歌手オーディションをMUSIC PLANETは実施致します!

FES2019.06.09

『日比谷音楽祭』
レポートその4
『Hibiya Dream Session 2』
驚きのゲスト登場の巻!?

6月2日 『Hibiya Dream Session 2』開催!!
驚きのシークレットゲストが登場!?

6月2日、『日比谷音楽祭』二日目となるこの日の昼、『Hibiya Dream Session 2』のが行われました。
会場は、世代を超えた観客で埋め尽くされ、まさにボーダーレス!

Creepy Nuts登場
2日目昼のトップバッターは、Creepy Nuts!
「数え唄」からステージがスタート!
二人の息のあったステージとコール&レスポンスで会場は一気にヒートアップ!

同志社大学 The Third Herd Orchestra登場
続いてステージに登場したのは、同志社大学の「The Third Herd Orchestra」。
息のあった演奏に思わず息を飲んでしまいます。コークール優勝経験は伊達じゃない!
しかも一曲目の「slap happy」の演奏後、大事件が!!!!
なんと、ステージに姿を現したのは…!?

シークレットゲスト 椎名林檎さん登場!!!
なんと、ステージに椎名林檎さん。
しかも、和服姿です!会場のテンション急上昇、いきなりのボルテージマックス!
会場を大歓声と驚き、どよめきが起こります。
The Third Herd Orchestraの演奏で「人生は夢だらけ」を披露。
これぞ『日比谷音楽祭』といった異次元合体!
そして、驚きのシークレットゲストパート2!!
「獣ゆく細道」のイントロとともにステージに宮本浩次さんが、おなじみのスタイルで登場!
さらに加速するボルテージ!まさかの展開2連発に会場は大爆発!皆総立ち!
これこそボーダレス!

新妻聖子さん登場
1日の夜に続き、The Music Park Orchestra」が登場!
そしてステージには、亀田誠治実行委員長が一番最初に声をかけたという新妻聖子さんが。
華やかながらも威風堂々と「ラ・マンチャの男」を歌い上げます。
続いては、話題となった映画「グレイテスト・ショーマン」から「Never Enough」。
しっとりと、しなやか、そして艶やかでのびやかな歌声に会場うっとり。
壮大で、そして圧倒的な時間を体感できました。

平昌から東京へ
2020年のオリンピックイヤーを来年に控えた東京。
昨年の「2018 平昌冬季オリンピック」開・閉会式で、音楽監督を務めた梁邦彦さんがステージに登場!
東京でオリンピックが開催されることを改めて実感できた瞬間でした。

夢の共演!「美女と野獣」堂珍嘉邦さん登場
続いて、CHEMISTRYから堂珍嘉邦さんが登場!
新妻聖子さんを再び招いてのコラボレーション。
お二人による「美女と野獣」が披露されました。
この名曲の世界観にうっとり。
映画をご覧になっている方は、名シーンが蘇ったことでしょう。

ラストを飾るナオト・インティライミさん登場!!
そして、ラストを飾ったのはナオト・インティライミさん!
亀田実行委員長が「ティライミ」を噛んだとのツッコミを入れてからの登場仕切り直し。
会場の空気が一気にほっこりしました!

この後も、ちょっとしたハプニングがありましたが
とてもあたたかなステージでした!

様々なジャンルの方、様々な世代。
普段では観られないようなコラボレーションの数々。
まさに、『日比谷音楽祭』といった『Hibiya Dream Session 2』でした!!!