• TOP
  • BLOG TOP
  • ピアノ
  • ピアノ初心者でも弾き語りをマスター出来る3つのポイントとは!?

ブログトップへ

ピアノ初心者でも弾き語りをマスター出来る3つのポイントとは!?

ピアノの弾き語りを上達させる
『ある』コツとは!?

初心者がピアノの弾き語りを
行えるようにするための
押さえておきたい3つのポイントや

弾き語りの”正しい”練習方法について
詳しく解説していきます。

間違った練習をしてしまうと
余計に時間がかかってしまったり
一向に上達する事が出来ません。

今回お伝えするポイントや
練習方法を参考にして頂き

ピアノの弾き語りを
上達させていきましょう!

1. ピアノ弾き語り入門!初心者が押さえておきたい3つのポイント

初心者の方がピアノの弾き語りを
学ぶために押さえておきたいポイントを
3つに分けてご紹介します。

●ポイントその1:メロディの楽譜を探す

弾き語りを練習するため際は
まずは楽譜を探しましょう。

楽譜を見ながら練習した方が
圧倒的に効率的です。

弾き語り用の楽譜かメロディ譜を
書籍やネットから入手しましょう。

メロディ譜の場合は
伴奏部分が書かれていません。

その代わりにコードが書かれているので
そちらを参考にして演奏しましょう。

●ポイントその2:右手の5つの基本コードを覚えよう

まずは右手の基本コードである

・Cコード
・Fコード
・Gコード
・Amコード
・Emコード

の5つのコードを
覚えていきましょう。

この基本を覚えるだけでも
簡単な曲であれば即座に
弾き語りをする事が可能です。

1つずつ確実に覚えるようにしていけば
必ずマスターする事が出来るので
焦らずに練習を繰り返しましょう。

●ポイントその3:左手も音を添える

右手のコードが弾けるようになったら
最後は左手で音を添えるようにしましょう。

左手で添える音は
『ルート音』を呼ばれています。

ルート音というのはCコードだと
『ド』の音を出すという事です。

『根音』とも表現されています。

この当たりに関しては
実際に音を聴きながら
確認したほうが分かりやすいので

参考になる動画を載せておくので
そちらをチェックしてみて下さい。

【ピアノ弾き語りはじめの一歩】
https://www.youtube.com/watch?v=e7WmS8ux3G8

2. 初心者必見!ピアノ弾き語りの正しいやり方

ここまでで初心者が押さえておきたい
弾き語りをマスターするポイントを
3つお伝えしました。

次に弾き語りを覚える上で
正しい覚え方について
詳しく解説していきます。

自己流で覚えようとすると
上手く上達することが出来ず
遠回りとなってしまう可能性が高いです。

まずは正しい練習方法を
覚えていきましょう。

因みに今からお伝えする内容は
先ほどお伝えした3つのポイントを
ある程度マスターしている事を
前提にお伝えしていきます。

・1:ピアノ演奏に集中。

ピアノの弾き語りというのは
演奏と発声の2つの事を
1人で行わないといけません。

いきなり2つの事を同時にやろうとしても
なかなか上手く行うことが出来ずに
挫折してしまう可能性が高いです。

そうならないようにまずは
ピアノの演奏に集中するようにして下さい。

・2:鼻歌を歌いながらピアノ演奏。

ピアノの演奏が出来ると
確認ができたら
次に鼻歌で構いませんので

ピアノの演奏に合わせて
鼻歌を歌いましょう。

・3:歌詞で歌う

鼻歌を歌いながら
ピアノ演奏が出来たら

最後は歌詞を加えた状態で
弾き語りを行いましょう。

この順番で練習を行うことで
効率的に弾き語りレベルを
上達させる事が出来ます。

3. ピアノ弾き語りにおすすめの曲

ピアノの弾き語りに
オススメの曲は以下の9曲です。

お好きな曲を選び
練習していきましょう。

・1曲目:【Let it go】

Let It Go(ピアノ)~ディズニー映画「アナと雪の女王」
https://www.youtube.com/watch?v=wxdGqrHJtc4

・2曲目:【少年時代】

少年時代 ピアノ 井上陽水
https://www.youtube.com/watch?v=9HEMAAEjrDs

・3曲目:【エリーゼのために】

エリーゼのために (ベートーヴェン) 横内愛弓
https://www.youtube.com/watch?v=hpfWd31CiGo

・4曲目:【戦場のメリークリスマス】

戦場のメリークリスマス ピアノ 坂本龍一
https://www.youtube.com/watch?v=Sf3d_jMH2zw

・5曲目:【世界に一つだけの花】

世界に一つだけの花 ピアノ SMAP
https://www.youtube.com/watch?v=9NnY0ytQP6I

・6曲目:【ジュピター】

ジュピター ピアノ
https://www.youtube.com/watch?v=TYeAUvhUY9Q

・7曲目:【ひこうき雲】

ひこうき雲 ピアノ 荒井由実
https://www.youtube.com/watch?v=qMOhEa82Ee4

・8曲目:【涙そうそう】

涙そうそう ピアノ 夏川りみ
https://www.youtube.com/watch?v=d0L9__4s6ZY

・9曲目:【春よ、来い】

春よ、来い 松任谷由実
https://www.youtube.com/watch?v=ttwb8la57Ck

4. 初心者でもピアノ弾き語りが上手くなるためのコツ

最後にピアノの弾き語りを
上達させるコツを紹介します。

弾き語りを上達させるコツは

『ピアノのを弾かないこと』

です。

「え?どういうことですか?」

と感じるかと思うので
順番に説明していきます。

ピアノの弾き語りが
難しいと感じてしまう理由は

『歌うこと』と『弾くこと』

の2つの動作を
同時にやらないと
いけないからです。

ギターであれば意識をしなくても
演奏することが出来るので
比較的、難易度は低めなのですが

ピアノの場合は無機質な音に
なりがちなので演奏する事に
意識を向けないといけません。

その状態で歌おうとすると
演奏がうまく出来なかったり
上手く歌えなかったりします。

2つの動作を満足の行くレベルで
行うことは非常に難易度が高いです。

では、どうすれば良いのか。
と言いますと、

なるべく歌う時は
ピアノを弾かない事です。

ピアノをジャ~ンと弾いた後に
歌うように心がけ

コードが変わる時だけ
ピアノを弾くように
アレンジをします。

こうすることで2つの動作を
同時に行うのではなく

1つ1つの動作を
タイミングを見ながら
行っているだけなので

非常に弾き語りがやりやすく
スムーズに上達させる事が出来ます。

5. まとめ

いかがでしたでしょうか?

ピアノ初心者の方にとって
弾き語りというのは
難易度の高い演奏方法です。

なぜなら、弾き語りというのは
『歌うこと』と『ピアノ演奏』を
同時に行う必要があるからです。

単純にピアノを弾くだけだったり
歌うだけであれば難易度は低いです。

ただ、2つの事を
同時に行おうとすると

どちらかの作業が疎かになり
ミスが増えてしまいます。

ミスなく弾き語りを行うには
今回お伝えしたコツを
参考にしてみて下さい。

このコツを意識するだけでも
かなり弾き語りが
やりやすくなると思います。