ピアノのコードを調べられるサイトは
こちらがオススメです。

●Tune Gate
http://gakufu.tunegate.me/

サイト内には48,478 曲もの
楽曲が登録されているので
弾きたい曲がきっと見つかります。

弾きたい曲をサイト内で検索し
ピアノコードを表示という
ボタンをクリックすると
ピアノコードが表示されます。

さらに、コードの部分をクリックすると
右側にコードの押さえ方が
イラスト付きで表示されるので
非常に分かりやすいです。

ピアノを始めたての段階では
コードの押さえ方も曖昧だと思うので
イラストを見ながら練習していきましょう。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか?

ピアノの弾き語りを
練習する時に迷うのが

「どの楽譜にしようか?」

という部分です。

楽譜は種類が複数あり
どれを選べば良いのかが
いまいち分かりにくいです。

弾き語りを覚えたい場合、
弾き語り用の楽譜を
購入する場合が多いです。

ただ、弾き語り用の楽譜は
ピアノ上級者が書いていることもあり

初心者にとっては
難しく感じてしまいます。

弾き語りというのは
あくまで歌声がメインであって
演奏は歌声を引き立てる存在です。

なので、楽譜通りに演奏しなくても
コードが合っていれば問題ありません。

ある程度、ピアノの経験がある場合は
弾き語り用の楽譜でも問題ないですが

ピアノ初心者という場合であれば
弾き語り用ではなく

コード譜やメロディ譜など
難易度が低い楽譜で十分です。

コードさえ覚えてしまえば
弾き語りは行うことが出来るので

はじめの段階は弾き語り用の楽譜は
用意しなくても問題ありません。

逆に弾き語り用の楽譜を用意し
練習しようとしても難しいと
感じてしまい挫折の原因となります。

練習を止めてしまっては
永遠に上達する事は出来ないので
まずは練習を継続することが大切です。

そのためには弾き語り用の楽譜ではなく
コード譜やメロディ譜から
取り掛かる方法がオススメです。

コードを知りたい場合は
コード譜を購入するのも良いですが

サイトを検索すれば
無料で簡単に知ることが出来ます。

今回お伝えしたサイト

●Tune Gate
http://gakufu.tunegate.me/

では、48,478 曲のコードが
無料で検索することが出来ます。

このサイトを活用しながら
練習をする事で楽譜を購入する代金を
節約することが出来ます。

是非、活用してみて下さい。