• TOP
  • BLOG TOP
  • ピアノ
  • ピアノ弾き語り楽譜を無料ダウンロード可能な3つの便利サイトとは?

ブログトップへ

ピアノ弾き語り楽譜を無料ダウンロード可能な3つの便利サイトとは?

ピアノで弾き語りをする場合
楽譜やコード譜を
手元に置くと思います。

今回はそんな楽譜を無料で
手に入れることができる
3つの便利サイトをご紹介していきます。

このサイトを活用することで
楽譜代を一切かけることなく

弾き語りの練習を
行うことが出来ます。

さらに、弾き語り練習として
参考しておく事をオススメする
YouTubeチャンネルを3つお伝えします。

後半では、弾き語り練習の際に
楽譜ではなくコード譜があれば

練習可能かどうかという疑問に
お答えしていこうと思います。

「ピアノの弾き語りレベルを上げて
自由自在に好きな曲を弾き語りたい。」

という場合は今回の記事で公開される
3つの便利サイトやYouTubeチャンネルを
参考にしてみて下さい。

1. ピアノ弾き語りの楽譜を無料でダウンロードできるおすすめのサイト

ピアノ弾き語りの楽譜が
無料でチェックできる
便利なサイトが存在します。

その中でもオススメのサイトを
3つに絞り紹介していきます。

●おすすめサイトその1:『ピアノの本棚』
http://pianobooks.jp/

ピアノの本棚はサイト内に
掲載されている曲数は少ないですが

ランキング形式で
人気曲が確認できますし

楽譜を閲覧すると曲ごとに
演奏のポイントが紹介されているので
参考にすることで演奏しやくなります。

さらに、画面下へ進むと
サイト運営者と演奏にチャレンジした方の
コメントを読むことが出来るので

演奏を上達させるヒントを
得ることが出来ます。

一番下にある

『もっと見る』

をクリックすると
YouTubeサイトに飛び
実際の演奏を確認できます。

全体的に利用者目線で作られていて
非常に分かりやすいサイトとなっています。

●おすすめサイトその2:『楽器.me』
http://gakufu.gakki.me/

楽器.meの最大の特徴と言えば
掲載されている曲の圧倒的な数です。

登録されている曲数は
48,566曲もあるので

練習したい思っている曲を
サイト内で検索すれば
高い確率でヒットします。

さらに楽譜を閲覧すると
コード部分をクリック
出来るようになっています。

クリックすると右側に
コードの指のは位置を
イラスト付きで説明してくれるため

1つ1つのコードの配置を
チェックしながら練習が可能です。

●おすすめサイトその3:『Everyone Piano -Everyone Piano人々ピアノサイト』
http://jp.everyonepiano.com/Software.html

Everyone Piano -Everyone Piano
人々ピアノサイトの特徴は
様々なジャンルに対応していることです。

アニメや邦楽、洋楽など
1つのジャンルだけでなく

複数のジャンルで練習したい場合は
こちらのサイトもオススメです。

2.おススメのYouTubeチャンネル

●おすすめチャンネルその1:『Tenshi Minamoto』
https://www.youtube.com/channel/UCo3FBDtQ5EozzsffFF9Pv0A

●おすすめチャンネルその2:『ピアノノート Piano Note』
https://www.youtube.com/channel/UCotwJYllpnmyoI_R0kvo55Q

●おすすめチャンネルその3:『Tee Channel』
https://www.youtube.com/channel/UCJvXh27qn9HFLs43CFzK_2g

以上の3チャンネルは
演奏動画を専門的に配信されており

非常に分かりやすい動画なので
チェックしてみて下さい。

3. 楽譜と動画、どちらが弾きやすい?

楽譜と動画の決定的な違いは

『自分で演奏するか
他人の演奏を確認するのか』

です。

楽譜の場合だと書かれている楽譜に従い
あなた自身が練習を行っていきます。

逆に動画の場合であれば
一旦手を止めて他人の演奏を確認する。

という事になります。

動画を見ながら練習しようとしても
動画の音とピアノの音が混ざったりして
ゴチャゴチャとなってしまいます。

楽譜の良いところは
次にどう弾けば良いのかが
演奏しながら確認できる点です。

一方、動画の場合は実際に
演奏している状況を確認できるので

うまく演奏出来ない部分を
音を聴きながら確認できる点です。

それぞれに良い面があります。

ピアノの弾き語りの演奏で
特につまずく部分もなく
楽譜を確認できればそれでいい。

という場合は楽譜のみで
弾き語りをしてもらえばいいですし

どうしてもこの部分が
上手く演奏できない。

という事であれば、
どうやって弾けば良いのかを
実際に目や耳で確認できる
動画がオススメです。

4. ピアノの弾き語りは楽譜がなくてもできる

ピアノの弾き語りの場合
実はコード譜さえあれば
楽譜はなくても演奏可能です。

弾き語りは通常の演奏とは違い
あなたの歌声がメロディーとなり
ピアノは伴奏として演奏します。

そのため、

コードさえ分かれば
後は歌声でメロディーを
加えていくだけなので

メロディーも乗っている楽譜は
弾き語りを行う上で無くても
全く問題ありません。

つまり『ピアノ』と『コード』
2つがあれば弾き語りは行なえます。

コードに関してはコード譜を
書店で購入するのも良いのですが
今回お伝えしたサイトから無料で
コードを入手する事ができます。

後はタブレットやスマホなどで
そのコードを見ながら演奏すれば
弾き語りが簡単に練習出来ます。

始めの頃というのは
基礎的なコードを
覚えるようにしましょう。

基礎的なコードというのは

『C』『F』『G』『Em』『Am』

です。

難易度の低い曲であれば
このコードが弾ければ
演奏することが可能です。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか?

ピアノの弾き語りを
練習する際には

『ピアノ』『コード』

この2つがあれば
弾き語りが行なえます。

コードに関してはコード譜を
書店で購入するのも
1つの手段かと思いますが

今ではネットで
無料で見ることが出来ます。

今回お伝えしたサイトは
無料でコード譜をチェックでき

なおかつコード毎に
イラスト付きで解説があったり

利用者とサイト運営者の
コメントのやり取りが
チェックすることが出来たりと

通常の楽譜以上に充実した内容を
無料で利用することが可能なのです。

また、今ではYouTubeで
弾き語り動画を検索すれば

レベルの高い人物の演奏を
その場でチェックすることが出来ます。

練習をしていると
どうしても演奏が難しい箇所が
1つ2つと出てくると思います。

そういった時は演奏出来ている
動画配信者の方の手の動きなどを
参考に出来る演奏動画は非常に役立ちます。

今回お伝えした3チャンネルは
どれもオススメなので参考にして診て下さい。

●おすすめチャンネルその1:『Tenshi Minamoto』
https://www.youtube.com/channel/UCo3FBDtQ5EozzsffFF9Pv0A

●おすすめチャンネルその2:『ピアノノート Piano Note』
https://www.youtube.com/channel/UCotwJYllpnmyoI_R0kvo55Q

●おすすめチャンネルその3:『Tee Channel』
https://www.youtube.com/channel/UCJvXh27qn9HFLs43CFzK_2g

ネットを上手く活用していき
動画や便利サイトを参考にすることで
ピアノ弾き語りを上達させていきましょう。