• TOP
  • BLOG TOP
  • ビブラート
  • カラオケ高得点ゲットに必須の『ビブラート』と『ロングトーン』の意外な関係性とは!?

ブログトップへ

カラオケ高得点ゲットに必須の『ビブラート』と『ロングトーン』の意外な関係性とは!?

ビブラートを覚える為には
幾つかの練習メニューが存在します。

ただし、

それらの練習メニューは
『ある』ワザが出来る
という前提があって
作られたモノだとご存知ですか?

今回は、ビブラートを覚えるために
必ず覚えておくべき
『ある』ワザをお伝えします。

このワザを覚えることで
ビブラートが容易に
使えるようになるだけでなく

普段の歌声が一気に
数段レベルアップすること
間違いなしです。

「ビブラートが
なかなか覚えられない」

という方は今回のご紹介する
方法を取り入れることで

今までの悩みが嘘のように
問題を解決することが可能となります。

1. ビブラートとロングトーンとは?

ビブラートとロングトーンには
とても深い関係性があります。

ロングトーンというのは
一定の高さの音を
長く伸ばす技術のことを言います。

一方でビブラートというのは
伸ばしている音を揺らす事で
感情を表現する技術を言います。

この2つはカラオケでも
採点対象になっているので

使えるようになるだけで
カラオケで高得点を取る事も出来ます。

また、カラオケだけに関わらず
あなたの歌声を聴く人からも

「素敵な歌声!」

と感動されること間違いなしです。

元々の歌声は生まれつきのモノなので
どうしようもないかもしれませんが

ロングトーンやビブラートは
練習を行えば誰でも
習得できる技術です。

カラオケで高得点が取れて
周りからも好印象を
持たれる方法なので
使わない理由がありません。

2. ビブラートとロングトーンの種類とコツの練習

先ほどお伝えしたように
ロングトーンは音を一定の間
伸ばし続ける方法です。

それに対してビブラートは
伸ばした音を揺らしていく
感情表現の技術です。

実はこの2つの技術は
まるで兄弟のように
密接な繋がりがあります。

「どういう意味ですか?」

と思うかもしれませんので
具体的に解説していきます。

ビブラートというのは

『伸ばした音を揺らす技術』

です。

つまり、

音を十分に伸ばさないと
音を揺らすまで出来ない。

ということです。

そのため、まずは音を長く伸ばす事を
マスターしていく必要があります。

そして、音を長く伸ばす技術の事を
ロングトーンと呼ばれています。

つまり、ビブラートを覚えるためには
まずはロングトーンを
習得する必要があるのです。

ロングトーンに必要な技術は

『息をなるべく長く
吐き続けること』

です。

この技術を身につけるために
必要不可欠なことが

『呼吸の仕方』

です。

具体的には腹式呼吸を覚えましょう。

腹式呼吸というのは
お腹を使った呼吸法を指します。

息を吸うタイミングで
お腹に空気を充満させるイメージで
ゆっくりと膨らませていき、

吐くタイミングで
お腹に充満している空気を
ゆっくりと吐ききるイメージです。

この呼吸法のメリットは
通常の呼吸よりも大量の空気を
取り込む事が出来る点です。

大量の空気を吸うことが出来れば
同時に多くの空気を吐くことが出来ます。

そうすれば息が長く持つので
ロングトーンがやりやすくなります。

具体的な練習方法としては
以下の3ステップです。

・ステップ1:

『腹式呼吸を体験する』

まずは腹式呼吸を覚えましょう。

仰向けになった状態で息を吸って下さい。

そのタイミングでお腹を意図的に
膨らませましょう。

吸った息がお腹の中に
溜まっていくイメージです。

次に息を吐いて下さい。

お腹の中に溜まっていた空気を
ゆっくりと吐ききりましょう。

・ステップ2:

『一定の高さで発声する』

腹式呼吸を体験したら
今度は立った状態で腹式呼吸を行います。

ゆっくりと息を吸っていき
お腹を膨らませていきましょう。

そして、吐くタイミングで
あなたが出しやすい音の高さを
継続して出し続けて下さい。

ポイントは出来るだけ長く
音が途切れないように
発声し続けることです。

ステップ3:

『繰り返す』

ステップ1の腹式呼吸が
不十分と感じたら

もう一度、仰向けになり
腹式呼吸を体感しましょう。

腹式呼吸は上手く出来ているのであれば
ステップ2の発声練習を
繰り返し練習しましょう。

出来る限り長く
発声出来るように意識し

徐々に伸ばせる時間を
長くしていきましょう。

この3ステップを繰り返すことで
難なくロングトーンを
覚えることが出来ます。

ロングトーンが出来れば
後は音を揺らすことで
ビブラートにするだけです。

ビブラートには
いくつか種類があるのですが

プロが使っているビブラートは
お腹の横隔膜という
筋肉を使ったビブラートです。

このビブラートは
腹式呼吸が出来ないと
発声出来ないやり方です。

イメージとしては
ロングトーンを行う時と
同じように発声を行い

普段は平行に
伸ばしている音を

お腹の筋肉を小刻みに揺らすことで
音を揺らしていくことです。

初めの内はあまり上手く
出来ないかもしれませんが

腹式呼吸がしっかりと
出来ているのであれば、

自然とビブラートが
出せるようになるので
安心して下さい。

3. 安定性やロングトーンの課題

ビブラートをかけるためには
ロングトーンが使えないといけない。

ということを知り、

ロングトーンを
学んでいる方の中には

「ロングトーンの音が安定せず
途中で途切れてしまったり
上手く伸ばすし続けることが出来ません。」

という悩みを抱えている方もいます。

こういった方はおそらく
腹式呼吸がまだまだ
不十分である可能性が高いです。

腹式呼吸が上手く出来ていないと
体に取り入れる空気量は増えません。

十分な空気量が無ければ
一定の音を長く伸ばすことは出来ません。

そのためこういった
悩みを抱えている方は

まず基本に立ち帰り
腹式呼吸から確実に覚えていきましょう。

腹式呼吸の方法は
先ほどお伝えした

ロングトーンを覚えるための
3ステップの中でステップ1の部分で
詳しく解説しています。

その部分をもう一度読み直して
腹式呼吸を自由に使えるように
練習を行っていきましょう!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ビブラートとロングトーンは
カラオケで高得点を出すために
是非とも覚えておきたい技です。

カラオケの得点だけでなく
聴き手からしてもビブラートや

ロングトーンをキレイに
出している歌声を聴くと

ついつい、

「素敵な歌声だな〜」

と感じてしまうものです。

記事の中でもお伝えしたように
ビブラートとロングトーンは
兄弟のような密接な関係性があります。

そのため、ビブラートを覚えるためには
ロングトーンが使えないといけません。

「面倒だな〜」

と感じるかもしれませんが
逆に言えばロングトーンを覚えれば
ビブラートも難なく出す事が
出来るということですし

ビブラートだけを
練習するよりも

ロングトーンから
練習することで

早くビブラートを覚える事が
出来るだけでなく

ロングトーンと
ビブラートの2つの技術を
手に入れることが出来ます。

この2つの発生方法を覚えれば
あなたの歌声は格段にレベルアップするので
是非とも覚えていきましょう!