ブログトップへ

たったの『3ステップ』で横隔膜ビブラートを出す方法とは!?

ビブラートの練習法に
悩んでいませんか?

今回はビブラートの習得に
効果テキメンの練習法を3つ
お伝えしていきます。

さらに、

3ステップで横隔膜を刺激する
ビブラートをマスターする秘訣も
公開していきます!

プロの歌手がどんなビブラートを
使っているのかを知りたい方は
今回の内容をチェックしてみて下さい。

1. ビブラートを出す練習方法

ビブラートを出すには
練習が欠かせません。

練習方法はいくつかありますが
オススメの方法に絞って
紹介したいと思います。

・音程を変化させる

ビブラートというのは
あえて音を変化させ

音楽の中に感情を表現させる
発声テクニックです。

ビブラートを使えるようになるには
音程を変化させる技術が
必要となってきます。

音程を変化させる方法としては
数秒間、違った音の高さで繰り返し
発声する方法がオススメです。

例えば、

普段の出しやすい高さの声で

「あーーーーーー」

と声をしてみて下さい。

次に先程の音の高さよりも
少しだけ低い音を
同じように発声して下さい。

その後、初めの音の高さで
発声していきましょう。

このような音の変化の
繰り返しにより

音が変化させる感覚を
まずは体で覚えていきましょう。

音を変化させる感覚が掴めてきたら
変化させる間を短くしていき

素早いテンポで
音を変化させていきましょう。

・母音を発声する

音を揺らす練習方法で
もう一つオススメの方法があります。

それは、

『母音を発声する』

という方法です。

例えば、

「らーーーーー」

と発声している状態で
母音を意識する事で

「らーあぁあぁあぁ」

というイメージで
発声していきましょう。

母音を強調させる事で
自然とビブラートのような
波を表現させる事が可能です。

・横隔膜を動かす

歌を歌う時に使えると
とても役立つ筋肉があります。

それは、

『横隔膜』

です。

音楽の世界では有名ですが
この筋肉を使う事で
音に迫力が増すだけでなく
ビブラートも綺麗に出来ます。

ただ、日頃はあまり
意識していない筋肉なので
練習しないと使えるようになりません。

練習方法としては
呼吸を荒くして下さい。

「はぁはぁはぁはぁ」

という具合に荒くしてきましょう。

そうする事で
お腹の上のあたりにある
横隔膜が動きます。

この感覚がとても大切です。

横隔膜が動いている
という感覚を覚えましょう。

次に、横隔膜を揺らす事は
何も変えない状況で
発声を行っていきます。

「あーーーーー」

という具合で発声していき
お腹(横隔膜)を揺らしていきます。

横隔膜の揺れと連動して
音に波が生まれます。

初めは上手く出来ない
可能性が高いですが

練習を重ねていく事で
使えるようになります。

2. 横隔膜を刺激し、3ステップで出来るビブラートを出す方法

先ほどお伝えした
横隔膜を刺激しビブラートを出す
3ステップについて詳しくお伝えします。

この手順を踏めば
自然とビブラートが出来るので
是非、取り組んでみて下さい。

・ステップ1:『ビブラートを聴く』

まずは、ビブラートとは
どのようなものなのか?

プロの歌声を聴いてみましょう。

実際に聴いてみる事で
様々な発見があると思います。

また、聴くだけでなく
見ることも参考になります。

ビブラートをしている歌手を
動画やライブなどで観察する事で

体の動かし方や表情などからも
学ぶ事が出来ます。

まずはビブラートが出来ている
プロの歌手から学びましょう。

YouTubeなどで
『ビブラート 歌手』

などと検索すれば
そういった動画ヒットしますので
一度チェックしてみて下さい。

・ステップ2:『実感する』

ビブラートがどういうモノなのかが
何となく理解出来るようになった段階で
実際にビブラートを体感しましょう。

横隔膜を刺激して行うビブラートは
先ほどお伝えした『荒い呼吸』を
行う方法がオススメです。

「はぁはぁはぁはぁ」

と荒い呼吸を行うと
お腹が自然と動きます。

この感覚を覚えましょう。

どのようにして呼吸と
お腹の動きが連動しているのかを
じっくりと観察していきます。

ひと通りお腹の動きが分かってきたら
今度は発声をした状態でお腹を動かします。

例えば、

「らーーーーーーー」

と発声しながら、

お腹は先ほどのように
揺らしてみましょう。

「ら〜あぁあぁあぁあぁ」

という形で
音に波を作れれば上出来です。

・ステップ3:『歌いながら実践していく』

ステップ1と2で
プロがどのようにして
ビブラートを行っているのか。

そして、音を揺らす時の感覚が
何となく理解できたと思います。

そこまで出来るようになれば
後は実践あるのみです。

実際に歌を歌っていき
曲の中でビブラートをかける箇所で
音が揺れるように練習してみましょう。

発声練習で音を揺らすのと
歌の中で音を揺らすのは
また違った感覚があります。

ステップ1から3を
何度も繰り返す事で
ビブラートが上達していくので
是非、参考にしてみて下さい。

3. プロが教える、ビブラートを出す方法

先ほどの3ステップの中で
ステップ1はプロの歌手のビブラートを
視聴する事をお勧めしました。

実際に見たり聴いたりする事で
気づくことも多かったと思います。

プロの歌手が行っている
ビブラートを観察してみると

横隔膜を刺激したビブラートを
している場合が多いです。

この方法が最も音が安定して
綺麗に発声が出来るからです。

横隔膜を刺激するビブラートは
前半部分でお伝えした練習法や

3ステップの中の
ステップ2でお伝えした
練習法を試してみて下さい。

「その他で何か
気をつけるべき点はありますか?」

というと、

呼吸がしっかりと出来ているのか
入念にチェックして下さい。

発声をする際に
呼吸がしっかりと出来ていないと

音の伸びが悪くなりますし
響かせる事がうまく出来ません。

呼吸は腹式呼吸という
呼吸法を取り入れるようにしましょう。

呼吸と連動させ
お腹を膨らませる事で

より多くの空気を
吸い込む事が出来ます。

吸い込む空気量が多ければ
それだけ発する声に勢いが付きますし
息が長く持ちます。

ビブラートの練習をする前に
まずは呼吸法が正しく出来ているのか。

という事についても
意識を向けていく事をお勧めします。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ビブラートを出す練習法は
今回お伝えした方法が
効率的なのでオススメです。

ビブラートを使うためには
横隔膜を刺激する事が大切です。

横隔膜を刺激しながら
ビブラートを行う方法は

今回お伝えした
3ステップを踏んで頂ければ
問題なく発声出来るようになります。

腹式呼吸にも気を付けながら
ビブラートの練習に取り組む事で
綺麗なビブラートがかけられますので

積極的に練習していただき
素敵なビブラートが
出来るようになりましょう!