• TOP
  • BLOG TOP
  • 絶対音感
  • 絶対音感はなくなることがある?衝撃の事実と対策を具体的に解説!

ブログトップへ

絶対音感はなくなることがある?衝撃の事実と対策を具体的に解説!

絶対音感はなくなることがあるの?
今回は大人になってから絶対音感の精度が鈍ってしまったというケースについて詳しく解説していきます。
実は絶対音感を身に付けている方の中には、一定数の割合で音を聴く精度が鈍ってしまったという声が報告されているのです。

一度身につければ一生使える人もいれば、途中から使えなくなってしまった方もいるのです。
両者には一体どのような違いがあるのでしょうか?
これまで絶対音感の精度が鈍ってしまった方々の事例から、絶対音感がなくなる原因と考えられる要因や防止策、絶対音感が消えてしまう前兆症状、精度が鈍ってしまってから取り戻すことができるのかという疑問について詳しく解説していきます。

「最近、昔よりも音がずれて聴こえている」という場合は、今回の記事を参考にし、絶対音感消滅を阻止して下さい。

1. 絶対音感は大人になるとなくなる?!

絶対音感を身に付けている方の中には、気がつくと音がずれて聴こえている。
という症状を訴える方が一定数の割合で存在しています。
以前は正確に音を把握することができたのに、なぜか少しズレて聞こえるようになるという現象は現実的にあるようです。

2. 絶対音感がなくなる理由

現在、絶対音感の精度が乱れる理由は、科学的に明らかになっていません。
実際に聞こえる音に違和感を感じた方の意見を見てみると、一定期間音楽に触れなかったか、加齢により精度が鈍ってしまったというパターンが多く見受けられます。

元々は赤ん坊の頃に誰でも備えている能力で、成長する過程で自然に消滅してしまうものであることから、ある程度、成長した人間であれば、生活をする上で必要のない能力であると脳が認識している可能性があります。
そのため、一定期間音楽から離れ、絶対音感を使う必要のない日々を過ごすことで、音を正確に認識する精度が鈍るのだと考えられます。

また、加齢により精度が鈍ってしまうというケースは、単純に聴覚の衰えが原因だと考えられます。
人間だけでなく、地球上の生き物は年齢を重ねる毎に体の機能が徐々に弱体化していきます。
聴覚は2歳から6歳頃が成長期でその後は横ばいで進んでいき、40代から50代ごろになると下降線を辿っていきます。
音が正確に聴こえないという原因は、聴覚の衰えによるところも大きいと言えます。

3. 絶対音感がなくなるのを防ぐことはできる?

絶対音感が無くなることを防ぐ方法は、残念ながら今のところ解明されていません。
個人差が多く、一生使い続けることができる方もいれば、気がついたら精度が鈍ってしまい昔のように使えなくなってしまったという方もいます。

ただ、なるべく音楽に触れるように心がけることで精度を保つ効果は期待できます。
日頃から運動を心がけている方が、年齢を重ねても比較的、体を動かせるケースがあることから、日頃から音を認識する機会を増やすことで、音を認識する精度を高い状態で保てる可能性が高いです。

加齢により音の認識が鈍ってしまったというケース以外は、一定期間、音楽に触れない時期があり、久しぶりに音楽を再開したところ、音が正確に聴こえないという現象に遭遇している方が多いことから、一定期間、音を正確に認識しなくても支障のない状況だったため、制度が鈍ってしまったと言えます。
日頃から音楽に触れるようにすることで、精度を保つ効果が期待できます。

4. なくなった絶対音感を取り戻すことはできる?

一度精度が落ちてしまった状態から元に戻すことができたという事例は今のところありません。
そのため確実に取り戻すことができるかは分かりませんが、なるべく音楽に触れる機会を増やすことで、精度が全盛期のように戻る可能性は十分にあります。

絶対音感は7歳を過ぎると習得出来ないとされています。
その理由は脳の神経回路は7歳頃までがピークであり、それ以降は爆発的に神経回路が増殖することはないからです。
7歳以降に覚えようようとしても新たな神経回路が作られにくく、習得することはできません。

一方、絶対音感を幼少期に持っていた経験があるのであれば、脳の中に絶対音感の神経回路はできあがっています。
そのため、音を聴く習慣を再開することで、神経を刺激し、再び音を認識する能力の精度が元に戻る可能性はあります。

5. 絶対音感が半音ずれるのは絶対音感が消える前兆?!

絶対音感の精度が鈍ってしまった方々の意見を見てみると、本来の音よりも半音高い、あるいは半音低い状態で聴こえている傾向があります。
もし、半音ズレて聞こえることがあれば、注意する必要があります。

因みに、市販で売られている咳止め薬である、「フラベリック」には、服用することによって起こる副作用の1つに、音が半音ずれて聴こえるという効果があると報告されています。
もし、半音ずれて音が聴こえている状態なのであれば、薬を飲んでいないか確認しましょう。
体調やストレスによっても、音を聴く能力の精度が鈍る可能性は十分にあります。

少し普段よりも体調が悪い状態なのであれば、まずは安静にし体調が回復してから、音が正常に聞こえるのかどうか確かめてみて下さい。

6. まとめ

絶対音感を持っている方の中には、気がついたら正確に音を聴こえないという現象に遭遇するケースが一定数報告されています。
音の誤差は半音程度の場合が多いようですが、絶対音感の方からすると、音が半音ずれて聴こえるというのは、非常に気持ち悪い状況だと言えます。

音を認識する精度が鈍ってしまった方々のケースを見てみると、大抵の場合は音楽に触れない期間が数年間あったか、40代後半あたりからずれていったという事例が多いです。

元々、絶対音感は赤ん坊の頃は、誰もが持っているとされていて、成長につれて消滅していく能力です。
数年間、使わない期間ができたことで、体が不要だと認識し精度が鈍ってしまった可能性が高いです。
また、40代後半を過ぎることで聴覚の衰えを自覚するようになり、その結果、音が上手く聴き取れなくなったと言えます。

一度精度が鈍ってしまった絶対音感を再び正常な状態に戻せるかどうかは、今のところ、はっきりとしたことは分かっていません。
ただ、絶対音感の精度をなるべく鈍らせないようにするには、日頃からなるべく音楽に触れ合うことが非常に大切だと考えられます。

数年間のブランクがあると、聴き取る力が衰えることは無理もありません。
なるべく期間が空かないように音に触れ続けることで、絶対音感が失われることなく、使い続けることも可能です。
また、市販で売られている咳止め薬である、「フラベリック」を服用した記憶がないか確認するようにしましょう。
全員に起きる副作用というわけではありませんが、服用した方の中には少数ながら音が半音下がって聴こえるという症状を訴える方が出ています。

もし、服用した記憶があるのであれば、使用を中止することで症状は治まることが分かっています。
数日間、安静にし正常に音が聴こえるか確認しましょう。
薬だけでなく、体調によって音がいつもとは違って聴こえるということもあります。
もし、体調があまり良くない状態なのであれば、一度安静にし体調を回復させてから音が正しく聴こえるかどうかチェックしてみて下さい。