ブログトップへ

ベルカント唱法ができる!おすすめの本3選

ベルカントとは直訳すると「美しい歌」という意味です。

そしてその歌を表現するために必要なものは、人間の自然な声であることがベルカント唱法の基本的な考え方と言われています。

人間の自然な声での美しさ、そして喜怒哀楽の感情を表現するためには発声法だけでなく総合的な完成度が必要です。美声だけではなく声量、技術そして表現力などイタリア式の声楽発声法で必要とされるすべてのカテゴリーの完成度を追求するのがベルカント唱法と考えればわかりやすいかもしれません。

実際、

ベルカント唱法が隆盛を誇ったのは15世紀~18世紀にかけてとかなり古典的なオペラの時代です。全ての声楽に必要なファクターを極限までに高めることによって人間の持つ声の力を最大限に引き出すものと言えるのですから、ベルカント唱法自体が衰退して絶滅していったのではなく、その基本的な唱法はあらゆるイタリアオペラのシーンに引き継がれていると言うこともできると思います。

イタリアの声楽を学ぶためには、必ず必要となってくるベルカント唱法。

どうやったら自分の声を最大限に魅力的なものに高めていくことができるのか?ここからはベルカント唱法を学ぶためにおススメできる本や練習法を紹介していきます。

1. ベルカント唱法ができる!おすすめの本3選

ベル・カント唱法―その原理と実践

本の特徴

声楽家を目指す人、指導者を志す人のために書き下ろしたベルカント唱法の論理的実践法。現代の発声訓練法によって生まれる課題をベルカント唱法を学ぶことにより乗り越えることを目指す。

レビュー

今の日本の間違った発声を変えてくれる本です。
この本に出会えて本当に良かったです!
でも、なんでこの本が歌う人達に知られいないのかが不思議です。
もっともっとひろまれば日本人の歌声も随分変わると思います。

一生使えるボーカル基礎トレ本 ベルカント唱法で始める本格レッスン

本の特徴

トヨタのCM曲やNHK大河ドラマ『龍馬伝』挿入歌などで知られるyucca!その透き通った歌声の秘密はベルカント唱法でのトレーニングだった!彼女が自分の声のトレーニングのために作り出した練習法を本で公開。年齢、性別を全く問わずに始められるトレーニングですから、ベルカント唱法の初心者の人や、高齢になってから始めてボイストレーニングを行ってみたいと思う方にもおすすめの本です。ベルカント唱法だけではなく、ハイトーンやサスティーン・ボイスの出し方までを詳しく解説しています。

レビュー

最初は発声の基礎からはじまり、そこから段階を踏んで進んで行くので、とても分かり易いです。
それもそのはず、著者のYuccaさんは世界でも数十名のコロラトゥーラソプラノ歌手!
喉声で歌う歌手にも使って欲しいくらいでした。

日本では知られていないイタリア伝承メトード 真のベルカント

本の特徴

単身でイタリアに渡り、長い間オペラ歌手を続けてきた著者の出会いや、結婚などに触れながらベルカント唱法のメソードについてわかりやすく解説しています。イラストを使いながらの解説なので、専門知識がない人でも取り組みやすいトレーニングが期待できるでしょう。多くの日本人が行っているように、喉で歌うことを続けていると、加齢とともに喉を傷めてしまい、長い間音楽活動を続けることは難しいですが、ベルカント唱法を見に就けることにより自然な発声ができるようになり喉を傷めずに歌うことができるようになります。

レビュー

イタリアのベルカント歌いと呼ばれる名歌手達は、今の様に音響設備の整っていない劇場にいかにして自分の声を満たしていたのか。それもマイクを用いず。言葉だけでは伝わらないそのテクニックがイラストと共に記されています。

2. 本を読んでもベルカント唱法のやり方がわからない?!おすすめ練習動画はこ<れ!

今まで声楽のレッスンを受けたことがある人ならば本を読んだだけでも何となくベルカント唱法のやり方のコツをつかむことができるかもしれませんが、これからはじめてベルカント唱法をやってみようという人にとっては、文字をみただけではなかなか実践することが難しいかもしれません。

文字よりも実際に動画でベルカント唱法をレッスンしているシーンの方がコツをつかみやすいと思われるならば、youtubeで無料公開されているベルカント唱法のレッスン動画を利用するのもいいですよね。

東京音楽大学にて「芸術に恋して!」の取材 秋山隆典 イタリアベルカント唱法の解説と検証

東京音楽大学声楽科の准教授・秋山隆典先生をテレビ番組で取材した時の動画です。
秋山先生がベルカント唱法の検証と解説をしてくれています。

もともとテレビ放映用で撮られたものなので一般向けにできており、あまり知識のない人でも理解しやすい作りになっているところがおすすめです。

ある程度ベルカント唱法の知識がある人ならば本とCDを利用して学ぶことは可能ですが、やはり初心者にとっては論理的な部分から学習するよりも視覚からの情報で真似しながら学ぶことができるので、かなり取り組みやすくなっていると思います。

腹式呼吸ってなんだろう? No.3 「ベル・カント唱法」のどを下げるとラクに歌える

ベルカント唱法の基本となる腹式呼吸とのどを下げて歌うということについて実践を交えて解説しています。

実際にセミナーを開催している動画ですので、初心者の方でも腹式呼吸の行い方について簡単に行えるようになるのではないでしょうか。

ベルカント唱法に限らず腹式呼吸はあらゆる声楽技術の基本となるものなので、是非この動画を見て見につけておきたいところです。

3. 本気で学ぶならベルカント唱法の声楽レッスンを受けよう!

もしも本気でベルカント唱法を学びたいという気持ちがあるのならば、やはり声楽レッスンで正しい呼吸法と発声法を身に着けることをおすすめします。

動画や本などで理論をまなんだりコツをつかんだりすることはできますが、正確な発声ができていなければ結果的に喉に負担をかけてしまうということもあります。

喉の負担というものは長年にわたって蓄積していくものですので、これからベルカント唱法で歌いたい、長い間歌い続けたいと思うのならば
声楽レッスンを受けてより正確なベルカント唱法を見に就けることが重要です。

全てを理解するためには歴史的背景などの概論から学ぶと言うのが基本的なスタンスになっているので、本を購入して独学で始めようと思うと概論の部分で力尽きてしまい
実践までたどり着けなかったなんていう人も少なくありません。

せっかく頑張って勉強したのに途中でリタイアなんていうことを防ぐためにも、レッスンから始めるのはおすすめですね。

4. まとめ

イタリアの伝統的唱法であるベルカント。

確かに隆盛の時期は過ぎたかもしれませんが、ベルカント唱法の発声そして呼吸法は現在でもオペラ歌唱法の基本となっています。

あれだけの声量そしてハイトーンを喉に負担をかけずに発声することができるベルカント唱法。

正しい唱法を見に就けることができれば、高齢でも大きな声で歌うことができます!年齢、性別を問わず習得できるものですから興味がある人は是非挑戦してみてください!